ビタミンCとピルを一緒に飲むと、エストロゲンの作用が強くなるので注意が必要

エスターC 」という、ビタミンC高配合のサプリを、超愛用している。ただ、ビタミンCとピルは、一緒に飲んではいけないという説があることを、最近になって知った。

まったく知らなかったので、今まで、頻繁にピルと一緒にエスターCを飲んでいた。

スポンサーリンク

あらためておさらい:ピルと一緒に飲んではいけない薬

最近、低用量ピルからミニピルへ切り替えを検討している関係で、改めてピルの情報を洗い直している。

その過程で、「ピルとビタミンCサプリは一緒に取るべきではない」という説があることを知った。

ピルの情報サイトをいくつか見たところ、「ビタミン剤は問題ない」と明記しているサイトもあり、いろいろな考え方がある模様。

ビタミンCについて書く前に、まずは、あらためてピルと一緒に飲んではいけないものをおさらいしておく。

ピルと一緒に飲んではいけない薬

セントジョーンズワート(西洋オトギリソウ)

ピルの吸収を阻害するリスクがある。

抗HIV薬、抗結核薬、抗てんかん薬

ピルの作用を弱めるリスクがある。

グレープフルーツ(できれば避ける)

グレープフルーツは「禁止」という程ではないが、ピルの作用を強める可能性があるので、避けた方が良いと言われている。

グレープフルーツは、ピルに限らず、多くの薬の代謝を阻害する。だから、長時間、体内に薬の成分が残り続ける。

なので、ピルとグレープフルーツの飲み合わせが悪いというよりも、グレープフルーツと薬全般の飲み合わせが悪いと考えた方が良い。

抗うつ剤や高血圧の薬などの場合、医師から一緒に飲まないように指導されることも多い。

ビタミンCは、ピルの効果のうち、エストロゲン作用を強めてしまうのでNG

さて、この記事のテーマの「ビタミンC」について。

改めて、いくつかの婦人科のサイトや、自分がお世話になっている婦人科でいただいたピルに関する資料などを読み直してみたけれど、「ビタミンCと一緒にピルを飲まないでください」という指導が書かれているものは見つからなかった。

ただ、All Aboutの 小浦 ゆきえさんの記事によれば、ビタミンCと低用量ピルとの同時接種によって、ピルのエストロゲン作用が強化されたというデータがあるという。

以下引用。

1981年英国メディカルジャーナル  Briggs MH氏の論文にこんな報告があるのです。

『低用量ピル(トリキラー、トリファジル、ノルデット)の服用者12人が、50mgまたは1000mgのビタミンCサプリメントをピルと一緒に服用。その結果、ピルユーザーが大量のビタミンCを摂取すると、低エストロゲンピルでも高エストロゲンピルと同じだけの強い作用が見られるようになることがわかった。』
 All About

つまり、低用量ピルを摂っていても、高用量ピルと同じだけの作用が出てしまうのです。それはつまり、副作用も強く出てしまうということ。偏頭痛や吐き気など、ピルの副作用は人それぞれですが、副作用が気になっている方はビタミンCとの併用には注意しましょう。
 All About

1981年とかなり古い情報であり、医療機関で注意喚起されていないことから、この情報だけを正とするのは極端だけれど、それでも注意するに越したことはない。

特に、「血栓症のリスク」をできるだけ回避するためには、

  • ピルと高濃度ビタミンCサプリを一緒に服用しない

という配慮は有効だと思う。

ビタミンCとの同時摂取で作用が高まるという「エストロゲン」は、血栓症リスクの原因となるホルモンだから。

逆に、「避妊効果」という点では、ピルをビタミンCと一緒に飲んでも、問題ない。

ビタミンCはエストロゲンの作用を強める=(端的にいえば)避妊効果を強める〉のであって、避妊効果を弱める方向へ影響するわけではないから。

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク