“【体験談】コーヒーエネマ(腸内洗浄・コーヒー浣腸)に…”のコーヒーエネマはどうやってやめたのか?

以前書いた「コーヒーエネマ」の記事にご質問いただいたので、ここで回答させていただこうと思う。

スポンサーリンク

Q.コーヒーエネマを、どうやってやめましたか?

まず、元の記事はこちら。

私は過去に、「コーヒーエネマ(コーヒー浣腸)」という、腸内洗浄の一種を行っていたことがある。上記記事には、その話が細かく書いてある。

お尻から、コーヒーを入れて、それを出すという、数ある民間療法の中でも、かなりハードルの高いもの。

2015年に、コーヒーエネマに使うコーヒー「カフェコロン」販売会社の役員たちが、逮捕される事件があった。だから、そのニュースで知った人も多いかもしれない。

そしてご質問は、

コーヒーエネマを、どうやってやめましたか?

これって、結構難しい質問だなあ、と思った。

私は「強力わかもと」という、どこのドラッグストアにも置いてある整腸剤に出会ってから、快腸生活をしている。

強力わかもとについての詳しい記事

ただ、コーヒーエネマをしていた頃は、まだ強力わかもとを飲んでいなかった。

コーヒーエネマは自然と使わなくなっていった

私の場合、「コーヒーエネマをやめよう!」と決心してやめたわけではない。

徐々に自然と遠のいてしまい、そのままやめた、という経緯だった。

元々、

  • コーヒーエネマをしていると、自力で排便できる腸が育つ
    (コーヒーエネマに依存性はない)

という情報があったので、それならいいな、と思い開始している。

しかし、続けるうちに、少なくとも私の場合は、

  • コーヒーエネマをやればやるほど、コーヒーエネマなしには排便できない

という状態に追い込まれていった。

それは、私が望むものではなかった。だから、徐々に、コーヒーエネマへの熱意が冷めていったと思う。

今だったら、整腸剤を飲みながら回数を減らしていくかも

もし仮に、現在私がコーヒーエネマをしていて、「やめたい」と思ったとしたら、強力わかもとなどの、自分に合いそうな整腸剤を気長な気持ちで飲みながら、徐々にコーヒーエネマの回数を減らしていくと思う。

毎日やっていたのなら、1日おきに変えて、さらに3日おきに変えて……という具合に。

今振り返ると、コーヒーエネマって、ものすごく、大変だった

大変だと感じたのは、私には合っていなかったからかもしれない。

なかには、とてもコーヒーエネマが合っていて、無理することなく続けられる人もいるようだ。そういう人は、体がOKと言っているのだろう。

そうでない場合に、無理して続けるのではなく、徐々にやめていくのは、体にやさしい選択だと思う。

私の場合、大変な思いでコーヒーエネマをやっていても、

  • やせない・ダイエット効果なし(むしろむくむ、おなかが張る)
  • 宿便なんてものは出ない(そもそも存在しない)
  • 脱腸しそう(痔になりそう)
  • 便秘解消できない etc.

と、デメリットばかり目立ってきた。そうなると、やめよう!としなくても、自然と遠のいていった。

そして、コーヒーエネマを行わない日が続いた中で、あるとき、

  • 「よし、捨てよう!」

と思い立ち、シリンジや残りのコーヒーをサクッと捨てた。

その後、またコーヒーエネマをしたいと思うことはなく、そのまま今に至る。これが、私のコーヒーエネマのやめ方だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク