「むしゃくしゃした時の瞑想」という音源を聞いたら、スーッと心が静かになってうれしい

先日、前世療法の音源を聞いて、号泣した話を書いた。

このとき、Amazonオーディブルの初月無料に申し込んだので、他にも良い音源があれば聞いておきたいと思い、いくつかを聞いた。

その中で「むしゃくしゃした時の瞑想」という音源が、とても良かった。

スポンサーリンク

レビューが9件入っていて、高評価だったので興味を持つ

まず、「むしゃくしゃした時の瞑想」とは、下記の音源。

むしゃくしゃした時の瞑想

これは12分で、最初のガイダンスで「座るか、あおむけになるか、歩いていてもかまわない」と案内される。

だから、例えば外出しているときに、どうしようもなくイライラしたときなんかに、12分あれば瞑想できる。

この音源を聞いてみようと思ったのは、Audibleの方にレビューが9件入っていて、高評価だったから。

それと、ちょうど、前日にむしゃくしゃしていたから、というのもある。

聞いてみると、癒される男性の声&聞く度に心の垢が取れていきそうな感覚

12分だし、「歩きながらでもいい」という気軽さなので、気楽な気持ちで流してみた。

男性の心地良い声で、聞いているだけでもスーッとリラックスできる感じ。

むしゃくしゃしていた気分が、「あれっ、どこかへ行っている」という状態に。心が静かになった。

「感情を消す」ことの重要性

ところで、常々、私は、

  • 感情をじーーーーっと見る
  • 見つめ尽くしているうちに消えていく

ということを、繰り返し繰り返し行っている。

  • 感情は味わうと消える

という考え方は、いろいろなところで言われているので、知っている人も多いかもしれない。

私にとっては、「味わう」というのがわかりづらい(この言葉と自分の感覚がフィットしない)ので、「じーーーーーーっと見る」と言っている。ただただ、意識の中で、その感情をじーーーーっと見る。見る。見るだけ。

味わおうとか、消化しようとか、ましてはその感情が良いとか悪いとかジャッジする必要はなく、ただ見る、それだけ。

このやり方は、人それぞれ、自分にしっくりくる感覚でやると良いと思う。

味わわれずに蓄積している感情は、心の垢のようなもの。幸福感やインスピレーションを曇らせてしまう。

だから、何度も何度も繰り返し繰り返し、感情を見つけては昇華して自分の中から消していくと、どんどん気分が軽くなり、明るくなっていく。

「感情を味わって昇華する」というプロセスを、プロのガイダンスでいつでもどこでもできる

この「感情を味わって消す」というプロセスを、「むしゃくしゃした時の瞑想」を使うと、プロのガイダンスで上手に行える感じだ。

  • 「これは、今後も使える」

と直感。

私は、自分の軸がぶれたときに、中心に戻るための本や言葉をいくつかストックしているけれど、「音」というのは、あまり持ち合わせていなかった。

本当に自分が落ちているときは、

  • 「文章を読む」

という行為自体がおっくうになったり、なんとか本を開いても、目が滑る感じがして、頭に入ってこなかったりする。主体的に動くのがつらい状況だ。

そんなときでも、「音」なら、スイッチをオンする労力だけがんばれば、その後は受け身でいても、勝手に入ってくる。

そういう意味では、「むしゃくしゃした時の瞑想」は、私の味方になってくれそう。

「むしゃくしゃした時の瞑想」はこちら

この記事をシェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク