【体験談】医療レーザーでVIO脱毛。湘南美容外科でアレキサンドライト1回目終了。痛みや効果を口コミ

医療レーザー脱毛で、VIOを脱毛してきた。あれこれ検討した結果、選んだクリニックは湘南美容クリニックで、レーザーの種類はアレキサンドライト(ジェントルレーズ)

  • 「どれだけ痛いのか?」
  • 「デリケートゾーンが荒れたりするの?」
  • 「終わった後のチクチク感は大丈夫?」etc.

事前にいろいろな不安があったけれど、終わってみたらものすごくあっけなかった

私の体験談をできるだけ詳しく書いてみることにした。

スポンサーリンク

最近、医療レーザー脱毛欲がフツフツと湧いていた

最近、医療レーザー脱毛をしたいという気持ちが湧いていた。

その思うところは、下記の記事に書いた。

上記記事内では、アリシアクリニックを検討していたのだけれど、結局、湘南美容外科クリニックでやった。

理由は、1回14,580円・3回29,800円という安さ

  • 「サロンの光脱毛じゃないよね??医療レーザー脱毛だよね??」

と聞きたくなるほど安い。

照射回数は3回以下で考えていた

前回の記事で書いた通り、私はパナソニックの電動脱毛器「ソイエ」を使い続けることで、ワキの永久脱毛に成功している。

ワキ同様に、VIOもかなり薄くなった。しかし、ワキと違うのは、根強くまだらに生えてくるアンダーヘアがあるということ。

その地道な処理が面倒になり、もうこの際、医療レーザー脱毛で撲滅したいと考えての今回の脱毛施術。

なので、回数は3回以下で十分。複数回コースを契約する気はなく、様子を見ながら1回ずつ照射をしていければと思っていた。

もし、1回だけで満足できるレベルまで脱毛できたら、理想的。

1回14,580円の湘南美容外科クリニックが条件に合致

そこへ、1回だけの照射でもわずか14,580円でできる湘南美容外科クリニックが、私の希望条件に合致。

ちなみに、湘南美容外科クリニックの前に検討していたアリシアクリニックの場合、料金の記載は下記の通りになっていた。

※Iラインを無毛にできるスムースプランの場合

先ほどの湘南美容外科クリニックの価格と回数が違うので純粋に比較できないけれど、近しいところで比較すると、下記の通り。

回数 合計金額 1回あたり
アリシアクリニック 5回 85,000円 17,000円
湘南美容外科クリニック 6回 58,000円 9,666円

 

なんと、湘南美容外科クリニックは、アリシアクリニックの43%OFFという結果に。

別の見方をすると、湘南美容外科クリニックの6回照射は、アリシアクリニックの5回照射より27,000円安い

想定より安い料金だった湘南美容外科クリニックは、予算内に収まったので、湘南美容外科クリニックでVIO脱毛をすることにした。

顔のうぶ毛脱毛は、毛硬化リスクを考えてやめた

ところで、前回記事では、

  • 「顔のうぶ毛脱毛もしたい」

と書いていた。

しかし、顔のうぶ毛を脱毛するのはやめた。理由は、「毛硬化」というリスクがあることを知ったから。

毛硬化とは?
レーザーの刺激によって逆に毛を作る組織が活性化してしまい、毛が硬く太くなったり、増えたりする現象のこと。上半身の体毛やうぶ毛で起きやすい

……ということは、顔のうぶ毛は、毛硬化のリスクが他の部位に比較して高いということ。

万が一、顔の毛が一気に太く濃くなったら、キレイになれるどころか、日常生活がままならなくなる。

そんなリスクを取ってまで顔のうぶ毛に悩んでいるわけではないので、あっさりやめた。

予約の電話をして2時間後には、VIO脱毛完了という手軽さ(!)

あれこれネットで検索して調べた結果、

  • 「よし、湘南美容外科クリニックでVIOだけ脱毛しよう」

と思い立った。

そして、最寄りの院に電話したら、その1時間後に空き枠があって、トントン拍子にVIO脱毛してしまった(思い立って2時間後にはVIO脱毛が終わっていたという急展開)。

同じように急ぎで脱毛したい人は、湘南美容外科クリニックのトップページのメニューから「クリニック別空き状況一覧」をクリックすると、直近の空き枠状況が表示されているので、便利。

こんな感じで空いている院が一目瞭然

湘南美容外科クリニックでのVIO脱毛、具体的な工程の詳しい体験記

ここから、湘南美容外科クリニックでのVIO脱毛の工程を具体的に書いていく。

受付

受付で名前を述べると、問診票を渡された。書き終えると、診察券が渡される。

こげ茶色の冊子状ファイルと、番号札を渡され、

  • 「今日は(名前ではなく)この番号でお呼びします」

とのこと。

これはありがたい。先日行った他の美容クリニックでは、いちいちフルネームで大きな声で呼ばれるのが嫌だった(高級路線で知られているクリニックなのに)。

看護師による医療レーザー脱毛に関する説明

その後、番号を呼ばれ小さな仕切りのあるペースに入ると、自分のスマホで医療レーザー脱毛に関する説明動画を見るように言われ、アクセス方法を説明される。

自分のスマホで見させるとは新しい。動画の内容は、基本的な医療レーザー脱毛に関するレクチャー。

見終わったら呼び出しボタンを押す。すると、看護師がやってきて、一通り施術について説明してくれた。

湘南美容外科クリニックでは2種類のレーザーを使っており、どちらかひとつを選ぶ。その説明も、このタイミングでされた。

選べる2種類は、

  • 医療レーザー脱毛の定番の「アレキサンドライト(ジェントルレーズ)」
  • 湘南美容外科クリニック独自の「ウルトラ美肌脱毛」

アレキサンドライト(ジェントルレーズ)を選択

結論、私は、アレキサンドライトにした。2種類の違いは、簡単に下記の通り。

痛み アプローチ領域 毛が抜ける期間
アレキサンドライト 強い 毛乳頭・毛母細胞 1〜2週間
ウルトラ美肌脱毛 弱い バルク領域(発毛因子) 3〜4週間

 

湘南美容外科クリニックでは「両者の脱毛効果は同じ」と案内されていたけれど、私はバルク領域へのアプローチでの脱毛効果に懐疑的なので、最初から「アレキサンドライト(ジェントルレーズ)」しか考えていなかった。

また、レーザーで脱毛して1週間程度経過すると、死んだ毛がシュルンと勝手に抜けて面白いのだけれど、抜けるまでの期間は、ウルトラ美肌脱毛の方が長い。

すぐにキレイにしたかったので、やはりアレキサンドライトの方を選択した。

「アレキサンドライト」「ジェントルレーズ」とは何?

「アレキサンドライト」「ジェントルレーズ」と、よくわからないカタカナ言葉が出てきて混乱してしまうので、一度ここで整理する。

「アレキサンドライト」はレーザーの名前で、「ジェントルレーズ」はマシン(機械)の名前

ジェントルレーズは、アレキサンドライトというレーザーを照射できるマシンのこと。

アレキサンドライトレーザーが照射できるマシンは、ジェントルレーズの他にもいくつかある。

  • ジェントルレーズ
  • APOGEE ELITE(アポジーエリート)
  • G-MAX(Gentle Max Pro/ジェントルマックスプロ)etc.

ジェントルレーズは、「キャンデラ」という会社が製造しているマシンで、アレキサンドライトレーザーが照射できるマシンの中で、最も有名で国内の実績も多い。

湘南美容外科クリニックで導入しているのもジェントルレーズで、ジェントルレーズのマシンを使ってアレキサンドライトレーザーが照射できるというわけ。

医師によるデリケートゾーンの診察と注意事項伝達

その後、簡易ベッドのある診察室へ移動し、医師による診察。下半身は下着まで脱ぎ、上からタオルを巻く(小学校のときにプールで使ったタイプのアレ)。

ブルーム スピードライ ガーゼキッズラップタオル 子供用巻きタオル (ネイビー) kidsrap
こういう感じのもの

案内してくれた看護師より、

  • 「医師は男性ですが、必ず一緒に女性看護師が入りますので」

とのこと。

着替え終わってしばらくすると、男性医師と女性看護師が登場。指示通り簡易ベッドに横になると、女性看護師がタオルをめくる。

驚いたのが、そのスピード!こちらへの配慮ということなのか、

  • 「絶対そんな瞬間的に診察なんてできないでしょ!(笑)」

というスピード感。

看護師が、

  • バッ!(めくる)→サッ!(戻す)

てな具合で、ほんと1秒ほどの出来事。

それを見た(?)医師は、

  • 「だいじょうぶでしょう!」

とコメント。

まあ、何か問題あれば、看護師がレーザー照射する時点で気付くわけで、医師のチェックは本当に便宜上の診察という感じだった。

その後、医師から

  • 「毛が抜けるというよりも、徐々に細くなると考えてください」
  • 「照射を繰り返すことで徐々に効果が得られるものなので、気長にやっていきましょう」

とのこと。

あわよくば1回で終わらせようとしている私は、気長になんて考えていないけれど、期待値を下げてクレーム予防をするための会話なのだろうとおとなしく聞く。

カウンセラーによる説明・支払

一度待合室側に戻り、カウンセラーと個室に入る。そこで料金の確認と同意書へのサインを行い、支払を行う。

 看護師による医療レーザー照射

いよいよ、処置室へ移動。

簡易カーテンで仕切られている狭いスペースに、グレー色の大きなマシンが置いてある。これがジェントルレーズか!とまじまじと見てしまう。

下半身裸になって、簡易ベッドに横になる。隣の処置室から、「ピッ、ピッ、ピッ、ピッ……」とレーザーの音が聞こえてくる。1ショットごとに「ピッ」という音がしているらしい。

看護師登場

看護師が登場し、脱毛部位の確認。それから、変なゴーグルを装着。

「変な」というのは、普通のゴーグルではなくて、オレンジ色のシリコン製でできていて、顔の上に乗せるだけのミニサイズのもの(乗せているだけなので、横を向いたら落ちる)。

シェービングできていないところはシェービングしてもらう(有料だけれどやってもらうと楽)。

レーザー照射開始

そしていよいよ、照射開始。

何が心配って、一番は痛み

ネット上では、

  • 「痛くて耐えられなくて出力を下げてもらった」
  • 「出産より痛い」
  • 「冷や汗でびっしょりになった」

などの声を、散々見ていたので。

しかし、結論から書くと、私は全然、痛くなかった。全然というと語弊があるけれど、普通に耐えられるレベル。もう少し痛みが少なかったら、寝られるレベル。

冷却装置が優秀なのか、私の毛が少ないからなのか

ジェントルレーズは、冷却ガスが照射と同時に出るようになっていて、

  • 「シュパンッ!」(冷たいのが出る)
  • 「ピッ!」(マシンの電子音)

の2つの音が同時に、1秒ごとに鳴り続いている感じだった。

その“シュパン!”の冷却効果によって、痛みはまひし、かなり軽減されていた印象。

また、私の場合は、すでにアンダーヘアの本数が少なくなっているので、その分、痛みも少ないのかもしれない。

それにしても、こんなに痛くないとは思わなかったので、ラッキー。

「痛かった!」という声多数なので、私はレアケースだろうが、こんなラッキーパターンもあるということ。

特に恥ずかしいとは思わなかった

シェービングをお願いしたこともあって、すみずみまで手入れしてもらった印象。ただ、全然恥ずかしいとは思わなかった。

看護師も仕事として慣れきっているし、こちらもそれで割り切ってしまっていたので。

所要時間30分ほど?でVIOレーザー全照射完了

Vラインから始まったレーザー照射は順調に進み、Iラインへと進む。

Iラインも、痛みは余裕で我慢できる程度。

最後にうつぶせになって、Oラインを照射してもらった。Oラインも、それほど痛くない。

VIO脱毛1回目終了後の肌の様子。チクチク感や乾燥は?

VIO脱毛1回目終了後の私の感想は、

  • 「なーーーーんともない」
  • 「あっけない」
  • 「こんな簡単なら早くすれば良かった」

というもの。

事前に、ヒリヒリするとか乾燥するとか、いろいろ聞いていたので、「こんなにあっけなくていいのかしら……??」と思うほどに、なんともない。

ヒリヒリもしない、特に乾燥もしない、チクチク感もない

夜、シャワーを浴びたときにデリケートゾーンに触れてみたけれど、いつもと同じ。何も異変が起きていない。医療レーザー脱毛をした痕跡が全然ない

いや、もちろん、シェービングした後にレーザーを当てているので、ツルンツルンではある。しかし、肌がダメージを受けている様子はまったく感じられなかった。良かった。

その後、翌日夜(照射36時間後)になって、若干、デリケートゾーンが乾燥してかゆい感じがしたものの、保湿したらすぐに落ち着いた。

これが、1週間後、1カ月後、2カ月後……と、どういう経過をたどるのかは、また別途記事にしてUPしていく予定。

そして、2回目の照射をするとしたら、3カ月後くらいにしようと思っている。

私が施術を受けたクリニックはこちら

スポンサーリンク
この記事の続編はこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク