Kindle・オーディオブック・マンガと同じ本3つめ。大嶋信頼著〈「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法〉はマンガもおすすめ

自分でも本当に好きなんだなあ、と思う。

大嶋信頼さんの著書は、Kindleやオーディオブックであれば全部購入しているが、今回、〈「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法〉のマンガ版が出ていたので、また買った。

マンガは、簡単に読めるし、また違った方向から、ぐぐぐぐぐぐっ!と入ってきて、すごくいい。

スポンサーリンク

今までに15冊読んだ大嶋信頼さんの本

まず、大嶋信頼さんの本に関しての過去記事はこちら。

現時点で改めて数えてみたら、今までに大嶋信頼さんの本を15冊、読んでいた。

「リミットレス読了」の記事を書いたのは3月だったが、それから現時点まで3カ月の間に、下記の3冊の本も読んだ。

いちいち悩まなくなる 口ぐせリセット
「気にしすぎてうまくいかない」がなくなる本
その苦しみはあなたのものでない (SIBAA BOOKS)

ちなみに、モノを家に増やしたくないので、基本的にはKindle版が出るのを待ってから購入している。

ただ、一番下の黄色い表紙の「その苦しみはあなたのものでない」は、Kindle版が販売されていないにもかかわらず、どうしても読みたくてたまらなかったので、紙の書籍で購入した(買って本当に良かったとしか思えない、私にとってすばらしい本だった)。

「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法 は、初めて読んだ大嶋信頼さんの本

で、先日、16冊目となる大嶋信頼さんの本を購入したのだけれど、それが〈「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法〉のマンガ版。

マンガ版の原作である〈「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法〉は、私が初めて読んだ大嶋信頼さんの本だ。

「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法

この本を読んだところから、大嶋信頼さんの本を読破していく日々が始まった。実際に、自分が困っていた状況に「明らかな変化」をもたらしてくれた本だったからこそ、その後もずっと継続して読み続けることになったと思う。

この本には、苦しい心理状態をクリアしてくれる「暗示」がいくつか出てくる。より刷り込みたくて、ナレーターが音声で読み上げてくれるオーディオブック版(こちら)を見つけたときには、これも購入した。

iPhoneに入れているので、苦手な人に会う前に聞いたりして、助けられている。

2018年5月にマンガ版が発売されているのを発見

私にとって大切な本である〈「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法〉だが、2018年5月24日発売で、漫画版が発売されているのを発見した。

マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法

本もオーディオブックも持っているので、「同じ本で漫画までいる??」と思ったけれど、購入者レビュー評価が非常に良かったので、買ってみることにした(こちら)。

マンガの力はすごい!するする入ってくる

書籍でも音声でも知っている内容のはずなのに、まったく新しいものを読んでいるかのように、するすると入ってくるのが、このマンガの不思議なところ。

ただそのまま書籍をマンガ化したわけではなく、登場人物が新たに設定されて、全体がマンガとして再設計されていた。

言っていることは同じなのだけれど、形が違うから、書籍では気にも留めていなかった箇所が、グッと心に刺さってきたり、同じ箇所でも「なるほど!!!」と理解が深まったり。

それに、「がんばって」文字を追って読む必要のない、気軽なマンガというのもうれしい。

初めて大嶋信頼さんの本を読む人にもすすめやすい

大嶋信頼さんの本を初めて読む人にも、マンガだと読みやすいのでおすすめだなと思った。

マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク