笑うと歯茎が出るガミースマイルは歯科矯正で改善する?上の歯を押し込む治し方

30過ぎてから歯科矯正を始めた私にとって、始める前に調べまくったのが、「ガミースマイル」に関する情報だった。

スポンサーリンク

ガミースマイルとは?

ガミースマイルとは、笑うと、上の歯茎が出てしまう状態のこと。

歯茎が出ていると、どうも品がない印象になってしまう。老化現象のひとつといわれることもある。

ガミースマイルのせいで、口を押さえないと笑えなかったり、笑顔に自信が持てなかったりする人も。

こればかりは、メイクではカバーし切れないので、ガミースマイルがひどくなるのはつらいものがある。

歯科矯正でガミースマイルになってしまったという人も

私が30を過ぎてから歯科矯正をするにあたり、気になったのが「大人になってから歯科矯正したら、ガミースマイルがひどくなった」という人がいたこと。

もちろん、歯科矯正で口元のバランスが変わることはあるだろうし、同時に3〜4年という時間を矯正にかけるわけだから、その間の経年老化もある。

老化のせいなのか、矯正のせいなのか、判断つきにくいのも困るところで、明確に答えとなる情報は見つけられなかった。

私は歯科矯正で、歯茎が前よりも見えなくなった

結局、結論を得られないまま、歯科矯正へ突入。

結果、私はガミースマイルにならなかったし、矯正前よりも明らかに歯茎が見えなくなった。

以前はガミースマイルとまではいかないものの、笑うと多少歯茎が見えかかっていたところ、今は全然見えなくなった。

矯正を振り返ってみると、私の場合、もともと前歯が長くなっていたようで、初期の頃に「前歯を押し込む」という動きをかけていた。

調べてみると、ガミースマイルの矯正目的で行う歯科矯正の場合、同じような処置をするらしい。

歯列矯正だけで治すこともあります。上顎の左右の歯を1本ずつ抜歯し、矯正用のインプラントと歯の表面につけるブラケット矯正で行います。上の歯を歯茎の方へ押し込んでいきます。上顎の歯を歯茎の方に移動させることによって歯茎が見える部分を少なくして治していきます。費用は80万円程度、期間は2.5年程度です。
聖心美容クリニック

ということは、私は図らずも、ガミースマイルの矯正と同じことをしていたわけだ。

事前によく矯正医と相談を

私は特に主治医とガミースマイルについて相談しておらず、結果オーライという感じだった。

でも、すでにガミースマイルの傾向がある人や、絶対にガミースマイルになりたくない人は、事前に矯正医と相談しておくと良さそう。

歯の状態次第ではあるけれど、「上の歯を押し込む」処置が可能かもしれない。



スポンサーリンク