3週間以上経過したジェルネイルを、6分でネイルサロン帰りに戻す小技

私が、ジェルネイル3週間経過した頃に、「ネイルサロン帰り」の状態に戻すべく行っている小技をご紹介。

スポンサーリンク

必要品の準備に必要なお金は3,000円

まず、ジェルネイルをサロン帰りに戻すために必要なものがふたつある。

それを購入するために、3,000円ほどかかるのだけれど、一度購入すれば、何度も使えるのでお得。

必要なもの①ノンワイプ・筆付きタイプのジェル(1,000円前後)

まず必要なのは、下記の条件を満たすジェル。

  • 拭き取り不要(ノンワイプ)
  • マニキュアのように筆(刷毛が)付いている

例として、上記に商品のリンクを貼ったけれど、同様のものであれば、他のジェルでもまったく問題ない。

1,000円前後で、入手することができる。

必要なもの②ジェルを固める硬化ライト(2,000円前後)

次に、ジェルを固める硬化ライト。

こちらも、参考品をリンクしているけれど、別のものでも問題なし。

私が今まで使ってきて、使いやすいなと感じているのは「UVライト36w」というもの。

ワット数が少なすぎると、硬化に時間がかかることがあるので注意。

5分でサロン帰りに戻す方法

前述の2つのアイテムの準備ができたら、あとは、爪にジェルを塗って、ライトで硬化するだけ。

念のため、ステップを詳しく書くと、下記の通り。

  1. よく手を洗い、爪に油分や汚れが付いていない状態にする。
  2. ジェルを左手の爪5本に塗る(1分)。
  3. 左手を硬化ライトの中に入れ固める(2分)。
  4. ジェルを右手の爪5本に塗る(1分)。
  5. 右手を硬化ライトの中に入れ固める(2分)

以上、合計6分で、爪の伸びてしまった部分にもジェルが乗り、全体的にもサロンで施術してもらったばかりのツヤがよみがえる。

特に、ジェルネイルが伸びてきて、根元が目立つのはみっともないけれど、それが瞬時に解消されるのだ。

気になる仕上がりは、プロにも褒められるレベルに◎

ところで、「そんなにうまいこと、キレイに仕上げられるの?」というのが不安かもしれない。

私はあるとき、自分でこのやり方でジェルを塗った後、急にジェルネイルを外さなければならなくなり、ネイルサロンに行ったことがある。

すると、爪をチェックしたネイリストさんに、

  • 「あれ、ネイルサロンに行かれたばかりですか?」

と聞かれた。

  • 「いえいえ、ネイルサロンに行ったのは3週間以上前で、自分でトップコートを塗ったんです」

と答えたら、

  • 「えーっ、本当ですか!上手ですね〜、全然わからないです」

と褒められた。

何の技術もいらず、適当に6分で仕上げたのだけれど、プロの目から見ても、ちゃんとできていたらしい。

誰でもキレイに仕上げるコツは「ノンワイプ」「刷毛付き」「1回塗り」

誰がやっても失敗しないように仕上げるコツは、

  • ノンワイプ(拭き取り不要)
  • 刷毛付き(別のブラシの準備や手入れ不要)
  • 1回塗り

の3つある。

トップコート的にノンワイプのジェルを1回塗りするだけなら、難易度は非常に低いのだ。

しかしこれが、ノンワイプではない拭き取り必要なタイプだったり、刷毛が付いていないで別の筆を使ったりするタイプだと、一挙に失敗リスクが上がる。

なので、試す方は、上記の3つのコツを守った上で試してみて欲しい。

この小技を使うための注意事項

この小技をキレイに仕上げるための注意事項として、

  • ネイルサロンで施術してもらうときに、デザインを「根元が透明」なものにしてもらう

ということがある。

根元の伸びた部分さえケアすれば良いので、長持ちさせやすい。

極端な話、爪が長くなってしまうことにさえ耐えられれば、永遠にデザインをキープすることができるのだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク