上まぶたのくぼみを治す対処法は、水分補給・痩せすぎないこと・プロテインだと思った

10代、20代の頃には、気にしたこともなかった「上まぶたのくぼみ」。これが、30代になってから、ちょっと気になってきた。

スポンサーリンク

上まぶたのくぼみとは、橋本マナミや斉藤由貴みたいなアレ

「上まぶたのくぼみ」といっても、イメージするものは人ぞれぞれかもしれない。

私が言っているのは、橋本マナミや斉藤由貴みたいなアレ。

「そういう顔立ち」と思えば思えなくもないし、アイメイクをしっかりすると、彫りが深い風にも見える。

でもやっぱり、年齢とともに深くなってくるライン。

水分不足になると、目立ちやすくなる

私の場合、朝から喉が渇いているのに、忙しくて水分補給がままならなかったときなど、一気に目の上のくぼみが目立ってしまう。

実際に、脱水症状に陥っている人の見分け方として、「目の上のくぼみ」が挙げられている。

テレビでマラソンを見ていると、ゴール直後のランナーは脱水しているので、まぶたがくぼんでいる。

なので、顔を若く見せたいときは、十分に水分を取っておく必要がある。

(取りすぎると今度は体がむくんでくるので、そのバランスが難しいところだけれど)

痩せすぎても良くない

年を重ねると、上まぶたのくぼみが目立ってくるのは、

  • 上まぶたの皮下脂肪

が痩せてしまうからだそう。

だから、痩せすぎても、良くない。

まぶたの脂肪がなくなるほど痩せると、顔が一気に老け込んでしまう。

アイクリームの効果は、?(ハテナ)

ちょっと検索すると、目のくぼみにはアイクリーム!と主張するページがわんさか見つかるけれど、そんなに簡単に、目のくぼみは治らないと思う。

もちろん、

  • 乾燥

は、シワを助長してしまうので、なんらかの保湿アイテムを使って、まぶたの保湿に努めることは正しい対処法だと思う。

ただ、目のくぼみって肌表面ではなく、

  • まぶたの裏側

で起きている感じがする。

まぶたの皮膚の下の、体の水分だったり、皮下脂肪だったりが大きく左右する部分なので、逆に、肌表面にしかアプローチしないアイクリームに頼り切るのは、危険な気がする。

中から立て直すという意味で、プロテインはいい感じ

私はプロテインを飲むと、妙に顔がパンッ!となる。

なので、今回も、ちょっとプロテインにお世話になることにした。

飲み始めると、やはり、随分目のくぼみも目立たなくなる。

30代を過ぎてからダイエットをしたい場合も、プロテインを飲みながらやると、目のくぼみを予防できるように思う。

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク