30代・40代以降、血栓症リスクありの人でも飲める「ミニピル」とは?低用量ピルでコレステロールが上がるのを避け、切り替え検討中

先日の健康診断で、「LDL(悪玉コレステロール)」の値が高めになっていた。

体重や体脂肪的には痩せていてるほうなので、担当の医師は首をかしげていた。「おそらく、ピルの影響じゃないかと……」と伝えると、合点がいった様子で、では産婦人科のほうで相談してください、と。

スポンサーリンク

ピルを飲み始めたタイミングで、コレステロール系の値が悪化

私は、この5年ほど、ヤスミン→マーシロンとピルを飲んできている。

もともと、ヤスミンがとても好きだったけれど、血栓症のリスクを考慮して、より低用量のマーシロンに切り替えたところだ。

体調的には問題なく過ごしているけれど、先日の健康診断の結果、LDL(悪玉コレステロール)の値が、上がっていた。

もともと、この数年、高めの値が出ることが多かった。糖質制限や食生活の影響もあるのでは?と思っていたけれど、数値が下がってこないので、「これはピルのせいだろうな」と自分では思うようになった。

マーシロンよりさらに負担の少ないピルを探す過程で「ミニピル」を発見

先日のヤスミンからマーシロンへの切り替えがすんなりとうまくいったので、マーシロンよりもさらに負担の少ないピルはないか?と探していたところ、

  • ミニピル

というものを見つけた。

以下、池袋でミニピルを処方している婦人科のサイトから抜粋。

(前略)確かに40歳代の方にOC/LEP製剤を処方する事は慎重にしなければなりませんが、避妊が必要な方が結局男性に委ねるしかない選択は避けなければなりません。

そこで当院では世界では当たり前の様に処方されている黄体ホルモン単剤(ミニピル)に着目し平成27年5月より処方を開始しました。

現在、OC/LEPが処方出来ない方の避妊方法として国内では子宮内に避妊具を入れる子宮内避妊システム(IUS)ミレーナがありますが、それと並行してミニピルの選択肢が増える事は日本の女性にとって安心材料が増える事となり、 より多くの望まない妊娠を防ぐ事が出来ると考えております。
又ピルと同等に子宮内膜症への治療効果や子宮体癌の予防効果も期待出来ると考えております。
ミニピルについて | 東京・埼玉から通える婦人科 池袋クリニック公式ページ

OC=低用量ピル(経口避妊薬)、LEP=ヤーズなどのピルを指す言葉だけれど、OC/LEPはリスクが高くて飲めない人の避妊の選択肢として、ミニピルを処方するようにしているという。

一般的にピルは、血栓症のリスクが高い40歳以上や喫煙者、肥満のある人などは飲むことができないが、ミニピルであればOKだという。

ミニピル処方対象

下記に当てはまる方は血栓症リスクが増加しやすい為、ミニピル処方の対象となります。●喫煙者(35歳以上で1日15本以上)
●重症の高血圧症
●前兆を伴う片頭痛がある
●もともと血栓を起こしやすい
●心臓の疾患(心臓弁膜症の一部)等
●40歳以上
●肥満(BMI30以上)
ミニピルについて | 東京・埼玉から通える婦人科 池袋クリニック公式ページ

ミニピルとは、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」しか含まれないピル

低用量ピルは、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の複合型だけれど、ミニピルにはプロゲステロン(黄体ホルモン)しか含まれないという。

血栓症のリスクを高めるのはエストロゲンなので、エストロゲンが含まれないミニピルには、血栓症のリスクはない。

だから、血栓症のリスクがある人にも推奨できるとされている。

避妊効果はある

プロゲステロンしか含まれないものの、避妊効果はあるようだ。

また先ほどとは別の皮膚科医のブログにて、明記されていた。

ミニピルの種類によって若干確率は異なりますが、正しく飲んだ場合の避妊成功率は99%以上であることが示されています。ミニピルの避妊成功率・避妊効果ってどれくらいなの? | 肌のクリニック院長の肌ブログ

詳しくは、こちらのブログを読んでいただくとして、ミニピルでも、避妊の仕組み自体は、低用量ピルと同じようだ。

特に、「セラゼッタ」という種類のミニピルであれば、ほぼ同じらしい。

飲み忘れにはシビアになるべし

低用量ピルとミニピルが違うのは、「その効果の強さ」だろうか。

低用量ピルなら、飲み忘れても猶予があるけれど、ミニピルの場合は、もっとシビアだ。

前述のブログによれば、

当院で処方しているセラゼッタは排卵も抑制するため、飲み忘れても12時間以内のずれであれば問題ないとされていますが、排卵抑制の効果は97%ですので、当院では他のミニピルと同様に3時間以内のずれに留めるように指導しています。ミニピルの避妊成功率・避妊効果ってどれくらいなの? | 肌のクリニック院長の肌ブログ

ということで、セラゼッタというミニピルなら、ミニピルの中でも効果が持続すると言われているものの、3時間以内のずれにとどめるというのが、安心できるラインのようだ。

PMSの緩和効果もあるようだ

個人輸入サイトのレビューを読みあさったところ、精神的・身体的なつらさ、PMSの緩和目的で飲んでいる人が複数いて、多くの人が効果を感じている様子だった。

ただ、中には、「ミニピルでイライラが止まらなくなった」という人もいて、自分がどちらのタイプかは、飲んでみないとわからない。

低用量ピルのむくみや食欲が抑えられたという声も

ピルの悩みに、

  • むくみ
  • 食欲増進
  • (結果として)太る

ということを挙げる人は多い。

それが、ミニピルでは解決したという声が散見されたのは、いいな!と思った。

毎日365日飲み続けるタイプ

ミニピルは一定量を365日、毎日飲み続けるタイプ(低用量ピルの28錠タイプのように、偽薬が入っているわけではなく、毎日一定量のプロゲステロンを摂取する)。

生理(消退出血)自体なくなる人もいるらしい

365日飲み続けていて、生理はどうなるの?というのが疑問だけれど、

  • 普通の生理のように毎月来る
  • 2カ月に1回来る
  • 出血自体が起きなくなる
  • ダラダラと不正出血が何カ月も続く

と、いろいろなパターンの人がいた。

なかでも、出血自体起きなくなる人と、普通の生理のように毎月出血する人の2パターンが多いような気がした。

私は、出血自体面倒だと感じてしまうので、出血しなくなるタイプならいいのだけれど。これも、自分で飲んでみないと、わからない。

とりあえずセラゼッタ(Cerazetta)を注文済

とりあえず、前述のブログ記事のなかの情報から、他のミニピルよりも飲みやすそうだったセラゼッタを、個人輸入で注文してみた。

それが届くまでのあいだに、さらにいろいろなサイトを見たり、可能であればミニピルを処方している婦人科を受診したりして、情報収集を進めておこうと思う。

疑問:プロゲステロンだけ補給して老化したり男化したりニキビが増えたりしないのだろうか?

低用量ピルからミニピルに切り替えるかどうか判断するにあたって、今、私が一番気になっているのは、

  • プロゲステロンだけ補給して老化したり男化したりニキビが増えたりしないのだろうか?

というところ。

たまに、低用量ピルを、エストロゲン(卵胞ホルモン)を補給するアンチエイジングのテクニックとして、使っている人がいる。

私も、何年もピルを飲んでいるので、それが美容効果や老化防止効果を発揮してくれている面があるのかも、と思うと、それをやめたことによって、自分が劣化しないかどうかが心配。

また、エストロゲンの供給をストップするだけではなくて、エストロゲンと対の作用を持っているプロゲステロンのほうだけを補給するのだから、それによってニキビが増えたり男っぽくなったりするのでは?、と素人目には思ってしまう。

実際に、ミニピルのレビューの中には、ミニピルに変えてからニキビが増えたとか、体臭が変わったとかいう人もいた。

逆に、肌の調子がいいとか体調がいいとか書いている人もいた(というかそちらのほうが多い印象)ので、一概にはいえないのだけれど。

これについても、自分が飲んだらどうなるのか、実験してみるしかない。

汗のかきやすさの変化が見どころ

それと、自分的に、ミニピルと低用量ピルの違いでチェックしたい点が、

  • 汗のかきやすさがどうなるか

というところ。

なんとなくだけれど、低用量ピルを飲み始めてからのほうが、自分が汗っかきになったような気がするのだ。

(昔から、緊張して汗をかくことはあったし、真冬でも電車に駆け込んだあと汗だくになったりしていたので、ピルのせいにはまったくできないのだけれど。飲んでからのほうが、ひどくなったような気がする)。

ミニピルに変えることによって、体がどう変化していくのか?には、とても興味がある。

続きはこちら

スポンサーリンク













スポンサーリンク