飲む美容液「甘酒」の効果って?寝る前に飲むと朝スッキリ&肌プリプリ&便秘解消

ここ数年、甘酒が大ブームに。

私は基本は糖質制限だけれど、糖質を取るときには玄米甘酒を選ぶようにしている。

「飲む美容液」ともいわれる、その美容効果がすごい。

スポンサーリンク

ダイエットにも、エイジングケアにも、美肌にも、髪の毛にもいい

ここのところ、「甘酒」がブームになっていて、さまざまな雑誌にも掲載されている。

とても美容効果が高いのに、味もおいしくて、心がホッとする甘酒。モデルや女優の中にも愛用者がかなりいる。

甘酒に含まれる美容成分のまとめ

具体的に、甘酒に含まれるどんな成分に効果があるのか、ご紹介。

ビタミンB群 → ダイエット

「ダイエット」といったら、「代謝アップ」は鉄則。

甘酒に含まれる豊富なビタミンB群は、食事から摂取したタンパク質・糖質・脂質の代謝を高めてくれる

つまり、

  • 食べたものがエネルギーとして燃焼する、燃えやすい体

に整えてくれるというわけ。

1食置き換えや、おやつ代わりに甘酒を取り入れると、体重がみるみる減りやすくなる。

コウジ酸 → 美白

コウジ酸」といえば、高級な美白美容液にも配合されている美白成分として有名。

甘酒には、コウジ酸がたくさん含まれているので、まさに、

  • 飲む美白美容液

のごとく、肌に透明感を導いてくれる。

アミノ酸(BCAA) → 美肌&美髪

肌や髪のもととなるのは「アミノ酸」。

甘酒には、「BCAA」という分枝鎖アミノ酸が含まれていて、肌や髪の細胞の再生やダメージ補修を促してくれる。

美しい肌や髪を手に入れたい人にとっては、うれしい成分。

含硫アミノ酸 → エイジングケア

老化を阻止して、エイジングケアを叶えるためには、

  • 活性酸素

を抑えることが欠かせない。活性酸素は、触れたものを酸化させてしまう、恐ろしい老化物質。

甘酒に含まれる「含硫アミノ酸」は、活性酸素を除去するパワーが強いので、エイジングケアの強い味方に。

シミ・シワ・くすみ・たるみなど、年齢肌が気になったら、すかさず甘酒を始めよう。

食物繊維&オリゴ糖 → 便秘予防

お米が原料の甘酒には、良質な

  • 食物繊維
  • オリゴ糖

が、たっぷりと含まれている。

食物繊維が腸内を大掃除するとともに、オリゴ糖が善玉菌たちのエサとなって、腸内環境を整えてくれる

清酒酵母 → 睡眠

最後に、注目なのが、甘酒特有の「清酒酵母」。

清酒酵母は、「アデノシン」という脳内物質を活性化させる働きがある。

アデノシンは、私たちを熟睡に導いてくれる物質。

睡眠中には、「成長ホルモン」が分泌され、肌や髪の合成が行われる。

甘酒の力を借りて、より深く良質な睡眠が得られるようになれば、全身の美容につながっていく。

ダイエット目的なら朝、美肌目的なら夜に飲むのが◎

代謝を良くしてダイエット効果を高めたいなら、朝、甘酒を飲むのがおすすめ。

朝ご飯代わりに飲めば、一日中、体がポカポカとして、消費エネルギーもアップ。

一方、美肌・美髪目的に飲むのなら、夜、寝る前に飲むのがおすすめ。

アミノ酸や清酒酵母の働きで、寝ている間に、肌の修復が進んでいくはず。

いつものごはんにプラスしてもOK

甘酒の味が苦手な人や、毎日同じでは飽きてしまう人は、いつものごはんにプラスする取り方がおすすめ。

甘酒と相性◎の食材

  • おみそ汁
  • スムージー
  • ヨーグルト
  • ポタージュスープ
  • ココア

おいしく楽しく甘酒を取り入れれば、美容にも健康にも◎。

ちなみに、甘酒の中でも「玄米」の甘酒を選ぶと、さらに玄米のデトックス効果まで得られる。

スポンサーリンク













スポンサーリンク