ムカつく同僚・上司との付き合い方。イライラ感を解消し気にしないで楽になる対策法

ムカつく同僚や上司。「絶対許したくない」「本当にムカつく!」と怒れば怒るほど、自分の心を傷つけて、自分が損してしまう。

ムカつく同僚・上司への「敵意」を解除して、その人たちを「無関心ゴミ箱」に入れてしまうのが得策。

スポンサーリンク

考えれば考えるほど、損しているのは自分

私たちは、日々、いろいろな人と接しながら生活している。

その人たちは、私たちの頭の中で、次の3つのうちの、いずれかのフォルダに分けられている。

  1. 「好き」フォルダ
  2. 「嫌い」フォルダ
  3. 「無関心」フォルダ

今、大嫌いで、憎くて、ムカついて仕方がない同僚や上司は、「嫌い」フォルダに入っている。

これが、問題。

「好き」も「嫌い」も、熱量(エネルギー)という観点から見ると両方とも同じ嫌いフォルダに同僚や上司が入っていると、自分の貴重なエネルギーを、大量に消費していることになる

だから、嫌いな同僚や上司のことを考えれば考えるほど、疲れるのだ。つまり、考えれば考えるほど、損しているのは自分。

好きになるのは難しくても、無関心フォルダに移すことはできる

嫌いな同僚や上司が出現すると、私たちは、憎くて嫌いな気持ちを抑えつけようと、なんとかこらえようとがんばりがちだ。

嫌いな気持ちを持つ自分が悪いような気がして、相手の良いところを数え、なんとか好きになる努力をしたこともあるかもしれない。

しかし、嫌いな気持ちを抑えようとすればするほど、その気持ちは増大化していく

嫌いでいい。大嫌いでいい。それは、自由だ

私たちは、いつでもどんな気持ちでも、抱くことが許されている。嫌いなら嫌いで良いのだ。もっともっともっと嫌いになったっていい。

大嫌いなままでいいから、徐々に「無関心」にシフトできるようにのみ、自分の心の努力を行おう。

肝心なことは、

  • 好きになる努力は相手のためのもの

だが、

  • 無関心になる努力は自分のためのもの

という違いだ。

相手のためになら努力できないけれど、自分のためになら努力できるはず

嫌いになる気持ちを抑え、少しでも好きになろうとがんばる度に、大嫌いな同僚や上司の顔が思い浮かんで、

  • 「なんであんなヤツのために…!!」

と、ひそかな闘志を燃やしてきたのなら、これからは努力の方向性を変えること。

“自分のために”、大嫌いな同僚や上司に対して、無関心になるのだ。

無関心になるためのテクニック

では、具体的にどうやって無関心になればいいのだろうか。そのテクニックを3つ、ご紹介する。

相手に、自分の人生にとっての重要度の点数を付ける

相手に「自分の人生にとっての重要度」の点数を付けてみる。例えば、100点の人なら、重要だから、無関心ではいられない。

しかし、

  • 「アイツは5点だな」
  • 「いや1点だ」

と、客観的に数字で表現した途端に、

  • 「1点のアイツに自分のエネルギーを消費するのはやめよう」

と思えるようになる。「自分の貴重なエネルギーを費やすに値する人物かどうか」を、点数を付けて数字化し、把握するのだ。

しつこく、大嫌いな同僚や上司が頭の中に浮かんでくる度に、点数を付けて追い出そう。

相手をトイレに流す

頭の中に、大嫌いな同僚や上司が浮かんできたら、すかさずトイレに流す。

イメージの中で、ポイッと便器の中に放り込んで、

ジャーッ!!

と、勢いよく流してしまおう。

出てくる度に、相手をすることなく、すかさずトイレにジャーッ、とするのだ。

何度か繰り返すうちに、徐々に頭の中に出現する回数が減っていき、最終的には彼らのことがまったく意識に上がらなくなっていく。

それが、無関心フォルダに移動完了した証拠。

相手を無関心フォルダに移す

最後に、直接、相手を無関心フォルダに移してもOK。

自分の頭の中に、「Archive(アーカイブ)」とでも名付けた、無関心フォルダを作成する。

大嫌いな同僚や上司が頭の中に現れたら、マウスのカーソルを動かして捕まえ、そのまま無関心フォルダにドラッグしてポイ

そのまま、忘れてしまう。何度もしつこく出てくるようだったら、「ゴミ箱」に捨てる。

「クシャクシャッ」とゴミ箱が空になる効果音までリアルに感じることができたら、本当に意識の中から彼らが消えていく。

まとめ:「自分のために」と考えることが大切

間違っても、大嫌いな人の肩を持つ必要なんてない

あくまでも自分のために

相手への敵意や憎しみの気持ちを、無関心へと転換させるのだ。

ちなみに、無関心になれると、副効果として、相手の態度が和らぐ。こちらが強く持っていた「関心」に対する、無意識下の反応がなくなるからだ。

その結果、相手との関係性が良くなることもある。

とはいえ、これはあくまでも結果論。まずは、無関心化へ集中することで、心の平安を取り戻すことができる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク