これなら目が痛くない。レーシック後に目にも鼻にも「玉ねぎ」がしみる対策方法

たまねぎはデトックス効果が高いので、ダイエット向き。どっさり使いたいのだけれど、レーシック手術をしてからというもの、たまねぎが超・目にしみるようになって困っていた。

スポンサーリンク

たまねぎをたくさん食べたい。けど、目にしみる問題

キャベツ・たまねぎ・セロリ・トマトなどを煮込んだ、脂肪燃焼系のデトックススープは、ダイエットの味方。

その中でも、

  • キレート作用

があるたまねぎは、クレンズ作用が強い。

キレート作用って?

「キレート(chelate)」の語源は、「カニのはさみ」。

つまり、カニのはさみのように有害物質を挟み込んで、体の外へと排出する作用を、「キレート作用」という。

キレート作用がある食材はいくつかあるけれど、その中でも、たまねぎは強力。

たまねぎをモリモリ食べたいのに、目にしみる…

集中的にダイエットするときには、たまねぎをたっぷり使ったデトックススープを飲むことにしていた。

しかし、レーシック手術をしてからというもの、やけに、たまねぎが目にしみるようになった

ちょっと切っただけで涙が止まらなくなり、目だけではなく、鼻までも痛くなってきた。

なぜそうなったか?というと、レーシック手術のせいというより、それまで使っていたハードコンタクトのガードがなくなったせい、という方が、正解に近いかもしれない。

とにかく、たまねぎを食べようにも、包丁で切るのがつらすぎて、調理するのが憂うつに感じるようになっていた。

解決法を模索して、とっても良いアイテムを発見

このままでは、たまねぎを料理に使いづらくなってしまう——と思い、解決法を模索。

結論として、次の2つのアイテムをゲットして、解決した。

  1. 手動のみじん切り器
  2. オニオンチョッパー

手動のみじん切り器

私は、もともと、ブラウンの電動チョッパーを持っている。

とても便利だし、使い勝手も良いのだが、「電動」というところが、ちょっと面倒。

大量にカットするときには出動させるけれど、ササッとカットしたいときには、

  • 包丁で切ったほうが、早いじゃん

という感覚になってしまう。

そこで、新たに購入したのが、手動のみじん切り器

すごく使い勝手が良くて、購入して大正解◎(下村工業 味わい食房 スーパーみじん切り器 ASM-651

この手のみじん切り器はいくつもあるものの、レビューとスペックを丹念に読み込んで、このみじん切り器に決めた。

1,000円台のプチプラながら、

  • カットのしやすさ
  • 洗いやすさ

の2点で、大満足のアイテムだった。

たまねぎの皮をむいて、2〜4分割にカットしたら、このみじん切り器に放り込んで、くるくると数回回すだけ。

電動と違って、手動は、回す回数やスピードの微調整もお手の物。

さくっとみじん切りができるので、これは本当に買ってよかった。

オニオンチョッパー

前述のみじん切り器をゲットして、随分、たまねぎ問題が解決されたものの、

  • みじん切りではなく、スライスしたいとき

は、相変わらず困っていた。

そこで見つけたスゴいアイテムが、「オニオンチョッパー」。

これは、ものすごい発明品だと思う(ののじ オニオンチョッパー

Amazonでは9件しかレビューがなく、知られていないアイテムのようだけれど、評価は★4.8と、非常に高い(こちら)。

で、実際に購入してみたら、これが、とにかくイイ!

↑このように、糸のこのような形のチョッパーを握って切るのだが、

  • スコン!スパン!

と切れて、まったく目にしみない。

まだ試していないけれど、説明書によれば、柔らかい「トマト」や「ゆで卵」を切るのにも適しているそう。

たまねぎについては、うす〜いスライスを作るのにはむかないけれど、デトックススープに使うような、1cm程度のスライスならまったく問題ない。

これで、目の痛みを我慢することなく、たっぷりたまねぎを食べられるようになった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク