目元の小ジワ予防に、ポーラの「B.A ザ アイクリーム」に手を出した話

最近は、ニベアや極潤など、プチプラスキンケアばかり使っていた。

ただ、今年の冬は、ちょっと「目元の小ジワ」が進みそうな予感がして、それはぜっっっったいにイヤだったので、【POLA B.A ザ アイクリーム】を購入してみた。

スポンサーリンク

とにかく雑誌に載りまくっていたポーラのアイクリーム

ポーラのアイクリームといえば、2012年に発売されてからというもの、美的・VOCE・MAQUIAなどの美容雑誌はじめ、とにかく雑誌に載りまくっていた。

なので、何度も見掛けたことはあった。

デパコスらしい高級感あふれる見た目!(ポーラ ザアイクリーム

まあ、お値段(2万円)のこともあるので、スルーしていた。でも、今年の冬は、どうも、目元が危ない。私は今まで、シワとは無縁に生きてきた。

それは下記の記事に書いたように、10代の頃から気を付けていたからでもある。

しかし30代になった今、

  • 「何か手を打たないと、シワが常着するのかも……??」

と、不安を覚える日が出てきた。

例えば先日、乾燥のひどい日に外に長時間いた後、夕方に撮られた自分の笑顔の写真を見て、

  • 「あれっ??」

と思った。笑いジワの感じが、「なんか……シワっぽい!」と思ったのだ。

最近、ニベア青缶をとても信頼しているので、そのお手入れは続けるとして、なんかこう、

  •  ガツン!!!!

と効くヤツを持っておきたい、という気持ちがフツフツと沸いてきた。

そこで、何度も雑誌で見掛けたことがあった、ポーラのザ・アイクリームが思い出されたというわけ。

……さすが2万円です

結論をまず書くと、

  • 「ポーラさん。さすが2万円ですね(合掌)」

……という感想。

美容ライターが書いている雑誌のヨイショ記事は信頼していなかったものの、@cosmeが★5.2だったので、それなりに期待はしていた。

@cosme

が、その期待は、かる〜く超えてくれた。ああ、これは、確かにスゴイ。

  • 使った瞬間の浸透性
  • 使った翌日の肌の回復感

の2点において、「さすがのアイクリーム」という感じ。

気にしていた笑いジワは、塗ったらすぐに気にならなくなった。これは応急処置的に使える。とりあえず、良かった。

B.A ザアイクリームの全成分

で、何がそんなに効いているの?というのが気になるので、全成分をチェック。

水、シクロペンタシロキサン、グリセリン、ジグリセリン、ワセリン、BG、PEG-10ジメチコン、水添ポリデセン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、水添ポリイソブテン、PEG-400、ジステアルジモニウムヘクトライト、PEG-30、グリチルリチン酸2K、ウルソリルリン酸3K、乳酸桿菌/ローヤルゼリー発酵液、イガイグリコーゲン、オタネニンジンエキス、ツボクサエキス、チョウジエキス、アケビ茎エキス、ダイズタンパク、アルニカエキス、クリサンテルムインジクムエキス、ゲットウ葉エキス、レンゲソウエキス、加水分解コンキオリン、セイヨウノコギリソウエキス、クララエキス、オウレン根エキス、ヨモギエキス、センブリエキス、オトギリソウエキス、水添レシチン、エチルヘキサン酸セチル、ステアリン酸スクロース、エタノール、パルミチン酸スクロース、セタノール、ベヘニルアルコール、オレイン酸ポリグリセリル-2、カルボマー、水酸化K、トコフェロール、キサンタンガム、アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウム、酸化チタン、ヒドロキシエチルセルロース、タルク、マイカ、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料
ザ アイクリーム全成分

ざっくりだけれど、赤線を引いた成分が、美容成分にあたる。しかし何が何に効いているのか、これだけだとよくわからない。

こういうときは、公式サイトを見るのも良いけれど、製品発売時に報道機関宛に発信されるニュースリリースを見ると、ものすごく詳しく書いてある。

下記にあった。News Release 『B.A ザ アイクリーム』誕生

ざっくりとまとめると、

  • 「目もとゆるみ」には、真皮の強度を高める強度コラーゲンが必要
  • ザ アイクリーム はX型補強リフォームで真皮の強度を高める
  • 長時間うるおいを保つ新技術搭載(実験結果あり)

という話が書いてある。

ザ アイクリームは、目元の老化に多大な影響を与えている「強度コラーゲン」というものにアプローチできる、というのが最大の特徴らしい。

朝夜使用で60日分

朝夜使用で60日分」と記載があった。

ということは、

  • 2万円÷60日=333円

ということで、1日あたり333円。

333円か〜。そう考えると、高くもない気がする。これから40代になっても50代になっても、シワのない若い目元を維持するための、1日333円。

 「シワができそう!(それは嫌だ!!)」というタイミングならおすすめ

私はそもそも、すでにできてしまったシワが、アイクリームごときで消えるとは、思っていない

これから歳を重ねて、シワができたとき、「そのままのナチュラルな私がいい」と思えたらいい。かっこいい。理想だ。

けれど、実際そうなったら、

  • 「老けるのは、いやだーーーーー!!」

と思うかもしれない。そのときは、そんなことで悩むくらいなら、ちゃっちゃと医療の力を借りようと思っている(レーザーとか注入とか糸とか)。

もちろん、そうなる前に、できるだけ事前予防できたら、一番いい

そういうタイミングで使うには、ポーラのB.A ザアイクリームは、すごくピッタリの選択だった気がする。

一本使い切ったところで、またここに状況を追記する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク