「ケールのサラダが食べづらいのですが、どうやって食べていますか?」生のケールのおいしい食べ方

今日からしばし、毎月恒例ご質問回答。

ケールのサラダをまねしてやってみましたが、もしゃもしゃして食べづらいです。どうやって食べているのですか?
スポンサーリンク

確かに、ケールのサラダは一工夫しないと食べづらいかも

まず、私がケールのサラダについて触れている過去記事はこちら。

「ケールのサラダ」って、オーガニックの野菜のお店なんかで食べると、ものすっごくおいしい。

むしゃむしゃ、ずーっと食べていられるくらい。

けれど、それを家でやろう!と思うと、普通に入手できるケールは、結構固めでもしゃもしゃするので、

  • 「あれっ、なんか違う……」

となってしまう。

ケールは、葉っぱの部分だけそいで、粗みじん切りにした後、塩もみする

ケールは、芯がかなり固い。

葉っぱの部分だけを包丁でそぐように切り分け、その後、粗みじん切りにすると食べやすい。

さらに、カットした後に塩をひとつまみ振り掛けて、手で揉む

10分くらい置いておくと、しなしな〜っと柔らかくなって、グッと食べやすくなる。ただ塩を掛けるだけでなく「手で揉む」のがポイントかもしれない。

この上から、オリーブオイルとバルサミコ酢をかけて食べるのが、私は好き。

なお、ケールは近くのスーパーで売っていないので、週に1回、Amazonフレッシュで買っている。

Amazonフレッシュ(初回は3,000円クーポンの入力を忘れずに)

ケールの芯は、ぬか漬けにして食べるとおいしい

ちなみに、葉っぱをそいだ後に残る「ケールの芯」は、炒め物に使う人が多いようだ。

私は、いつもぬか床にそのまま入れて、ぬか漬けにして食べている。少し長めに、24時間以上漬けると、かなりおいしい漬物に。

過去にぬか漬けのことを書いたことがあったけれど、今は使っているものたちが更新されていて、野田琺瑯のぬか漬け美人で漬けている。

野田琺瑯 ぬか漬け美人 TK-32

ぬかは、すでにできあがっているものを利用すると、最初からおいしく漬けられるので便利。

樽の味 熟成発酵のぬか床 1kg
これはおいしくて最初から塩気もちょうど良く漬けられた(樽の味 熟成発酵のぬか床 1kg
この記事をシェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク