ナッツを食べても太らないけど下腹部はポッコリ出る

最近、おなかがペタンコの状態が続いている。「何かしたっけな?」と思ったら、ナッツを食べていなかった。

スポンサーリンク

私にとってナッツは太らない食材なので過食していた

「ナッツなんて、カロリー高い!」「太る!」というのは少々古い情報。ここ何年か、ナッツの美容効果・健康効果が取りざたされている。

私は10年くらい前に、ローフードにハマっていたときに、「生のアーモンド※1」に出会った。あまりにおいしくて、ローフードから離れてからも、よくナッツを食べるようになった。

※1:「生のナッツは湿気ている感じがしておいしくない」という声をよく聞くけれど、それは外れのナッツを食べてしまったのだと思う。当たりのナッツは本当においしい。

当たりのナッツを探すためには、オーガニック系のものを試すといい。私がよく食べていたのは、「ナチュラルキッチン」のもの。

一気に一袋食べる勢いで大好き(オーガニック 3種の生ナッツミックス

ちょっと話が脱線してしまった。

もとの話に戻ると、ナッツは、今までの私自身の実体験だと、いくら食べても太らない。本当に。

汚い話で申し訳ないのだけれど、大量に食べても、ナッツは消化しきれないようで、そのまま出てきてしまうのだ。

例えば、断食的に食べ物を制限しているときに、「ナッツだけOK」にしたりする。

ナッツしか食べないので、1日に300gとか食べてしまったりするわけだ。

ざっくりナッツは100g・600kcal。となると、300g食べれば1,800kcal。

やせるためには多すぎるカロリーになるけれど、ところがどっこい、ナッツだけ生活をしていると、1日1kgレベルでがんがんやせていくのだ(あくまで私の場合)。

私はカロリー神話を全然信じていないので、この現象も至極納得していた。

ただ、体重や体脂肪率的には太らないものの、ナッツは下腹部ポッコリの原因になっていたようなのだ。

未消化の重みで胃下垂&内臓下垂を助長する?

ここからは仮説。

私は胃下垂&内臓下垂を持っている。だから、ナッツを積極的に食べていた頃、下腹部がポッコリ出てきたけれど「胃下垂がひどくなってしまったかな〜」と思っていた。

ナッツは、消化が良くない。だから未消化の状態で胃腸に長く停滞する。

すると、ただでさえ下垂している私の胃腸は、さらに下垂してしまったのでは?と思った。

ナッツを一切食べなくなって、2週間ほどしたら、それが治ったようだ。

前はちょっと食べるとすぐに下腹部が出ていたのに、今は多少食べすぎても、下腹部はペタッとへこんだまま。

ナッツの過食に注意

ナッツを食べる場合は、「少量をよくかんで」が非常に大切だと思った。

しかし、ローフードや糖質制限などで、「ナッツはOK食材」と思うがあまり、今度は逆にナッツの過食にハマって苦しんでいる人を多く見てきた。

ナッツを食べ始めるととまらず、「少量をよくかんで」という自制が効かない人は、「一切食べない」と決めても良いかもしれない。

どんなに体に良い食べ物でも、食べすぎるなら食べない方がマシだなと思う今日のこの頃。

スポンサーリンク