VIO脱毛は恥ずかしくありませんでしたか?

2018年1月分の質問回答その2。

VIO脱毛は、恥ずかしくありませんでしたか?
スポンサーリンク

恥ずかしくないと割り切ったので恥ずかしくなかった

VIO脱毛は、本来であれば、相当、恥ずかしい。

私はシェービングもお願いしていたので、すみずみまで、お手入れされてしまった。

私のデリケートゾーンを、さんさんと輝く明るい蛍光灯の下で、くまなくお手入れした人は、あの看護師さんしかいない。

しかし、私は医療レーザー脱毛をクリニックで行ったので、

  • 「看護師さんに医療行為をしてもらっている」

と脳内変換して、「まったく恥ずかしいことではない」と割り切ったので、恥ずかしくなかった。

  • 看護師さんだからそういうことも慣れている(恥ずかしいとかいう次元じゃない)

と、思い込んだというか。

看護師さんも、いい感じで看護師さんっぽかった

看護師さんも、いい感じで看護師さんっぽかった。

というのは、必要以上の丁重さはなくて、患者さんに接するくらいのライトな対応というか。

サロン脱毛だったら、恥ずかしかったかも?

私は、脱毛サロンは利用したことがない。

脱毛サロンで、私を「お客様」として丁寧に接客してくれるエステティシャンが相手だったら、もしかしたら恥ずかしかったかもしれない。

恥ずかしい思いしないために知っておきたいVIO脱毛前のマナー

ところで、VIO脱毛は、本当にデリケートゾーンが半端なくあらわになるので、恥ずかしい思いをしないためのマナーは守る必要があると思った。

私がVIO脱毛をしてもらったクリニックでは、注意書きに、

  • 必ず事前にウォシュレットを使ってきてください

という趣旨の文章が書いてあった。

クリニックに行く前にシャワーを浴びたり、ウォシュレットや専用シートでIゾーン・Oゾーンを清潔にしたりするのは必須。

また、リアルな話、デリケートゾーンのびらびら(ひだ)を動かしたり伸ばしたりしながら、すみずみまでレーザーを照射される。

うっかりしていると、間におりものが残っていたりするかもしれない。なので、いつもより丁寧に念入りに洗浄しておいた方が良い。

おすすめ記事
スポンサーリンク