男性ホルモンとは何か(テストステロンの精神面・身体面への効果)

漠然と「男性ホルモン」という言葉を聞くが、具体的に「男性ホルモン」とは何なのだろうか。

スポンサーリンク

男性ホルモンとは

男性ホルモンにはいくつか種類がありますが、中でも代表的なものが「テストステロン」です。テストステロンは睾丸(精巣)で作られ、男性ホルモンの95%を占めています。
http://menshealth-md.com/testosterone/

「テストステロン」は男性ホルモンの一種。一種とはいえ、95%を占めているので、ほぼ「テストステロン」だ。

ある米国の研究では、テストステロンの量で地域男性を4段階に分類しました。すると一番高いグループの人は一番低いグループの人と比較して、脳梗塞や心筋梗塞など血管系の病気にかかる割合が約5割も少なかったという驚きの結果が出たのです。また、がんにかかる割合も約3割も少なかったという調査結果となりました。
http://menshealth-md.com/testosterone/

テストステロンが多い方が病気になりにくいらしい。さらに、テストステロンが多い方が「言語能力が高くなる」という。

テストステロンがあるレベル以上になると、言語能力も高くなっていくそうです。そのため、画家や俳優、音楽家といった芸術分野で働く人々だけではなく、一般の社会においても自分を表現するためには、非常に大きな働きを果たしているのです。
http://menshealth-md.com/testosterone/

弁達者な人はテストステロンが多いということか。

しかも、男性は男性同士で男性ホルモンを嗅ぎ分けることができるのだという。

男性は男性同士、相手の男性ホルモンの量を嗅ぎ分ける力を備えているといわれ、男性は男性ホルモンの高い人を支持する傾向にあります。
http://menshealth-md.com/testosterone/

そして、テストステロンにはドーパミンの分泌量を増やす効果も。

報酬系が出す幸福感の元はドーパミンという神経伝達物質ですが、これを出すようにしむけているのが他ならぬテストステロン。
http://menshealth-md.com/testosterone/

これだけすごいポイントを並べ立てられたら、「うわ!男性ホルモンすごい!」と思ってしまう。が、参照元サイトはテストステロンをコンセプトにした医療機関の広告サイトの趣旨があるようなので、それは差し引いて考えた方が良さそうだ。

男性ホルモンの効果とは

まず体面では、

ヒゲや太い骨格といった男性らしいたくましい体をつくることはもちろん、筋肉の増加やバイタリティを高める作用、男性性器の発育と機能の維持や性欲を高める作用もあります。
http://menshealth-md.com/testosterone/

精神面では、

「幸福感」や「やる気」の元となるドーパミンを産生させる働きがあります。さらには、神経や血管から作られ、血管の状態を正常に保つ一酸化窒素(NO)を産生する働きも担っています。
http://menshealth-md.com/testosterone/

心にも体にも重要なホルモンであることがわかる。

テストステロン(男性ホルモン)は血管の状態を正常に保つ一酸化窒素(NO)を産生する働きがあるのは前述のとおり。一酸化窒素(NO)が分泌されることによって、血管や臓器にコレステロールなどの不純物が留まりにくくなります。事実、テストステロン値が高い男性は生活習慣病にかかるリスクが低いという医学調査も。
http://menshealth-md.com/testosterone/

ということなので、「一酸化窒素(NO)」不足による症状には男性ホルモンが効く、といえる。

スポンサーリンク