ミニピルの続報。セラゼッタと、マーベロン/マーシロンのホルモン含有量の比較

こちらの記事の続きの話。

低用量ピルからミニピルへ切り替えようと検討中なので、ミニピルについていろいろと調べている。

とりあえず、セラゼッタを個人輸入で注文して待っているところなのだけれど、セラゼッタに配合されている成分は、私がいま飲んでいるマーシロンと、偶然同じだった模様。

スポンサーリンク

マーベロン・マーシロン・セラゼッタのホルモン含有量の比較

低用量ピルを飲み続ける上で、ネックとなるのが「血栓症のリスク」だ。

ヤスミン・ヤーズによる血栓症の死亡例が報道されたこともあり、私はヤスミンから、よりホルモン含有量の少ないマーシロンに乗り換えた。

で、現在は、さらに少ないものはないか?と探していて見つけたミニピルへの切り替えを検討中。

マーシロンは、聞き慣れないピル名だけれど、国内でポピュラーなピルである「マーベロン」の低用量版だ。

マーベロン・マーシロン・セラゼッタのホルモン含有量を表にしてみたら、以下の通りだった。

プロゲステロン
(黄体ホルモン)
エストロゲン
(卵胞ホルモン)
低用量ピル「マーベロン」 150μg 30μg
超低用量ピル「マーシロン」 150μg 20μg
ミニピル「セラゼッタ」 75μg 0μg

この右列のエストロゲン(卵胞ホルモン)が、血栓症のリスクになるホルモン。

私がいま飲んでいる「マーシロン」は、エストロゲンの量がマーベロンの2/3になっている。

一方、さらに切り替えようと思っていセラゼッタでは、エストロゲンの量が0になり、プロゲステロン(黄体ホルモン)の量も半分になる。

これなら、かなり体への影響は減りそう!!

前回の記事で、ミニピルに変更することでプロゲステロンだけを補給することに不安がある、と書いていたのだけれど、そもそもプロゲステロンも、現在飲んでいるマーシロンの半分になるのなら、負荷が減りそう。

マーシロンとセラゼッタに配合されているプロゲステロン(黄体ホルモン)は同じ種類

さらに、うれしいことに、私が切り替えたいと思っているセラゼッタは、私が今飲んでいるマーシロンと、同成分のプロゲステロン(黄体ホルモン)が配合されているらしい。

どちらも、「デソゲストレル(第三世代)」という種類(ソース:ミニピルの種類と特徴・血栓症のリスク | 肌のクリニック院長の肌ブログ)。

ということは、マーシロンからセラゼッタに切り替えたら、エストロゲンは0になり、プロゲステロンは同じ種類のまま半分になるだけ。すでに飲んでいるものの量が減るだけだから、「体に合わない!!」となるリスクは、普通に考えると皆無。

その一方で、「じゃあ、マーシロンをピルカッターで半分にして飲んでも同じこと…??」という疑問が。それでOKなら、コスト的にもずいぶん安くなる。ただ、自己責任すぎて、怖くてできないけれど。

デソゲストレルは排卵を抑制する黄体ホルモン

前回の記事で、ミニピルの中でもセラゼッタは、避妊効果が高い(低用量ピルと同等)らしい、という情報を書いた。

それは、「セラゼッタに含まれる黄体ホルモンが、デスゲストレルだから」らしい。黄体ホルモンにもいくつかの種類があるが、デスゲストレルは排卵を抑える効果のある黄体ホルモンなのだという。

ミニピルの進化

ミニピルの欠点は排卵を抑制する力が弱く、
厳格な服用規律が求められる点であると書きました。
この欠点は2つの方法で克服されようとしています。
一つは、排卵を抑制する黄体ホルモン剤です。
デソゲストレル(マーベロンに使用されている黄体ホルモン剤)やゲストデンは、第一世代の黄体ホルモン剤であるノルエチステロンと較べて、10倍前後黄体ホルモン活性が高くなっています(Dickey,R.P.2000)。
デソゲストレルを使用したミニピルであるCerazetteでは、
ほぼ排卵を抑止できますので12時間の飲み忘れまでは許容されます。
避妊薬ピルとはどのような薬か/ピルとのつきあい方

上記文中の「Cerazette」が、私が切り替えたいと思っている「セラゼッタ」。

これなら、安心して切り替えられそう。切り替えるのが、楽しみになってきた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク