ミニピル(セラゼッタ)の飲み忘れ対処方法。不正出血や避妊効果はいつからか

ミニピルのセラゼッタを服用開始して56日目、初めて飲み忘れをしてしまった(ほぼ24時間の飲み忘れ)。

飲み忘れについて検索していたら、改めて、ミニピルについては正しい情報が少ないことを実感。

質問サイトのやり取りなどで、勘違いされていることが多かった点を含めて、情報をまとめてみる。

スポンサーリンク

ミニピルとは何か

まず、そもそもミニピルとは何か?については、このブログでも何度も記事にしてきているけれど、外部サイトでは、ピルの有名サイトである「ピルとのつきあい方」が一番わかりやすかった。

また、セラゼッタの処方をしている皮膚科のブログ「肌のクリニック院長の肌ブログ」の情報も詳しい。

※このブログ内のミニピルの記事はこちらから見られる。

飲み忘れの許容時間は、基本的に3時間まで

ミニピルは、「黄体ホルモンが少量配合されているだけ」のピルなので、低用量ピルよりもさらに、効果が弱い(その分、副作用も弱いので、私はそのメリットを享受するために飲んでいる)。

ピルの代表的トラブルといえば、「飲み忘れ」。

基本的に、どのミニピルも、「3時間以内の飲み忘れはOK・3時間以降の飲み忘れはNG」と案内されているようだ。

私が飲んでいる「セラゼッタ」については、ミニピルであるにもかかわらず、ほぼ排卵を抑制できるタイプなので、12時間以内の飲み忘れはOKとされている。

デソゲストレルを使用したミニピルであるCerazetteでは、
ほぼ排卵を抑止できますので12時間の飲み忘れまでは許容されます。
ピルとのつきあい方

ただし、前述の皮膚科のブログによれば、排卵抑制率は97%なので、避妊効果を確実に得るためには、3時間以内の飲み忘れにとどめておいた方が良いとのこと。以下引用。

当院で処方しているセラゼッタは排卵も抑制するため、飲み忘れても12時間以内のずれであれば問題ないとされていますが、排卵抑制の効果は97%ですので、当院では他のミニピルと同様に3時間以内のずれに留めるように指導しています。
肌のクリニック院長の肌ブログ

セラゼッタ3時間以上の飲み忘れがあった場合の対処法

では、3時間以上の飲み忘れがあった場合は、どうすれば良いのだろうか?

前述の皮膚科のブログでは、下記のように説明されている。

3時間以上飲み忘れがあった場合には、その後の7日間は他の避妊方法を併用することで、避妊成功率を上げることができます。
肌のクリニック院長の肌ブログ

  • 飲み忘れ後、7日間は他の避妊方法の併用が必要

ということは、

  • 飲み忘れ後、7日間で避妊効果が復活する

ということが読み取れる。

また、ミニピルの場合は、休薬期間がないので、休薬期間に入るという措置はない。これを間違えている人が多かった。

ミニピルは、同じ一定量のホルモンが含有された錠剤を、365日、毎日飲み続ける。

なので、飲み忘れた場合も、対処法は単純で、また継続して飲み続けるというだけ。

できるだけ飲み忘れの被害を小さくするためには、飲み忘れに気付いた時点ですぐ1錠飲み、次の服用時間が来た時点でまた1錠飲む、というやり方がいい。

セラゼッタ24時間飲み忘れ後の不正出血

飲み忘れたら、その後7日間継続服用すると、またミニピルの効果は復活する。

一方、私が気にしているのは「不正出血」について。

初めてセラゼッタを飲み始めて、7日目〜22日目頃まで、ダラダラと少量の出血が続いていた。これがわずらわしかった。

その後、出血が止まった23日目から、飲み忘れする56日目まで、1カ月以上の間、まったく出血がなく快適な状態で推移してきていた。

ミニピルは、消退出血自体がなくなる人、毎月生理のように出血がある人、数カ月に1度のペースで出血がある人……と、さまざま。私は、消退出血自体が起きなくなるといいなと思っていた(起きなくなるパターンの人も多い)。

で、せっかく出血なしで快調に過ごしていたのに、飲み忘れがきっかけで、またダラダラとした不正出血が始まったら嫌だな、と思っていた。

今のところ、出血する気配はなし。もしも、その後変化があったら、追記する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク