やっぱり「亜鉛」はすごい。寝起き改善しすぎ!(肌にも髪にも◎)

常時15〜20種類を飲むほど、サプリが大好き。

なかでも、わずか数百円で、どこでも購入できて、しかも絶大な体感効果があるおすすめサプリは、「亜鉛」だ。

スポンサーリンク

体内で超重要な働きをしまくる亜鉛という栄養素

亜鉛がないと、口から摂取したタンパク質を利用できない

まず第一に、亜鉛は「タンパク質の代謝」に関わっている。

つまり、亜鉛がないと、食事で食べたタンパク質を、体に栄養として取り込むことができないのだ。

すると、タンパク質が材料となって構成されている、肌・髪・爪・筋肉などに、悪影響が出てしまう。

肌荒れがひどかったり、髪がボロボロになったりするとき、実は、

  • 亜鉛不足

が原因のケースは多い。それなのに、多くの人は、ここが盲点になっている。

亜鉛がないと、細胞分裂できない

さらに、亜鉛は「核酸の合成」にも関わっている。

つまり、亜鉛は、細胞が分裂するために必要な成分ということ。

私たちの体は、細胞分裂によって新陳代謝を繰り返している。

亜鉛がないと、私たちは肌や髪の細胞を、生成したり再生したりすることができない。

亜鉛がないと、動けない酵素がたくさんある

もうひとつ。

亜鉛は、酵素を動かすための「補酵素」として働く。

亜鉛が補助してあげないと、働くことができない酵素が、300種類もあるのだ。

これはイコール、亜鉛がないと機能しない体の機能が、たくさんあるということ。

こんなに重要な栄養素だから、体の具合が悪いとき、肌や髪の調子が悪いとき、まずは亜鉛不足を疑ってみる必要がある。

亜鉛を飲むだけで、効果てきめん、ということも多々考えられるのだ。

亜鉛の効果

亜鉛の代表的な効果をまとめると、次のようになる。

  • 肌・髪の健康を維持する
  • 成長を促進する
  • 正常な味覚を維持する
  • 抜け毛を防ぐ
  • 生殖機能を維持する

美容と健康に、欠かせないのが、亜鉛。

亜鉛は本当に、大事。

私が実際に亜鉛を飲んだ感想は?

私が初めて亜鉛のサプリを飲んだのが何年前か覚えていないけれど、「明らかな違い」を翌朝に感じて、びっくりしたのをよく覚えている。

それまで、私は朝に弱く、なかなか起きられなかった。目覚ましにたたき起こされる生活。

それが、亜鉛を飲んでいると、目覚ましが鳴る前に、

  • パッ!

と目が覚める感じ。寝切れが良くなるというか。

ちなみに、特別な亜鉛を飲んだわけでは、まったくない。

どこのドラッグストアにも売っている安い亜鉛だ。こちら↓

ディアナチュラ亜鉛(60日)

私とは非常に相性が良い亜鉛(ディアナチュラ亜鉛

ただ、同じ価格帯の亜鉛でも、DHCなどは合わなかったので相性はあるかもしれない。

私が愛用しているディアナチュラの亜鉛は、60日分で約460円。1カ月あたり230円

たったの230円で、美容にも健康にも効くのだから、すごいコスパ。

常時15種類以上のサプリメントを飲む中で、亜鉛は欠かさず常にスタメン選手。

亜鉛を飲んでいると、

  • どんなに忙しくても肌の調子が大崩れしない
  • 疲れているときに多めに飲むと翌朝元気になれる
  • 髪の毛の抜け毛や白髪のトラブルなし
  • まつげが強くなる

というのが、本当にありがたい。

裏技:亜鉛を食前に飲むと、食欲抑制にもなる

もう一つ、裏技的な使い方。

  • 亜鉛を食前に飲むと、食欲抑制にもなる

というのも、Amazonのレビューでたまに★1の評価を付けている人を見ていると、胃の調子を悪くしている。

これが、私にとってはちょうど良く作用するのか、食前に飲むと、あまり食べなくてもすぐお腹いっぱいになる(胃痛や吐き気などのネガティブは全然ない)。

私の亜鉛サプリメントの飲み方

1日1錠(14mg)を夕食前に飲んでいる。

亜鉛はビタミンCと相性が良く、一緒に飲むと吸収率がアップするので、ビタミンCのサプリもこのタイミングで一緒に飲む。

「今日は疲れたな……」という日は、就寝前に、もう1錠追加。

これで翌日まで疲れを持ち越すことはない。

他のほとんどのサプリメントは、個人輸入で海外のものを飲んでいるが、亜鉛はディアナチュラで十分に効果がある感じがする。

補足:亜鉛はハゲる?DHTと亜鉛の関係

ここからは補足。

「亜鉛を飲むとハゲる」という情報もあれば、逆に「亜鉛を飲むとハゲが治る」という情報もあって、混乱しやすいので整理しておく。

まず、DHT(ジヒドロテストステロン)(=悪玉の強力な男性ホルモン)が増えると、AGA(男性型脱毛症)を発症する。

DHTが増える
AGAになる

だから、DHTを抑制すると、AGAを予防することができる

そして、

  • 亜鉛は、テストステロン(=普通の男性ホルモン)が、DHT化するのを抑制する効果がある
亜鉛を摂る
DHTが減る

つまり、亜鉛には、AGAの原因であるDHTを減らす効果があるので、結果としてAGAを予防するのだ。

ただし、亜鉛を極端に取り過ぎると、テストステロン自体が増えてしまうリスクがある。

すると、いくら亜鉛が、テストステロンがDHT化するのを抑制しても、テストステロンの母数が増えれば、相対的にDHTの量が増えてしまう可能性がある。

だから、亜鉛の摂りすぎには注意が必要、ということだ。

結論としては、男性ホルモン過多によるAGAの治療目的で亜鉛を取る場合は、適量をコンスタントに続けるのが良さそう

ちなみに、上記は「ニキビ」に関しても、同じメカニズムが当てはまる。

DHTが増えるとニキビの原因になるので、ニキビ治療目的で亜鉛を取る場合も、適量をコンスタントに続けるのが良い。

私が飲んでいる亜鉛サプリメントはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク