ジェルネイルを2倍長持ちさせるデザイン・トップコート・甘皮などのケア方法(3週間→6週間に)

私は、6週間に1回のペースでネイルサロンに通っている。

普通、ジェルネイルは3週間くらいしかもたないのだけれど、6週間もたせるために私がやっていることをまとめてみた。

スポンサーリンク

ネイルの長さを短めに仕上げてもらう

当然のことだけれど、6週間経つと爪が随分伸びて生活しづらくなる。

それを見越して、ネイルは短めに仕上げてもらう。

特に、自分にとって割れやすい爪がある場合は、その爪はできるだけ短くしてもらうか、あらかじめ補強してもらった方が良い。

そうしないと3〜4週間経ったあたりでヒビが入って、ネイルサロンに来るハメになる。

形はラウンドにする

最近、スクエアの形にしている人はほとんどいないと思うけれど、スクエアは割れやすいので、長持ち優先ならNG。

ラウンドなら、割れたり欠けたりのトラブルを最小限に抑えられる。

爪が伸びてきても、スクエアよりラウンドの方が生活しやすいというメリットもある。

根元が透明のデザインにする

ジェルネイルが伸びてきてだらしないのは、根元が目立つから。

だから根元は、目立ちにくい透明のデザインにする。

「ワンカラーのワインレッド」みたいなネイルがしたくなったときは、潔く、3週間くらいでお直しに行く。

セルフジェルネイルを準備

根元を透明にしたとはいえ、伸びてくるとだらしなくなる。

そこで、2〜3週間経ったあたりで、トップコートのジェルを自分で塗る。

今どき、セルフジェルネイルセットが楽天あたりで安く売っている。

ただ、セットでいろいろ揃える必要はまったくなくて、次の3つだけあればOK。

  • LEDライト(硬化ライト)
  • トップコート用ジェル
  • ネイルブラシ

ちなみに私は、ネイルブラシを使うのも面倒なので、Amazonで見つけたマニキュアみたいな筆一体型のジェルを使っている。

今は安くなっているので、3,000円も出せば、十分にそろうはず。

これで、根元が伸びてきたら、ジェルをトップコート的に塗る。作業時間、10分もかからない。

トップコートを塗ると、「今日、ネイルサロンに行ってきました!」って感じの、ピカピカつやつやネイルが復活。

もうそれだけで気分が良くなる。やっぱり、ネイルはツヤが命。

しかも、トップコートを塗ることで、長持ちしやすくなる。

ワンカラーでも色が合えばできなくない

前の項目で、「ワンカラーの場合は潔く3週間でお直しに行く」と書いたけれど、実は、ワンカラーでも色が合えば、この技はできなくはない。

私は以前、非常に気に入った色があって、その色ばかりをリピートしていた。

あるとき、ネイルサロンでそのジェルのメーカーと型番を覚えて、同じものをネットで購入した。

そして、伸びた根元を埋めるようにして塗っていた。

(その後、お直しでネイルサロンに行くと、「どうやったんですか??」とネイリストさんがとてもびっくりしていたけど)

この技は、ある程度、セルフジェルネイルに慣れた人でないと難しいと思う。

甘皮をお風呂で押す

甘皮が伸びてくると、ジェルネイルが取れやすくなったりする。

でもきちんと処理するのは面倒なので、とりあえずお風呂に入ってふやけているときに、タオルを巻いた指で押す。

超適当だけど、ネイリストさんに「甘皮ないですね〜」と褒められる。

ネイリストとの相性も関係アリ

以上の方法で、私は6週間以上、ネイルを持たせることができる。

よく、「ネイルオイル塗ってくださいね〜」「持ちが違ってきますよ〜」とネイリストさんに言われるけれど、ネイルオイルをいくら塗っても、ジェルネイルの持ちとは関係なかった(私の場合)。

途中で浮いてきたり、取れたりしやすい人は、ネイリストさんとの相性が良くない。

自分の爪に合わせて施術をしてくれるネイリストさんは必ずいるはずなので、根気強く探すべし。

スポンサーリンク
スポンサーリンク