肩こり・腰痛に効果がある「筋膜リリース」の注意点(悪性腫瘍がある人は絶対NG)

週刊ポスト 2017年3月3日号に、「筋膜リリースって何?」という記事が掲載されており、とても参考になった話。

スポンサーリンク

筋膜リリースがいま話題らしい

先日、筋膜に関する記事を書いた。

全然知らなかったけれど、「筋膜リリース」は、金スマなどでも紹介されて、大変話題になっているらしい。

記事によると、

竹井氏が提唱する「筋膜リリース」は肩こりや腰痛を解消する新しい手法として話題を呼んでいる。

16年6月に発売された著書『自分でできる!筋膜リリースパーフェクトガイド』が、1〜2月にかけて『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系列)で紹介され、Amazonの書籍総合ランキングで1位に浮上(2月14日時点)。

22万部突破のべストセラーとなっている。
週刊ポスト 2017年3月3日号

“22万部突破のベストセラー”と紹介されているのは、下記の本だ。

筋膜とは何?

記事内では、前述の本の著者竹井仁さんが、「筋膜」について解説してくれている。

そもそも「筋膜」とは馴染みのない言葉だが、何を指しているのか。

「筋膜は筋肉を束ねて包み、 形を保持する役割を持つ膜です。

鶏肉を調理するときに皮をはぐと、肉の表面を薄く覆う白い膜があります。あれが筋外膜と呼ばれる筋膜の一種です。

他に一本一本の筋線維を覆う筋内膜などの細かい分類があり、それらを総称して筋膜といいます。

筋膜はコラーゲンやヒアルロン酸を多く含むため、潤滑剤となって筋肉同士の摩擦を軽減し、滑らかな動きを助ける役目もあります」
週刊ポスト 2017年3月3日号

鶏肉の皮をはぐと、肉を覆っている白い膜」、これは料理をする人にとっては、非常に分かりやすい例だ。

確かに、鶏皮と肉の間に、白い薄い膜が張っている。あれが、筋膜なのか!

肩こり・腰痛の原因も筋膜リリースで解決する

私の場合、今までもっぱら下半身の筋膜リリースに取り組んでいたのだが、上半身の慢性的な悩みにこそ、筋膜リリースが効くらしい。

筋膜は、内臓を覆う膜とも接続していて、全身につながっている、ということのよう。

別名、「第2の骨格」というそうだ。

例えば、足首の筋膜をリリースしたら、肩こりが良くなる、なんてケースもあるらしい。

「すべてはつながっている」という考え方には納得感があるけれど、物理的に膜でつながっていたなんて驚きだ。

筋膜リリースを行う上での注意点

詳しい筋膜リリースをする上で、理解しておかないといけないと思ったのは、記事の最後に記載されていた、筋膜リリースを行う上での注意ポイント。

以下抜粋。

①凝集したコラーゲンがほぐされるにはある程度時間がかかる。無理せず痛みを出さないようにゆっくり持続的に伸ばす。ひとつの運動に慣れてきたら90秒以上継続して行なえるように心がける。

②筋膜リリースの際には体のどこが緊張しているかを感じることに留意する。

③ゆっくりと呼吸し、体全体のつっばり感をほぐし、バターが溶けるように柔らかくなる感覚を大切にする。

④午前、午後、入浴後など時間を決めて1日に数回実施。終了後は組織内に溜まった有害物質を流し、不快感を緩和するために常温の水を1〜2杯飲む。

簡単にまとめると、

  • ゆっくり行う
  • 体の感覚をしっかり感じる
  • 柔らかくなる感覚を大切にする
  • 終わったら水を飲む

ということだ。

筋膜リリースは、じ〜っくり、ゆ〜っくり、ひとつひとつヨガのポーズを取るような気持ちで取り組むと良いのかもしれない。

筋膜リリースをしてはいけない人とは?

さらに、「筋膜リリースをしてはいけない人」も存在するそうだ。

例えば、悪性腫瘍がある人の場合、その腫瘍のまわりに特殊な膜が形成されて、転移を防いでいるのだそう。だから、絶対に筋膜リリースをやってはいけません、と書いてある

急性リウマチ、骨折、けががある場合も、筋膜リリースはNGとのこと。

詳しくは「自分でできる!筋膜リリースパーフェクトガイド」へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク