乾燥小ジワが出たら、口コミ人気の極潤の化粧水を1日20回塗って一晩で復活させる使い方

30代になってから、本格的なシワになる前の、細かい小ジワが目立つ日がある。

そのまま本ジワ化されると困るので、そんなときは、「極潤の化粧水20回塗り」ですぐ復活させている。

スポンサーリンク

値段が安いのに乾燥系の小ジワにてきめんに効く極潤

私はデイリーのスキンケアは、ほぼしていないレベルのシンプル派。

ただし、「肌の調子が悪いかも」と感じたときは、自分の肌にあったケアを素早く行う

“極潤”の化粧水は、20代の頃にも使ったことがあり、肌の内側に入り込む感じに好印象を持っていた。

30代になって、「乾燥小ジワ」が出現したとき、即ふっくらさせられる化粧水を手元に置きたいと思い、極潤のことを思い出した。

肌研(ハダラボ) 極潤 ヒアルロン液 170mL

口コミでも長年人気の化粧水(ハダラボ極潤

Amazonのレビューを見てみると、

  • 「成分解析をしているブログで勧められていたので使ってみたところ、たくさんの小ジワが驚くほど改善してツルツルになった」

という趣旨のレビューが目に留まった(こちら)。

シワにも効くし、成分も良好とくれば、即購入。

変わらぬ使い心地の極潤、1日20回塗りで即復活

久しぶりに使った極潤の化粧水は、以前と変わらない使い心地。

極潤は洗顔後の“後肌”が明らかに違う

他の化粧水と明らかに違いを感じるのは、「洗顔時」。

洗顔したあと、“妙なすべらかさ”があって、肌の内側に何か入っているのがわかるのだ。

化粧水なのに、洗顔後に肌の違いを感じるなんてなかなかすごいと思う。

私の裏技は「極潤1日20回塗り」

極潤を使って、できかけた小ジワを即退治したかったので、私は「1日20回塗り」を実行した。

やり方はカンタンで、休日などでノーメークで家にいる日に、極潤を手を伸ばしやすい場所に置き、気付く度に塗るだけ

回数にすると、1日20回が目安。

私の場合、休日はリビングで過ごすことが多いので、カウンターキッチンに極潤を置く。

そして、水を飲む度・サプリを飲む度・手を洗う度……という具合に、気付いたときに何度でも極潤を塗るようにする。

これをやると、1日で小ジワなしのツルツル肌が復活する

1日かけて、徹底的に極潤を入れ込むので、即効性が高いのだ。

極潤は塗っても塗っても吸い込んでいく感じが◎

  • 「1日20回塗れば、他の化粧水でもいいんじゃないの?」

と思うかもしれないけれど、20回も塗るので、塗っても塗っても吸い込んでいくことが条件になる。

塗っても塗っても吸い込んでいく浸透性の高い化粧水は、それほど多くない。

今までに私が使った中では、

  • SK-Ⅱのフェイシャルトリートメントエッセンス
  • コスメデコルテのモイスチャーリポソーム

などがある。けれど、どちらも1万円前後の価格帯

とてもじゃないが、1日20回塗りなんて、大それたことはできない。

一方、極潤は約700円。すばらしいコストパフォーマンス。

この価格帯なら、1日に20回塗ろうが100回塗ろうが惜しくない。

だからこそ、たっぷりと使って小ジワを消去することに貢献してくれるのだ。

私が使っている極潤はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク