冬の体の乾燥に効く入浴剤ソフレを溺愛してきたけれど、エモリカも良かった。その違いと効果のまとめ

昨年の冬も、今年の冬も、「乾燥にはソフレがいい!」という記事を書いた。

で、ソフレをひたすらリピートしていたのだけれど、ふと、「エモリカ」を見つけて購入してみたら、ソフレと同類で良かった。

スポンサーリンク

ソフレはバスクリン、エモリカは花王。エモリカの方が香りが好き

ソフレの販売元はバスクリン、エモリカの販売元は花王。

ソフレは、たいていのドラッグストアに1種類はあるけれど、エモリカはあまり置いていない。

なので、ソフレの方が、売上数は多いと思われる。

どちらも、「高保湿」を売りにしている500円前後の価格帯の入浴剤で、お湯に入れると、白くなるタイプ。

この二つの共通点は、

  • 「何を使っても治らなかった、かゆみを伴う体の乾燥が、これにしたら治った」

という口コミレビューが多いこと。

実際に私自身、高額の入浴剤・ナチュラル成分の入浴剤などを試しても収まらなかった、カッサカサの脚(スネ)のかゆみが、

  • スーーーーーッ…

と収まっていったのだ。ありがたい!

ずっとソフレをリピートしていたけれど、数種類あるソフレの香りの中で、一番、抵抗がない香りのホワイトフローラルの香りでも、ちょっぴり飽きたというか、ほんの少し嫌になってきていた。

それで、類似品で香りがもう少し良いもの…、と探していて見つけたのが、エモリカのハーブの香りだったのだ。こちらの方が好き。

ちなみにエモリカは、ピンクのパッケージのフローラルの香り も試したけれど、これも、ソフレより好きな香りだった。香りに品があるし、そもそもほのかなので、気にならない。

ソフレとエモリカの成分的な違いを比較

ソフレとエモリカの、成分的な違いを比較してみる。

まずは、それぞれ、メーカー側でアピールしている成分の特徴が、下記。

  • 入浴剤成分特徴

ふむふむ。

ただ、入浴剤の場合、こういった売りにしている成分は、ごくごくごく少量しか配合されていないことが多いので、この成分をそのままうのみにはできない。

そこで全成分を見てみると、次の通り。

ソフレ

エモリカ

どちらも、「流動パラフィン」が先頭に来ている。流動パラフィンというのは、ミネラルオイルのこと。

ナチュラル成分好きな人には、目の敵にされることの多い「鉱物油」のこと。

ただ、鉱物油(ミネラルオイル)は目の敵にするのに、ヴァセリン(=ワセリン、固形ミネラルオイル)はみんな大好きだったりして、謎だなと思う。

私は、ワセリンは優れた保湿剤だと思っている。下記の記事でも紹介している通り。

入浴剤も、流動パラフィンがベースになっているものなら、私の乾燥は収まりやすいということだ。

余談:ソフレって違う意味もあるのね

ここから余談。

このブログで今まで、ソフレソフレと叫んできたけれど、ソフレには違う意味もあることを、今さらながらに知った。

ソフレとは? ⇒ 添い寝するだけの友だちのこと。

へええ〜!びっくりしました。そんな言葉があったとは。

私が好きなソフレは、そのソフレじゃなくて、入浴剤。

薬用ソフレ 濃厚しっとり入浴液 ホワイトフローラルの香り 480mL (医薬部外品)

こっちのソフレもいいですよ(薬用ソフレ 濃厚しっとり入浴液

スポンサーリンク
スポンサーリンク