おうちカフェ派のネスカフェドルチェグスト、カプセル別の糖質量リスト(糖質制限中の人向け)

無料で使えるネスカフェドルチェグストが家に来てから、はや2カ月が経った。その間、いろいろなカプセルを試した。

糖質制限が好きな私としては、各カプセルの「糖質」が気になるところなので、まとめてみた。

無料で使える【ネスカフェ ドルチェ グスト】についてはこちら 

スポンサーリンク

ネスカフェドルチェグストの21種類のカプセル

ネスカフェドルチェグストは、豊富なカプセルでいろいろな味が楽しめるのがいいところ。

公式サイトでは「15種類以上のカプセル」と掲載されていたけれど、改めて数えてみたら、2017/11/18現在21種類もあった。

  1. オリジナルブレンド
  2. モカブレンド
  3. リッチブレンド
  4. レギュラーブレンド
  5. ロースト ブレンド
  6. カフェオレ
  7. カフェオレ インテンソ ◎
  8. カフェオレ カフェインレス
  9. エスプレッソ
  10. エスプレッソ インテンソ
  11. アイスコーヒーブレンド
  12. レギュラーブレンド カフェインレス
  13. 濃い抹茶 ◎
  14. 宇治抹茶
  15. カプチーノ ◎
  16. ラテ マキアート
  17. チョコチーノ
  18. ティーラテ
  19. 宇治抹茶ラテ
  20. ソイラテ
  21. アイス カプチーノ

ちなみに◎印を付けたのは、私のお気に入りのカプセル。

糖質量が少ないランキング

この21種類を、糖質量が少ない順に並べ替えてみた。カッコ()内は炭水化物量。

※注:〈炭水化物=糖質+食物繊維〉なので、厳密には〈炭水化物≠糖質〉だけれど、コーヒー類に含まれる食物繊維は微量なので、ここでは〈炭水化物≒糖質〉と考えて差し支えないと思う。

3g以下(糖質制限◎)

オリジナルブレンド
モカブレンド
リッチブレンド
レギュラーブレンド
ロースト ブレンド
エスプレッソ
エスプレッソ インテンソ
アイスコーヒーブレンド
レギュラーブレンド カフェインレス
濃い抹茶
宇治抹茶

①〜⑪の差はなし。すべてブラックコーヒーや緑茶と同等の糖質量なので「ほぼ0(ゼロ)」(そのためこの11カプセルはパッケージに成分表記なし)。

3g〜10g(糖質制限○)

カフェオレ カフェインレス(3.7g)
カフェオレ(3.8g)
カフェオレ インテンソ(3.9g)
カプチーノ (8.8g)
ラテ マキアート(8.4g)

私のお気に入りでよく飲んでいる「カフェオレ インテンソ」と「カプチーノ」はここのゾーン。

10g〜15g(糖質制限△)

ソイラテ(11.8g)
ティーラテ(12.9g)
宇治抹茶ラテ(14.3g)

ソイラテは、試した中で一番、苦手な味だった。

ティーラテ・宇治抹茶ラテは、最初にマシンに付いてきたバラエティパックで飲んだけれど、非常に甘ったるい感じ。味はおいしいので、甘党の人におすすめ。

15g以上(糖質制限×)

アイス カプチーノ(15.9g)
チョコチーノ(20.1g)

この2種類は飲んだことがない。

Amazonのレビューを見ると、チョコチーノは全体のカプセルの中でも1位2位を争うほど人気の様子(チョコチーノというネーミングだが、つまりココアらしい)。

糖質20g超えているので私が購入することはないけれど、おいしいんだろうな。

カプチーノ・ラテマキアートは糖質量の割に甘いので、息抜きしたいときにぴったり

これ、改めてこのように整理してみて驚いたのが、

カプチーノ (8.8g)
ラテ マキアート(8.4g)

が、意外に10g以下の低糖質なこと。

意外に、というのは、結構甘く感じるのだ。これだけの甘みを楽しめるのに10g以下に収まるなら、安心して飲める。家カフェ、楽しい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク