「細い脚」を渇望してきた私が、30代になって価値観が変わってきた話

高校生の頃から、とにかく細い脚命で、脚やせやダイエットに取り組んできたのだけれど、30代になった今、少しずつ、自分の価値観が変わってきていることに、気付いた。

30代・40代以降は、脚やせよりも、大切なことがありそうなのだ。

スポンサーリンク

とにかく、脚が細ければ良いと思っていた20代まで

とにかく、脚が細ければ細いほどいい、と長年思ってきた。

「ほどよく筋肉が付いているのが理想」「ガリガリの脚なんてキモチワルイ」という考えも、頭の中では“わかって”いるのだけれど、自分が欲しいのは、とにかく細い脚だった。

それさえあれば、どんな服でも着こなせると思っていたし、脚が細いことは正義だと思っていた。

逆にいえば、上半身は、下半身が痩せるついでに結果として痩せていればそれでよく、特に意識したことがなかった。

30代になると、上半身が締まっていないと、どうしようもないことに気付く

しかし、30代になり、これから40代以降の自分の美容も見据えていく中で、

  • 上半身がカッコ良く締まっていないと、どうしようもない

ということに、ふと気付いた。

10代・20代までは、思い切りよく脚をパンッ!と出すファッションがハマるシーンが多かったけれど、30代になってくると、脚を出せばいいってものではなくなってくる。

出さないほうが、大人の自分にしっくり来るシーンが増えてきた。

どんなに下半身コンプレックスがあったとしても、「脚をパンッ!と出したい!!」という欲求さえなければ、いかようにも、カバーすることができる。

脚を出さない服を選べばいいのだ。

しかし、上半身は、いくつになっても出さないわけにはいかないのだ

脚は隠せても、腕は隠せない

夏に長袖を着ているわけにはいかないし、フォーマルの場では、ノースリーブのドレスを着ることだってある。

その、肩からにょきっと生えている二の腕に、ものすごく、年齢が出る

太っていなくても、“たるん”として、筋肉の締まりがなく肉が流れて、だるだるとしている二の腕は、「太って見える」どころか、「老けて見える」という危険因子だ。

おなかが出ていると、着られる服が限定されすぎる

もうひとつ、おなかが出ていると、脚が太い以上に、着られる服が限定される。

ウエスト周りがふんわりとした服ばかり選ぶようになって、シャツをウエストにインしたような着こなしはできなくなる。

“上半身も重視”に徐々にシフト

もちろん、いくつになっても、脚を出したファッションができる自分でいたいし、

  • 「目指せ、美脚!!」

というスタンスは変わらない。

ただ、私は今まで、あまりにも、上半身を軽視しすぎていたことに、今さらながら、気付いた。

年を取れば取るほど、上半身が締まっていないと、どうしようもないのだなと思ったのだ。

20代の頃、ランニングにハマったけれど、上半身はガリガリになったのに、脚が(筋肉がついて)一回り太くなったのが、ものすごく不満だった。

それで、一度はやめていたランニングを、最近また再開したことには、

  • 「上半身を鍛えたい」

という気持ちも、含まれていた。

脚だけではなく、腕もおなかも出せる40代を目指していきたいと思うのだ。

スポンサーリンク













スポンサーリンク