温めて血行促進しても取れない脚のむくみは、逆に冷やすとスッキリする場合もある

最近、私はむくみに悩まされることは、ほとんどなくなったのだけれど、昔はひどかったので、足湯で温めたり半身浴したりマッサージしたり、いろいろがんばっていた。

しかし、最近気付いたのは、私の場合は、温めるよりも冷やした方が、むくみ解消効果が高いということだ。

スポンサーリンク

冷やすのは、スーパーなどで無料でもらえる保冷剤で十分

「足を冷却する」と聞くと、

  • 「アイスノンなどを購入した方がいい?」

と思うかもしれないけれど、私の場合は、スーパーなどで無料で付けてもらえる、小さな保冷剤で十分。

それを、片脚につき1〜2個ずつ、使用する。

昔使っていた「冷え取り」の一番外側の大きな靴下が活躍

私のやり方は、次の通り。

  1. 普通の靴下を履く。
  2. その上から、冷え取りで使っていた一番外側の大きな靴下を履く。
  3. 普通の靴下と大きな靴下の間に、保冷剤を挟む(位置はかかと周辺)。
  4. そのまま就寝する。

“冷え取り”については、下記の記事に書いたことがある。

綿と絹の靴下を交互に4枚以上重ね履きする健康法で、今はもうやっていないけれど、その頃に使っていた靴下の一部は、捨てずに取ってある。

「一番外側の大きな靴下」として、今再利用しているのは、下記の841というお店で購入したもの。

 

何枚もの靴下を重ね履きした上から、カバーソックスとして履くものなので、ゆるゆるでガバガバ。

本来の使い方とはまったく違うものの、保冷剤を挟んでも十分な余裕がある。

それでいて、ズレずに狙った位置に保冷剤をとどめることができる。

体の冷えを取るための冷え取り靴下で、保冷剤を足に固定するなんて、真逆の使い方も良いところだけれど。

朝起きると、不思議なくらいにむくみが引いている

以上の方法で保冷剤をかかとあたりに固定して、そのまま寝る。

保冷剤自体は、夏の季節なら1〜2時間もすれば、溶けてブヨブヨになっているので、凍傷などのリスクもなさそう。

もっと気軽にやるなら冷えピタシートや湿布でも◎

もっと気軽にやるなら、冷えピタシートや湿布でもOK。

スーッという冷感とともに、キュッと足が引き締まるようになる。

いくら温めてもむくみが良くならない場合は、逆に冷やす、というのも、ひとつの手だと思う。

「押してもダメなら引いてみな」という言葉があるけれど、これはそのまんま、美容にも当てはまるなあ、と思う。

自分に何がハマるかは、どこにも書いていないので、あれこれ自分で楽しんで実験するのが、一番だと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク