つるつるボディを目指すなら、お風呂でナイロンタオルで洗うのをやめるべし(おすすめは手で洗うこと)

結論から書いてしまうと、お風呂で体を洗う用のナイロンタオル。

あれは肌に良くないからやめるべし。

スポンサーリンク

10年、ナイロンタオルを使わなかったら肌が…

実家で暮らしていた子どもの頃、ナイロンタオルで洗うのが当然という家だった。

何の疑問を持たずに、ナイロンタオルで泡立てて、ガシガシ体中を洗っていた。

しかし、一人暮らしを始めて少し経った頃、美容雑誌で「体は、手で洗った方が良い」という情報を見つけた。

元来、ミニマリストの気がある私は、ナイロンタオルを浴室に置かなくて良くなるなんていいじゃない、と思い、早速「手で洗う」スタイルを採用。

恐らく、それがきっかけだったと思う。

肌に触れる人から、必ず驚かれるようになったのは。

自分では気付いていなかったけれど、相当、私の肌の触り心地は、良くなっていたらしい。

ツルツル、柔らかい、赤ちゃんみたい。という肌になっていた。全身が。

乾燥とも無縁の肌に

それから、乾燥とも無縁の肌になれた。

それまでは、冬になると、腰のあたりからかゆみが始まって、我慢できずにかきむしってしまうこともあるほどだった。

ボディミルクを塗ったりして、がんばってケアしていた覚えがある。

しかし、これを書きながら気付いたけれど、私はボディミルクやオイルの類いを使っていない。

使わずして、しっとり・ツルツル肌。とても得した気分。

かかとがまったくガサガサしない

これは、ナイロンタオルを使っていないせいなのか分からないけれど。

私はかかとの角質が、まったく厚くならない。ガサガサしてストッキングが引っかかったりしたことがない。

かかとの角質けずり(ピーラーみたいなの)などが売っているけれど、ああいうのは、一度手を出すと、一生やり続けることになる。

何らかの目的があって厚くなっているかかとを、その根本原因を解決しないままに削ったって、また厚くなるに決まっている。

そのとき、最初よりも確実に厚さは増していくだろう。

だから、放置プレーが一番良いと思っている。

同じ理由で、足の角質をボロボロはがすパック的なものも、買ったことがない。

自分に合うボディソープはよく選んだ方が良いかも

ただ、ナイロンタオルを使わず、余計なケアをせず、手で洗えばそれだけで万事OKか?というとそうでもなく、自分に合うボディソープは妥協せずに吟味した方が良いかもしれない。

ボディソープが合わないと、背中ニキビや乾燥の原因になる。

私はとあるベビー用のボディソープを長年愛用している。

それにしてから体のニキビができたことがないので、合っているのだろう。

そして、よくすすぐ

洗う以上に時間をかけているのが、すすぎ。

洗うときは、手に泡を取ったら、パパパパパーッと全身なでるようにあっという間に洗い終わる。

そして、倍以上の時間をかけて、シャワーを浴びてすすいでいる。

どんなに自分に合う、肌にやさしい洗浄料でも、肌に残すと肌にダメージを与える。

だから、すすぎは気合いを入れてやった方がいい。

何事もやりすぎは良くない

タモリ式の入浴法(洗わずに湯船に浸かるだけ)が注目を浴びたこともあるけれど、何事もやりすぎは良くない。

とかく最近は、ぼうっとしていると、あっという間に洗いすぎになってしまう。

汚れていないのに洗う必要はないし、必要な角質を削る必要はないし、できるだけ、肌の「自力」を助けるようにしてあげれば、肌はどんどんきれいになる。

ナイロンタオルでガシガシ、肌を削るように洗って、「乾燥する!」といってボディミルクを塗りたくる。

それって、なんだかとってももったいない。

ナイロンタオルとボディミルクをやめると、今度は肌が自分でうるおって、自分でつるつるになっていく。

「やめる美容」は奥が深くて、効果が高くて、本当に大好きだなと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク