蒸しタオル洗顔の効果がスゴい。朝スキンケア後メイク前の順番。一日中肌がピカピカになる洗顔方法

最近、私は「目の周りにシワを作らない」ということに、熱く燃えている。

その一環として、毎朝、蒸しタオルのスチーム保湿洗顔をすることにした。

スポンサーリンク

私は元々、朝は洗顔しない

私は元々、朝は洗顔しない。ウェットティッシュ的なもので拭くだけ。

ズボラボ 朝用ふき取り化粧水シート 35枚

こういう系統のふき取りシートをいろいろ愛用(ズボラボ 朝用ふき取り化粧水シート

昔(10代〜20代前半まで)は、これで何にも問題がなかった。ただ、「30代の冬期」は、ちょいと事情が違うなと、最近思っている。

というのも、目元をちゃんと保湿しないと、妙にシワっぽくなる。まだ本当のシワはできていないのに、シワシワに見えるのは嫌だ!という、抵抗。

スキンケアを内側に押し込めるテクニックとしてのスチーム保湿洗顔

対策として、朝のふき取りウェットティッシュを、「蒸しタオル」に変更することにした。

ちょうど良いタオルないかな?と思い、検索したところ、今治美肌タオル付きのムック本を発見。

本の中身を読まなくてもAmazonページの画像を見るだけでだいたいやり方はわかってしまう(こちら

だいたい私のやり方も、この本に書いてある通りなのだけれど、

  1. ニベアを顔に塗りたくる
  2. タオルをお湯で絞る
  3. 顔にタオルを乗せる
  4. タオルの上から手のひらで押さえる
  5. 顔をふき取る

という順序。朝、これをやっておくと、肌のうるおいが長持ちする。

また、夜の入浴時にこれをすると、すっごく気持ちいい

湯船に浸かって、「ふ〜っ」と一息つくあの瞬間が、倍増される感じ。

  • ふううううう〜っ

と、力の抜け方、リラックスの仕方がすごい。タオルを顔に乗せるだけなのに。

お湯の温度は低くても十分

ちなみに、前述のムック本を読んで良かったのは、お湯の温度は低くても蒸しタオルは作れると気付いたこと。

今まで、蒸しタオルというと、沸騰させた熱湯を作らないといけないと思っていた。

それが面倒なので、電子レンジでチンしたりもしたけれど、それさえも面倒に感じてしまったり。

しかし、水道の蛇口から出てくる範囲の熱さのお湯でも、蒸しタオル効果は得られることがわかった。

私は食材を「50度洗い」するために、お湯は50度まで出るようにしている。その50度で絞れば、蒸しタオルはできる。

冷めて、まだ蒸しタオルしたかったら、もう一度絞ればいいだけなので、追加も簡単。

もっと熱い蒸しタオルを使いたい日は、50度で絞った後のタオルに、ウォーターサーバーの熱湯をほんの少し、垂らして使っている。

目元のシワっぽさがすぐに消えていく快挙

この蒸しタオル洗顔は、シワをうるおいに変える力が、かなり強い。

普段はニベアを塗りたくった上から蒸しタオルしているけれど、この間、ポーラのアイクリームを塗った後にやってみたら、シワっぽさがすぐになくなった。

大事にチビチビ使用中

ちなみに、私は過去に、ナノケアのスチーマーを持っていた。しかし、なぜか、肌荒れしてしまうので、手放している。

高かったのに合わなかった

一方、タダ(無料)で今すぐできるのに、肌荒れどころか、効果抜群の蒸しタオルは、本当にエライ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク