【糖質制限OK】スタバ&タリーズの糖質量が少ないおすすめメニューとカスタマイズ

糖質制限中に、「外でお茶したい!」というとき、ブラックコーヒー以外の選択肢もあるとうれしい。

スターバックスやタリーズを利用するとき、私が頼んでいるメニューについて書いてみる。

スポンサーリンク

スターバックス

スタバは、「お茶(ティー)」のメニューが豊富なので、糖質制限中でも幅広く楽しめる。

糖質制限中におすすめのスタバメニュー

  1. ホットコーヒー
  2. アイスコーヒー
  3. ソイラテ
  4. ホットティー(イングリッシュブレックファスト/ミント シトラス/ほうじ茶/カモミール/アールグレイ)
  5. アイスティー(ブラック/パッション)
  6. ティーラテ(イングリッシュブレックファスト/ほうじ茶/カモミール/アールグレイ)※要カスタマイズ:牛乳をソイミルクに変更+ノンシロップ
  7. ソイスチームミルク

牛乳よりも豆乳をチョイス

スタバでは、豆乳は調製豆乳を使っているが、ソイラテ・トールサイズの糖質は約9g

一方、牛乳は乳糖が含まれており、普通のラテは糖質約16g。豆乳にチェンジした方が糖質は低い。

ティーラテはシロップを抜くのも忘れずに

ティーラテは、牛乳を豆乳に変更して、なおかつシロップを抜けば、糖質制限的にOKな飲み物になる。

オーダー時の呪文は、「ソイミルク・ノンシロップ」。

ホイップ追加やブラベはOK

各ドリンクに、「ホイップ」を追加するのも、糖質制限的にはOK(どのドリンクも、+50円でホイップ追加ができる)。

また、「ソイラテ」「ティーラテ」は、ミルク(ソイミルク)の半分を生クリームにするカスタマイズもできる(「ブラベ」と呼ばれている)。

生クリームは、牛乳よりも糖質が低く豆乳と同じくらい。なので、ブラベ変更は糖質制限OK。

ブラベにすると、かなり濃厚な味わいになるので、おなかを満たしたいときにおすすめ。

私がよく飲んでいたカスタマイズ

ちなみに私がよく好んで飲んでいたのは、

  • ティーラテ・イングリッシュブレックファースト・ソイミルク・オールミルク・ノンシロップ

というカスタマイズ。

イングリッシュブレックファーストの茶葉のティーラテを、すべて豆乳・甘いシロップ抜きで、というオーダー。
※「オールミルク」とカスタマイズしないと、半分がお湯でさっぱりした味わいになる。糖質制限的にはオールミルクにしない方が豆乳半分になってその分糖質オフにはなる。

さらに、その日の気分で「ホイップ」を追加することもある。「ホイップいっぱい食べたい!」という気分のときは「エクストラホイップ(ホイップ多め)」とオーダーすると大盛りにしてもらえる(料金は大盛りでも変わらず50円)。

冷たいホイップを追加することで、ドリンクが冷めるのが嫌な場合は、「エクストラホット」と伝えると、ドリンクを熱めに作ってくれる。

隠れメニューのソイスチームミルクもおいしい

カフェインを取りたくないけれどラテっぽいものが飲みたいときは、「ソイスチームミルク」を飲んでいた。

これは、ホットミルクの豆乳版。スチーマーで温めるので、キメ細かくフォームができていて、すごくおいしい。メニューには書いていないけれど、オーダーすると普通に作ってくれる。

タリーズ

タリーズは、ホイップがちょっと甘い。それが、スタバと比較して惜しいところ。

とはいえ、激甘ではないので、厳格な糖質制限中でなければ、追加しても問題ない。

糖質制限中におすすめのタリーズメニュー

  1. ホットコーヒー
  2. アイスコーヒー
  3. ソイラテ
  4. ホットティー
  5. アイスティー

タリーズはこちらのページに糖質一覧がある。

▼以下引用。クリックでPDFへ移動

タリーズのソイラテ(トールサイズ)の糖質量は4g(スタバの9gよりも低い)。

ホイップ追加すると糖質量が+4.4gになり8.8gとなるけれど、それでも一杯10g以下に収まる。

私は、ソイラテはスタバよりもタリーズの方が好き(キメ細かくたっぷりしたフォームの感じが好み)。

なので、ソイラテが飲みたいときは、タリーズに行く頻度も高い。

追記:糖質量を調べるためにものすごく便利なサイトを発見

糖質量を調べるために、ものすごく!!便利なサイトを発見した。

FatSecret(栄養成分情報)

例えば、「ソイラテ」と検索すると、次のような結果に。

私が大好きなタリーズのソイラテは、糖質量的にも、他のソイラテに比較して優秀なことがわかる(タリーズ4.10g、ドトール8.70g)。

この検索結果にはスタバのソイラテは出てこないものの、「スターバックス」で検索すると、30あまりのドリンクが表示された。

これは出先でちょっと検索するにも、使える(2017/12/03追記)。

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク