やっぱり、ケアプロストのまつげ効果はすごいので、再スタートした

半年ほど前に使って驚愕したケアプロスト。最近サボっていたら、まつげエクステサロンで「まつげが減っている」と指摘を受けてしまった。

スポンサーリンク

なんとなく面倒になりケアプロストをサボり始めていた最近

ケアプロストを開始したときのことは、下記の記事に書いた。

確かな効果で、一時期は、

  • びょびょ〜ん

と、人生最高の長さのまつげになったのに、塗る一手間が、なんとなく面倒になってきて、ここのところ、サボっていた。

すると、ケアプロストを中止してから3週間経った頃から、妙にまつげの抜け毛が目立つような気がしてきた。

そして、まつげエクステサロンでも、アイリストさんに、

  • 「まつげ美容液、使っていますか?まつげが減っていますよ」

と指摘されてしまった。

実際に、いつも両目180本ほど付けていたのに、このときは150本くらいまでしか付かず、大ショック。

慌てて、ケアプロストを再スタート

ケアプロストの効果は実際に体感済だけれども、その効果を継続するためには、使い続けなければならない、というのがちょっと大変なところ。

とはいえ、やはりフサフサで強いまつげは、「顔の調子」を良くしてくれるのは確か。

慌てて、ケアプロストを再スタートすることにした。

私が「ケアプロストを面倒」と感じていたのは、

  • 夜のお風呂のあと、寝る前

というタイミングに組み込んでいたからでもある。

私にとって、このタイミングのケアプロストは、

  • 異色の1ステップを新たに追加する

という形になってしまい、徐々に省略されるようになってしまった。

そこで、今回の再スタートにあたっては、

  • 朝のメイクのステップ内に組み込む

という方法にしてみた。

具体的には、まずスキンケアをする前に、ケアプロストをまつげの根元に仕込み、その後、スキンケアやベースメークを済ませ、ケアプロストが乾いた頃にアイメイクに取りかかる、という段取りだ。

だから、ケアプロストの置き場所を、朝のメイク用具が入ったポーチの中に変えた。

こうすれば、毎日、忘れることも面倒になることもなく、ケアプロストが続けられる。

ケアプロストの色素沈着も、夜より朝の方が気にならない様子

もうひとつ、ケアプロストを継続する上で、ネックになる人が多い問題として

  • 色素沈着

がある。

皮膚にケアプロストが付着すると、うっすら茶色く、色素沈着してしまうのだ。

これは、ケアプロストを停止してしばらくすると、自然と消えて行く。

上まぶたに付くのは、アイシャドウ的に見えるから問題ないと許容するとしても、下まぶたに色素沈着するのは、良くない。

すごく具合が悪い人のクマみたいに見えてしまう場合もある。

この問題について、ケアプロストを塗ったあとに目をつむって就寝すると、上まぶたのケアプロストが、下まぶた側に移って、色素沈着しやすくなるように感じていた。

だから、ケアプロストを塗るタイミングを朝に変更することは、色素沈着問題の解消にも、役立っているように思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク