歯科矯正のリテーナーを、つけおき洗浄するためにピッタリでかわいい容器(ミニマグカップ)を発見

久しぶりに、歯科矯正関連の話。

ブラケットが外れてから、その後何年もお世話になる「リテーナー」。

リテーナーを、洗浄剤につけておくのにぴったりのカップを見つけた。

スポンサーリンク

リテーナー洗浄剤に入れる水の量は、150ml程度

まず、改めて「リテーナーの洗浄に必要な水の容量って?」と調べ直した。

ポリデント矯正用リテーナー・マウスピース用洗浄剤 48錠

私が最も評価しているポリデントの矯正用リテーナーには、「150ml」と書いてある。

関連記事

150mlのミニマグカップを発見。しかも大好きな琺瑯

「150ml」が必要な容量とわかったので、それを手がかりにぴったりの容器探しを開始。

そして見つけたのが、イギリスのブランドDexamのミニマグカップ。

【正規輸入品】 デクサム マグ アイボリー S

これが、ぴったり150ml。本来は、エスプレッソ用のカップなのだけれど、とにかく小さくてかわいい。

洗面所に置いておいたら、それだけでテンションが上がる感じ。

私はアイボリーを選んだけれど、他にかわいい赤や青、薄い紫色もあった。

このマグカップ、うれしいことに、材質が琺瑯(ホーロー)なのだ。

琺瑯はニオイが付きにくいし、汚れたときに煮沸消毒や漂白剤の使用が可能

この琺瑯のミニマグに出会う前は、シリコン製のミニコップでリテーナーを浸け置きしていた。

シリコン製だと、洗浄剤のニオイが付いて、取れない。別にそのコップで水を飲むわけではないので、ニオイが付いてもいいといえばいいが、ニオイと一緒に汚れも付いていそうで、どうも気持ち悪い。

その点、琺瑯は、特別なお手入れをしなくても、全然ニオイが移らない。清潔に使えている感じがして、気持ちが良い。

さらに、滅菌したいときは丸ごと煮沸消毒ができるし、酸素系漂白剤に浸けておけば、除菌も漂白もできる。

リテーナーとの付き合いは永続的に続いていく

ブラケットが外れて、リテーナー生活になって、もうすぐ2年になる。

数日外していたからといって、もう歯が動いたりしない程度には安定している。けれど、それでもリテーナーは、付けられるだけ付けている。

就寝中はもちろん、日中も外したい予定がなければ、ずっと付けっぱなし。

リテーナー生活が始まったばかりの頃は、

  • 「面倒だ!」
  • 「しゃべりづらい!」
  • 「早く終わらないかな!」

と思っていたが、もうすっかり慣れてしまった。

付けていてもネガティブなことはないし、歯のことを考えると、リテーナーはできる限り付けておくに越したことはない。

永久的に続いていくリテーナーとの付き合いだから、つけおき容器にもちょっとこだわったら、毎日が楽しくなった気がする。

この記事をシェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク