買ってみた。雑誌でよく取れるとおすすめの「電動耳かき」感想レビュー(耳あか乾燥タイプの耳掃除)

『MONOQLO 2017年5月号』で、「ゴッソリ取れて耳がスッキリ!」と、進化形耳かきとして紹介されているのを見て、衝動買いした結果。

スポンサーリンク

電動耳かきの存在を初めて知った!

私は、耳かき難民だ。なかなか、耳に合う耳かきに出会えない。

最近も、耳の中がムズムズするのに、うまくケアすることができず、フラストレーションがたまっていた。

そんなとき、今月発売の『MONOQLO 2017年5月号』をパラパラめくっていたら、

  • 耳アカを本体に吸引するから、
    手動よりも大量に取れる!

という見出しで、電動の耳かきを発見。それが、下記。

ポケットイヤークリーナー デオクロス i-ears」という商品で、下記のように説明されていた。

耳ア力を振動で取ってすぐさま吸引!

一般的な耳かきは、うまく取れなかったり、ついやりすぎて傷付けてしまったりということがあった。

しかし、この電動耳かきは振動で耳アカを取るため軽く動かすだけでOK。

取った耳ア力も本体に吸引されるので、耳から取り出す必要なし。

とても簡単に、しっかり耳掃除ができる。
MONOQLO 2017年5月号 | P32

私はこれを読んで、深く共感した。

  • 一般的な耳かきは、うまく取れなかったり、ついやりすぎて傷付けてしまったりということがあった

確かに!おっしゃる通り!私、その状態。だから、耳かき難民。

すぐに調べたところ、Amazonではレビュー数が200件を超える人気商品だった(こちら)。

レビューは賛否両論の様子だったけれど、「ごっそり取れた!」という人をしっかり何人も確認できたので、迷わず購入。

届いたものはこんな感じ(写真)

届いたものは、こんな感じ。

  • 本体
  • 先端キャップ(2本)
  • 掃除用ブラシ
  • 単4電池

キャップをはめない状態で本体を上から見ると、こうなっている。

ここに、吸引された耳あかがたまる仕組み。

先端をはめると、こうなる。

実際使ってみると、おおおっ。これは…!?

さっそく、電池を本体にセットして、先端キャップを装着し、スイッチオン。

ブォーーーーーーン

と、機械の電動音。

電動歯ブラシの50%くらいの音の大きさながら、耳元なので、大きく感じる。

恐る恐る耳の中に入れてみる。私は耳の穴が小さいのだけれど、無理なく入った。

適当に、クルクル回したり、先端の耳かき部分で、耳かき風に耳の中の壁を引っかいたりしてみる。

30秒くらいで、取り出してみた。

キャップを開けると……

  • おおおお〜っ…。

取れてる!結構な量が。

  • 「なにこれ、楽しい♪」

がぜん、テンションがあがる。

もう片方の耳も、試してみる。

もう一方の耳は…あれ?

同じように、耳の中を吸引して、ワクワクしながら取り出してみる。

しかし、こちらは、

  • 「あれ…?」

という結果に。

少量の粉が入っているだけで、先に掃除した耳に比べると、物足りない。

ただ、そもそも、耳あかがたまっていなかった可能性もあるので、よしとする。

乾燥タイプの耳あかで、耳掃除が得意ではない人なら、おすすめ

湿った耳あかは取れない

前述の『MONOQLO 2017年5月号』では、食品を使って、吸引力をレビューしていた。

それによれば、「乾燥したすりごまはOKだけれど、湿らせたコショウはNG」という結果。

MONOQLO 2017年5月号 | P32

私は耳あか乾燥しているタイプなので問題なかったけれど、耳あかが湿ったタイプの人は、この商品は使えない。

耳掃除が得意な人は、自分で取ったほうがよく取れるかも

私は、自分で自分の耳をうまく掃除できない。なので、この商品は救世主かと思った。

けれど、時々いる「耳掃除テクニックがすごい人」は、「自分で取ったほうが取れる!」と思うのかもしれない。

それは例えば、「包丁を使うのが上手な人」が、「電動みじん切り器を使うより、包丁のほうが早い!」と言うのと似ている。

そういうテクニックを持ち合わせていない人なら、十分満足できるレベルだと思う。

私は、超・満足だった。

追記:普通の耳かきと併用したら、ビックリするほど取れた

その後、ほぼ毎日、「デオクロス i-ears」を使っていたのだけれど、あるとき、耳の奥がかゆくて、普通の木製の耳かきで、カリカリした。

それで、ちょっと思いつきで、木製の耳かきで耳の中をカリカリした後に、デオクロス i-earsで吸い取ってみたら、びっくりするほど、大量に取れた(!)

デオクロス i-earsの弱点である、「(木製の耳かきと比較すると)先端に厚みがある(→だからカリカリしにくい)」という点を、木製耳かきとのコンビネーションで、見事にカバー。

もう、かなり気に入ってしまった。

私が購入した電動耳かき(デオクロス i-ears)

スポンサーリンク
スポンサーリンク