【体験談】コーヒーエネマ(腸内洗浄・コーヒー浣腸)に励んだ毎日の効果&やり方とやめた理由

肛門からコーヒーを入れて出す」という、それだけ聞くと珍妙な健康法がある。

それは、コーヒーエネマ(コーヒー浣腸とも言う)。腸内洗浄の方法の一つ。

このコーヒーエネマを、毎日まじめに実践していたときのことを書いてみようと思う。

※現在はコーヒーエネマはやめた。やめた経緯とやめた理由も記載している。

スポンサーリンク

コーヒーエネマ初体験の日のこと

私は、長年つらい便秘に悩まされていた。

便秘はダイエットの大敵という意識があったので、「痩せたい」という意味でも、コーヒーエネマや腸内洗浄に興味を持っていた。

そんなある日、楽天で探し物をしている途中で、たまたまコーヒーエネマキットの商品ページへたどり着いた。

レビューを読み込むうちに、ムクムクと欲しくてたまらなくなった。

  • 「コーヒーエネマで肌の透明感が出た」
  • 「コーヒーエネマを始めてから●kg痩せた」
  • 「コーヒーエネマで便秘とは無縁になった」

そんな絶賛の口コミを読んで、セットを衝動買いしたのが最初。

その後、コーヒーエネマについての本も読んだ。

美容にもダイエットにも良くて、体が健康になるのなら、試してみたいと思った。

点滴みたいな、氷枕みたいなキット

そして、薄水色の氷枕のようなシリコンバッグから、点滴風の細い管が出ているキットが自宅に届いた。

当時購入したのは「腸内洗浄コロンキット」というもので、カフェコロンの社長が逮捕されて以後、入手できなくなった。

コーヒーは「カフェコロン」が付いているもの。

コーヒーエネマの方法が書いてある白黒のプリント用紙が1枚同封されていた。それとにらめっこしながら、コーヒーエネマを行うイメージトレーニングをした。

初めてのコーヒーエネマ、場所はトイレで行った

結論から書くと、私は初めてのコーヒーエネマの場所にトイレを選び、そして失敗した。

(幼い頃に浣腸されて我慢がとても苦しかった記憶があるので、トイレでコーヒーを入れて、すぐ出せた方が安全だと思い、トイレで行ったのだった。それが間違いだった)

コーヒーを腸内に入れるのは、思ったより簡単だった

コーヒーエネマに使うコーヒーは、普通の缶コーヒーの形をしている。それを水で希釈して1リットルにして使用する。

希釈する水は冷たいとおなかを冷やしてしまうので、38度くらいのぬるま湯を入れることになっている。

ただし、絶対に人肌以上に熱いお湯は入れてはいけない。腸がやけどしてしまい、大惨事になるらしい。

お尻の穴から1リットルもコーヒー液を入れるだなんて、最初は信じられないと思った。

しかし、やってみると、これが意外に入ってしまう。

シリコンバッグに希釈したコーヒーを入れる。そのシリコンバッグからは、点滴のような細いチューブがつながっている。

チューブの端には、肛門に入れやすいよう加工された、プラスチックの先端が付いていている。それを、肛門に入れる。

入れにくい場合は、専用ジェルやワセリンを塗ると良いとのこと。私も最初はワセリンを塗った。

チューブの先から勝手にコーヒー液が漏れ出さないように、先端近くのチューブ部分にストッパーが付いている。

肛門にしっかり先端を入れてから、ストッパーを外すと、コーヒー液が腸の中へと流れ出す。

シリコンバッグを引っかける高さでコーヒー液の勢いが決まる

このとき、シリコンバッグは肛門よりも高い位置に引っかけておく(プラスチックのS字フックが付いていて、引っかけられるようになっている)。

肛門とシリコンバッグとの高低差があればあるほど、コーヒー液が勢いよく入っていく。

あまりに勢いが良すぎると、すぐに便意が来てしまうし、勢いがなさすぎると、まったく入っていかない。なので、程良い高さを見つけるのが、まずコツになる。

途中で止まってしまう場合は、先端の向きを調整する

シリコンバッグの高さが適切でも、肛門に入れた先端の向きが悪いと、腸の中でコーヒー液の出口がふさがってしまい、途中でコーヒー液が止まる。

その場合は、先端の向きを手で回したりして調整すると、勢いよく流れ出したりする。

あれよあれよと初回から1リットル吸収

初めてのコーヒーエネマなのに、たいした違和感もなく、どんどん腸の中にコーヒー液が吸い込まれていく。気付けば、シリコンバッグに入れた1リットル、すべてなくなっていた。

コーヒー液が入ったおなかは、ポッコリと膨らんでいる。おもしろい。

私は根拠のない自信があったので、初回から1リットルでチャレンジしたけれど、説明書には、最初は600ml程度から始めるようにと書いてあった気がする。慣れると2リットル以上入れる人もいるそう。

チューブを抜く瞬間にコツがいる

コーヒー液が腸内に入ると、便意が来るが、すぐに排出してはいけない。

一度、お尻のチューブを抜いて、おなかのマッサージを行う必要がある(3〜5分程度、コーヒー液を腸内にとどめたまま、マッサージする)。

チューブを抜くときが難しい!

マッサージを行うために、チューブを抜いたのだけれど、ここで失敗した。

不用意に抜くと、チューブ内に残っているコーヒー液が、抜いた瞬間に飛び散るのだ。

だから、肛門からチューブを抜く前にストッパーをかけること。これが必須。

でも、それだけでは十分ではない。

ストッパーをかけても、ストッパーの先に残っているコーヒー液は飛び散ってしまう。

これが飛び散らないようにするためには、肛門からチューブを抜くときのコツがある。

採血で注射針を腕に刺した後、看護師さんが注射針を抜くときを思い出して欲しい。脱脂綿で注射針を押さえるようにしながら、スッと抜くはず

それと同じように、お尻をトイレットペーパーで押さえながら、スッとチューブを抜けば、コーヒー液が飛び散らない。

初回はマッサージもそこそこに排出

本来は、コーヒー液をおなかの中に入れた後、腸の隅々までコーヒー液を行き渡らせるために、3〜5分のマッサージをすることになっている。

しかし、初回は3分もマッサージする余裕はなく、強い便意が来てしまい、我慢できずにすぐに排出してしまった。

排出されたものは、シャーシャーと水分ばかり。入れた分のコーヒー液が主体で、時々、ぽろっと固形が混じっているかな?程度だった。

このようにマッサージを十分せずに、コーヒー液を入れてすぐに排出すると、入れたコーヒー液をただ出しているだけの、残念な結果となる。

2回目からはコーヒーエネマをお風呂で行うように

1回目は失敗しながらも、一通り行うことで、流れがつかめた。そして2回目からは、お風呂で行うようになった。

お尻からチューブを抜くときに、コーヒー液が飛び散るリスクがあるので、お風呂の方が安心だ。

それに、トイレでコーヒーエネマを行っても、結局使った後の道具をお風呂で洗わなくてはならない。それなら最初から最後までお風呂で行った方がラク。

最終的にたどり着いたコーヒーエネマの方法

いろいろ試行錯誤しつつ、最終的には次のような手順でコーヒーエネマを行うところに落ち着いた。

  1. キッチンでぬるま湯を準備し、ぬるま湯を1リットルのペットボトルに入れる。お風呂は沸かしておく。
  2. ペットボトル・シリコンバッグ・コーヒー缶を持ち、服を脱いで浴室に入る。
  3. シリコンバッグにペットボトルのぬるま湯とコーヒーを入れる。
  4. 浴室のタオル掛けにシリコンバッグをかけ、チューブを肛門に入れて、コーヒー液を注入する。
  5. コーヒー液の注入が終わったら、お尻からチューブを抜く。
  6. おなかにコーヒー液が入ったまま、手早くシリコンバッグを洗浄する。
  7. 湯船に移動して、お風呂のお湯に浸かりながら、おなかをマッサージする。
  8. 3〜5分が経過したら、お風呂から上がり体を拭いて服を着て、トイレへ行き排出する。
湯船でマッサージするときは、隅々までコーヒー液が行き渡るように、右下になったり、左下になったり、体を回転させる。
できるだけ寝ている状態に近い姿勢でマッサージした方がその後の排出の調子が良いので、浴槽の中で寝そべるような姿勢をする。

手慣れてからも、不発の日は度々あったけれど、うまくいくと、かなりの爽快感

ガシャーッ、ズバズバ、スポーン、、、、

で、終わった後は、おなかがペタンコ。コーヒーエネマで誘発された便意は継続しない。出したらそれで終わり。

下剤の場合は、一度飲むと一日中、便意と腹痛を覚悟する必要がある。しかし、コーヒーエネマはそのとき限り。それが、下剤よりも便利だった。

満足に腸内のものが出せるかどうかは、コーヒー液を入れている時間とマッサージにコツがある。時間が短すぎるとコーヒー液しか出てこないが、長すぎればコーヒーが吸収されてしまうのか、排出量が減ってしまう。これは自分で試しながらコツをつかんでいく必要がある。

コーヒーエネマの社長逮捕でコーヒーが手に入らなくなる

その後、ネット上でコーヒーエネマの賛否両論を見つつも、下剤よりはまだマシだろう、という気持ちでコーヒーエネマを続けていた。

しかし、あるとき突然、コーヒーエネマが全国区になった。

カフェコロン販売元の社長が逮捕されたのだ。

逮捕されたときの記事

ちなみに、その頃は、カフェコロン自体は使っていなかった。より割安な、「ドクターコーヒー」というものを使っていた。

しかし、逮捕された後、どこを見ても、コーヒーエネマ用のコーヒーが手に入らなくなった。カフェコロンはもちろん、類似品もすべて。

何らかの指導があったのかもしれないが、多くの人が、困ったと思う。

今は、「飲用」というていで、カフェコロン類似品(代替品)の販売が復活している(こちら

カフェコロンの代替品としてお湯・コーヒー・EM菌などにチャレンジ

私は、カフェコロンの販売会社の関係者が逮捕されたことで、コーヒーエネマへの不安が出た、というのはない。

コーヒーエネマ自体は、ゲルソン療法など、コーヒーエネマのルーツや理論を自分で調べて、実施していたので。

ゲルソン療法―がんと慢性病のための食事療法
コーヒーエネマはゲルソン療法の特長的な手法(ゲルソン療法―がんと慢性病のための食事療法

ただ、逮捕劇があってから、コーヒーが入手できなくなったことは、単純に困った

仕方ないので、ただのお湯でやってみたり、自分でコーヒーを淹れたり。

試行錯誤した結果、本当に自己流だけれど、掃除用に購入したものの、何なのかよくわからず使い切れなかった「EM菌」を入れたお湯で、コーヒーエネマをやっていた(もはや、コーヒーエネマではない)。

私はEM菌についてはよくわからないけれど、いろいろ試した中で、EM菌が一番、出が良かったのだ。

最終的にはコーヒーエネマがないと出ない浣腸依存の体が嫌でやめた

しかし、そうこうしているうちに、だんだんと「面倒だ」という気持ちが出てきた

熱心に毎日欠かさず行っていたところから、1日おき、2日おき、3日おき……と期間が空いていった。

最終的には、コーヒーエネマがないと自力で排便できない体が嫌でやめた。だって、旅行中とか、どう考えてもコーヒーエネマできない。

結局、浣腸依存症になっていた気がする

本来の、ゲルソン療法のコーヒーエネマは、便秘解消法ではない。

大腸から直接、コーヒーに含まれるクロロゲン酸という成分を吸収させることで、肝臓の解毒を行う(→肝臓を解毒することで病気が治る)

というのが、ゲルソン療法におけるコーヒーエネマの役割。

そんなコーヒーエネマを、腸内の便を排出するための浣腸代わりに使っていても、自力で排出できる腸を育ててくれる訳ではなかった。

それどころか、

  • コーヒーエネマをしないと、まったく出ない

という状態に陥っていた。浣腸依存症だった。

コーヒーエネマは隠すのが大変

もう一つ、コーヒーエネマを行う上で、心理的な負担になっていたこと。

それは、コーヒーエネマは、あまりにもやっている姿や行為自体が際どすぎて、万が一、人にバレたときのダメージが計り知れないということ。

そんな、人に言えない行為に依存することは、リスクだと思ったし、コーヒーエネマを行っているときの自分の姿を、自分が好きではなかった。

最後は体の感覚。体が求めなくなった

あとは、体の感覚。自分にとって合う、自分に必要なものだったら、自然と体が欲するはず。

しかし、私の体は、徐々にコーヒーエネマを敬遠する方へと動いていた。コーヒーエネマを行った後も、体調が良くない感じがしていた。

これは、真逆の人(コーヒーエネマをした後に、気分爽快で元気になる人)もいるわけだから、人ぞれぞれだと思う。

最後に

私はコーヒーエネマはやめたけれど、ゲルソン療法の一環としてのコーヒーエネマには、ものすごくポテンシャルがある気がしている

だから、何らかの目的を持った、特別な療法としてコーヒーエネマを行うのはアリだと思う。

ただ、一般レベルの美容・ダイエット目的でコーヒーエネマを行うのは、体へのリスクも、心理的な負担も、大きいのでは?という印象。

コーヒーエネマ以外にも、腸を元気にする方法はいろいろある。

ちなみに私はその後、どこにでも売っている昔ながらの整腸剤「強力わかもと」を飲むようになって、自然に毎日快便が出せるようになった。

おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク