髪の毛をくしでとかしてから乾かすと、ツルツルになりすぎるという感動

今日の話は、昔からそうしている人にとっては、「は?今さら?」という話。

でも、私にとっては、大感動だったのだ。

スポンサーリンク

「濡れている髪の毛をとかしてはいけない」と思ってた

私は髪がかなり長く、これからもロングヘアでいきたいので、髪のダメージや健康には、人一倍、気を遣っていると思う。

その中で、

  • 濡れている髪の毛は、とかしてはいけない

という決まりが、自分の中にあった。

「濡れている髪の毛は、キューティクルがゆるくなっているので、摩擦に非常に弱い。
濡れている髪の毛をとかすと、摩擦でキューティクルがボロボロになる」

と信じていたからだ。

だから、髪の毛を洗ったら、とかさない状態であらかた乾かし、80%乾いてから初めて、コーム付きドライヤーで乾かす、という具合に。

生まれて初めて、くしでとかしてから乾かしてみた昨晩

しかし、つい、昨晩のことなのだけれど、ふと、

  • 「でも、美容師さんって、目が粗いコームで髪の毛をとかしてから乾かしているよねえ…」

と、気付いてしまったのだ。

うちには目が粗いコームはないので、ちょっと迷ったけれど、普通のつげぐしで、ザザッととかしてみた。

もっと、キシキシキシ〜ッ、と引っかかると思いきや、引っかかることもなくスムーズ。

とかして整った後の髪の毛を、いつものナノケアのドライヤーで、ブワーッと乾かしていく。

50%くらい乾いたところで、

  • 「あ、あ、あれ…???」

妙に妙に妙に、髪の毛が、なんだか、

  • トゥルントゥルン

なのだ。

そして、80%まで乾かしたところで確信。

  • 「これ、“美容室帰りの仕上がり”ってやつだ…!」

何度も何度も何度も触りたくなる、髪触り。

そして、ブローしなくても、いて欲しい場所にお行儀よくいてくれる、まとまり感。

  • 「髪の毛をとかしてから乾かすと、こんなに美髪がカンタンに整うんだ!!!」

私は今までの何十年の人生、バサバサに乾かしてから、ブローして整えるという、なんて無駄なことをしていたのだろうか。

翌朝の髪のまとまり感も◎

いつも朝起きると、髪が絡まりまくって、大変なことになっている私だけれど、とかしてから乾かしたら、翌朝のまとまり感も◎

濡れた髪をとかすことによる摩擦のデメリットよりも、寝ている間に髪がからまって摩擦するデメリットの方が大きいだろう。

だから私はこれからは、堂々と、髪をとかしてから、乾かそうと思う。

とっくの昔に常識的にそうしている人にとっては、無意味な記事で申し訳ない。

もし、私のように、とかさないことにがんばっているおかしな同士がいたら、ぜひ、「とかしてから乾かす」を体験してみて欲しい。

スポンサーリンク













スポンサーリンク