ライザップに通った体験談&迷い中の人に伝えたいこと(体重減らない、リバウンドあり、トレーナーの質、糖質制限管理、etc.)

私は、エステやらジムやら、低価格から高価格まで含め、いろいろな体験をしている。

その中でも、まあ大きめの体験が、ライザップ(RIZAP)に通ったということ。

おなじみのコレ↓

beforeのお腹ポッコリ写真は、水を何リットルも飲ませられてから撮影するらしい

ライザップの体験レビューは書いている人がすでに多くいるので、これからライザップに行きたいと考えている人に、私が伝えたいことだけ、好き勝手に書いてみる。

スポンサーリンク

ライザップの実体は「厳しい糖質制限」と「パーソナルトレーニング」、それだけ。

「ライザップ」という語感良く覚えやすいネーミングと、ビフォーアフターを徹底化したCMのイメージから、

  • 「ライザップ=画期的な新しいダイエット」

というイメージを持っている人は、多い。

「ライザップに行けば、痩せる」と、刷り込まれてしまっているのだ。

実体はシンプル。掛け合わせたアイディアが目新しく映っただけ

ただ、実体はシンプルで、

  • 糖質制限(一日の糖質を50g以下に抑えるので厳しめ)
  • よくあるパーソナルトレーニング

を組み合わせたもの = ライザップ、というだけ。

「ライザップの新しさ」「ビジネスとしての成功点」というのは、この2つのトレンドを掛け合わせたアイディアにあるのかもしれない。

ライザップでやることは、お金出さなくても自分でできる

端的にいえば、ライザップは糖質制限と筋トレだ。特別なことは何もない。無料で今すぐ自分ひとりでできる。

筋トレを自分ひとりでやれないのなら、近所のジムでパーソナルトレーナーを付ければ、ライザップよりはるかに安い。

一方、ライザップの糖質制限は専用のスマホアプリがある。そこで「徹底的に食事を管理される」というのが、自分ひとり糖質制限との違い。

「ひとりでやると甘くなってしまう」という人は、管理してもらった方が良いのかもしれない。

ただし、そもそも糖質制限というもの自体が、最初の2~3日(遅くとも1週間)さえ耐えれば、誰でも容易に継続しやすいということは、知っておいた方がいい。

糖質制限は、もともと継続が容易な食事法

糖質は、摂らなければ摂らないほど、自然と体が欲しなくなる。自然と食欲自体が薄くなっていく。

一度それを体感すると、再び糖質への食欲が復活するのは嫌だと感じ、それが自ら進んで糖質を控え続けるモチベーションになる。

さらに、体重が減り始めると「ここまでの努力を無駄にしたくない」という思いがプラスされるものだ。

それまでの「経験(苦労)の蓄積」が脳内でブレーキとなり、体重キープに心身のベクトルが向くということが起きる。

糖質制限の場合、この仕組みが、すぐに働きやすいという特性がある

2~3日だけでも糖質カットを厳格に実行すれば、

  • 素早い体重の減少(主に糖質と結び付いていた水分排出によるもの)
  • 頭の回転の良くなり体が軽くなった感覚

が、クリアに感じられる。

これをしっかりと「実感」すると、それをキープしたい方向に心身のベクトルが向くので、実は一人でも糖質制限の継続は難しくない。

ライザップで糖質制限が継続できるのは、ライザップのおかげというよりも、そもそも糖質制限は一度始めてしまえば継続しやすい食事法なのだ。

(ちなみに、難しいのは、「糖質制限を続けること」ではなく「糖質制限を終わらせること」なのだが、その部分について、ライザップはまったくフォローアップがない点は、問題だと感じる)

ライザップのイメージにとらわれずに分解して考えてみる

「ライザップ」を何かすごいもののようにイメージせずに、

  • 「糖質制限」
  • 「パーソナルトレーニング」

のふたつに分解すれば、ライザップに行かなくても同じ結果を得ることはできる。

リバウンド率7%のカラクリ

ライザップは「リバウンド率7%」という訴求をしていたことがある。

しかし、これはうのみにしない方がいい。

これは「プログラム終了後1ヶ月後のリバウンド率」という意味だからだ。

1カ月後の測定で体重が増えていなければ、リバウンドしていない判定になる

ライザップでは、全16回(約2カ月)のプログラム終了後、「メンテナンス」という名目で、1カ月後に来店させられる。

プログラムが終了してから、メンテナンスで来店するまでの1カ月間は、自分で体重をキープするよう指導される。

この1カ月の間にリバウンドする人は、非常に少ない

なぜなら、あらかじめ1カ月後に体重測定が待っていることがわかっているのだから、それが目標になるし、そもそも、たったの1カ月だ。

体重が増えたとしても、たかが知れている。

そして、このメンテナンスで来店したときに、再度、体重測定が行われ、プログラム終了時の体重より大きく増えていない限りは、「リバウンドなし」と判定される。

問題は、最後の測定が終わった、その後

しかし、問題はその後だ。

メンテナンス日まではキープしていても、その後にたがが外れてリバウンドする人は多い。

実際に、私は周囲に3名、ライザップ経験者がいるが、卒業時よりも明らかに体重増となっている

しかし、その追跡調査を、ライザップは行っていない。

メンテナンスで最後に来店して以来、私のところには、一度もライザップから連絡は来ていない。私がリバウンドしたかどうか、ライザップは知るよしもないということだ。

もともと普通体型の人は、ほとんど痩せない

私はもともと痩せ型の方だが、ライザップ前後で、ほとんど体重は変わらなかった。

糖質制限を軸に置いたライザップのダイエットは、肥満体型の人にとっては効果てきめんだ。

2カ月でおもしろいように体重が減少することは多いだろう。10kg、20kgもざらではない。それは、ライザップ効果というよりも、糖質制限にはそういう特性がある

しかし、女性にとっては普通体重では不満で、普通体重から美容体重、モデル体重へのダイエットを目指している人も数多くいると思う。

もちろん、体重だけが美しさの指標ではないことを踏まえた上で、そういったダイエットを目指す人は、ライザップに期待しすぎない方が良い。

ライザップを利用しながらも、さらにその上を自分でいくストイックさがないと、ライザップで美容体重、モデル体重は目指せない。

パーソナルジムとしての質は、トレーナーによりけり

パーソナルジムとしてのライザップを考える場合、その質は、「当たったトレーナーによる」としか言いようがない。

レベルの高いトレーナーに当たれば良いトレーニングができるし、逆もまた然り。

聞いた話では、ライザップにはかなりレベルが低いトレーナーも多いようなので、トレーニングにこだわりがある人は、要注意。

トレーナーの希望は、カウンセリングのときにある程度可能なので、しっかり伝えておくといい。

「女性がいい」「男性がいい」という希望の他、キャリアについてもダメ元で伝えておけば考慮してくれるはず。

高級ジムとして使うには施設がしょぼい

高級ジムとして優雅に通いたい、という人にとっては、ライザップの施設はしょぼいのでおすすめできない。

すれ違うのも大変なほど狭いロッカールームで、あり得ないほど小さなシャワールームが1つあるだけだったので、私はシャワーを浴びずにそのまま着替えて帰っていた。

(他の人もそうしている人が多かった)

デザインは高級そうに作ってあるが、1部屋でも多くトレーニングルームを作るように、無駄はできるだけ省いている印象を受けた(その結果、ロッカールームは極小だった)。

ライザップに通ったことを後悔しているか?

最後に、ライザップに通ったことについて振り返ってみると、通ったこと自体は、後悔していない。

業界の流行ものを体験してみる、という目的が果たされたし、パーソナルトレーナーを付けるとこういう感じなのか、というのが分かった。

ただ、他の人におすすめするかというと、微妙だ

誰かを紹介すると、5万円分のライザップの金券がもらえるのだけれど、もらったところで、またライザップに行きたいと思わないし。

糖質制限が自分でできる人は、普通のジムで、自分に合うパーソナルトレーナーを付けた方が良い。

というか、糖質制限は、1冊本でも買って読んだら、たぶん誰でもできる。

500円の漫画本でも十分だ。

私はライザップをやる何年か前から自分で糖質制限していたので、ライザップのトレーナーの知識力には物足りなささえ感じた。

このブログにも、糖質制限関連の記事はいくつかある。良かったらご参考に(⇒【糖質制限】の記事一覧はこちら)。

自分で試してどうしてもできなかったら、ライザップの戸をたたくのは良いかもしれない。

また、今までにいろいろなダイエットを失敗してきたり、絶対に達成しなければならない期限があったりして、

  • 大金を支払い後に引けない状況を作る

という意味では、ライザップは非常に役立つと思う。

安くない金額を支払うことで、それを無駄にしたくない、無駄にしてはいけないという思考が働くことは、ライザップの最大のメリットだろう。

【RIZAP】の公式サイトはこちら

追記:事後談。3年経ってもキープしている人は筋トレに目覚めた人

ここから追記。ライザップが世間でも私の周囲でも流行してから3〜4年が経った。

あの頃、ライザップに通っていた身近な人たちで、ライザップ直後の体型をキープしている人は、残念ながらほぼいない

2カ月単発、短期間勝負」で、卒業した後は放り出すシステムなので、そうなってしまうのも、無理はないかな……という感じ。

一方、キープしている人がひとりだけいて、その人は、ライザップをきっかけとして筋トレの楽しさに目覚めた人。

違うジムに移動して、トレーニングを続けており、ますます筋肉質な体を進化させている。

……ということは、高いお金を出してライザップに通わなくても、最初から自分で糖質制限して、安いジムに通えばそれで良いような……、と、やっぱり思ってしまうのだ。

ふと、「今もライザップの料金体系は変わらないのかな?」と思い、公式ページを確認してみたら、下記の通りだった。

ボディメイクスタンダードコース(1回50分×16回/2ヶ月)の場合
入会金 50,000円(税別) コース料金 298,000円(税別) 合計 348,000円(税別)

※料金に含まれるもの:週2回のウェイトトレーニング、トレーニングウェア・タオル貸出、アメニティ・ミネラルウォーター提供、食事指導

お支払い例:60回(60ヶ月)払い 頭金 0円の場合
初回お支払額(1回)10,704円
月々お支払額(59回)9,900円
お支払総合計 594,804円
支払の回数及び期間:最大60回払い(最大60ヶ月)
実質年率:19.8%
【RIZAP】公式サイト

私が通っていたときとの違いとして、「月額9,900円から通える」とアピールされている。が、月額9,900円の分割払いにすると、なんと総支払額が59万円になってしまう

一括払いした場合は、約35万円。これで2カ月間限定で打ち上げ花火的にがんばるよりも、同じお金をかけて月1.5万円のジムに2年通った方が、得るものが大きい気がする。

ちなみに、こういったニーズをライザップ側も把握しているようで、「フィットネス以上、RIZAP未満【暗闇ダイエットVIVANA】
」という新しい事業の展開が始まっているようだ。

「ライザップ」というブランドに魅力を感じるけれど、料金が高すぎると感じる人は、ライザップよりも大幅に安いこちらを試すのも手。 

ライザップで、痩せもしないし太りもしなかった私は、現在も特に何も変わらず。自分のペースでコツコツと、体づくりや調整をする日々。(2018/03/10追記)

関連記事
この記事をシェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク