フジコの書き足し眉ティントが、すばらしい。こっそりアイシャドウにも使ってみた

先日、ホットヨガに行ってから出掛ける予定があったので、メイク道具一式を持っていって、ホットヨガでシャワーを浴びた後にメイクをしていた。

が、アイブロウを忘れていた。そこで近くのバラエティショップに寄ったときに出会った、「フジコの書き足し眉ティント」が気に入ってしまい、すぐに購入した。

スポンサーリンク

眉ティント自体はもともと好き

眉ティント自体は、もともと好き。過去に記事にしたこともある。

フジコの眉ティントは、初期の頃に購入したものの、色が濃すぎて使い切らなかった(今は、その頃よりも明るい色も発売されている)。

フジコ眉ティント ショコラブラウン

眉ティントは、イモト眉&ペリペリはがすのが嫌。はがさない眉ティントってないの?

最近は、眉ティントは保有しているものの、使用頻度が減っていた。

理由は、

  • 定着中のイモト眉が嫌
  • ペリペリはがすのが嫌

という2つ。

耐えられないほど嫌なわけではないものの、「ちょっとやだ」と思っていることが複数あると、「なんか面倒」となって、徐々に遠ざかってしまう。

それで、

  • 「はがさない眉ティントってないの?」

なんて、思っていたところだった。

たまたま手に取った「書き足し眉ティント」

そんなとき、アイブロウを求めて寄ったバラエティショップで見つけたのが、フジコの書き足し眉ティント。

フジコ書き足し眉ティント ナチュラルブラウン

コンセプトとしては、通常の眉ティントを使っていて、眉毛が消えてきてしまったときに、書き足すためのアイテム、ということのよう。

これ、眉ティントの書き足しではなく、普通に単品で使って使いやすい。独特の筆の形状が書きやすいし、なんせ「ティント」なので、消えないのがいい。

はがすタイプの眉ティントに比較するとモチは悪いものの、ウォータープルーフのアイブロウに比較するとかなりモチがいい。

絶対ダメだろうけどアイシャドウとしても使ってしまっている

それから、メーカー推奨の使い方からかけ離れており、絶対NGとは思いつつ「アイシャドウ」としても使ってみている。

ホットヨガや、これからの季節、海やプールで水に濡れても消えないメイクとしては重宝する。

ただ、目もとなので人にはおすすめはできない。

現在30代の私は、10代の頃に「油性ペンのマッキーでアイラインを書く」というのが流行って、友人がマッキーでまぶたを塗っているのを見ている。そんなこんなで、この辺の感覚がゆるい。

フジコ書き足し眉ティント ナチュラルブラウンはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク