唐揚げダイエットは本当に痩せた。食べ放題で太るはずがキープ以下の快挙(ただし糖質制限は必須)

唐揚げが好き。お肉というより、あの「カリカリ・サクサク」の食感が魅力的。

週刊現代の「逆さま健康食」という特集記事の中でも、「油っこいものは食べたほうがいい」として、医師のコメントが掲載されていた。

実際に、唐揚げを食べまくったけれど、痩せた話(ただし、糖質制限と併用は必須)。

スポンサーリンク

油っこいものは食べたほうがいい!

以下、「週刊現代 2017年2月11日号」に掲載されていた記事より引用。

ダイエットの天敵といえば「揚げ物」。痩せたいのなら、まず油っこいものを控えるのは常識だ。

しかし「それは大きな間違い」と語るのは、沖縄徳洲会・こくらクリニック院長の渡辺信幸氏。同氏は『唐揚げダイエット』の提唱者でもある。

「未だに多くの人が肥満の原因は油だと思っていますが、それは誤解で、実は太る一番の要因は、白米やパンなどの『糖質』なんです。

そのため油っこいものを食べてもまったく問題はないのです。我慢しているほうがよくない。

肉の脂身もしっかりと摂ることで、身体の代謝が上昇し、脂肪燃焼の働きも良くなるので、痩せやすく太りにくい体質に変わっていくのです

まずはお腹がすいたら、コンビニでおにぎりを買うところを唐揚げに代えてみてください」
週刊現代 2017年2月11日号 | P187

おにぎりよりも、唐揚げの方が、太らない」という主張。

これは、まったくもって、その通りだと思う。

私の体験談:唐揚げ食べ放題に行ってまで大量に食べてみた

チェーン店の「鳥どり」や、新宿御苑前の「トリロー」、神田の「有頂天酒場」など、食べ放題で唐揚げを食べさせてくれるお店って、実は結構ある。

どうせ食べるなら、思いっきり食べたいと思い、1週間の間に複数回というハイペースで、唐揚げ食べ放題で食べまくってみた。

ただし、

  • ご飯は食べない
  • ビールは飲まない

というのは必須。

<唐揚げ+ご飯+ビール>のフルコンボで太らないとは、誰も言っていないので、要注意。

  • ご飯やスイーツなどの炭水化物を食べるよりは、唐揚げを思う存分食べた方が、太らない

という話だ。

15個くらい食べると、さすがにおなかいっぱいに……

私は、体重(40kg前半)の割には、男性と変わらないくらい、1度にたくさん食べることができる。

なので、

  • ビュッフェ
  • 食べ放題
  • サラダバー

の類いでは、リミット知らずでたくさん食べることができるのだけれど、唐揚げの場合、

  • 限界がやってくる

のが、想定外に早い。

本気で食べても、だいたい15個くらいで限界に

そんな調子で週に複数回、唐揚げ食べまくり

そんな調子で、週に複数回、唐揚げを食べまくり生活をして、1カ月ほど。

さすがに、唐揚げ自体に飽きてしまった。

そこで、久しぶりに体重を計ってみると。

  • 「おおお。減ってる……」

微増で済んでいればOK、と思っていたところ、キープどころかやや減、という結果に。

しかも、なぜか、脚が細くなった感じがする

タンパク質の大量摂取で、むくみがスコンと抜けたのかもしれない。

あれ?カロリー計算すると意外に低い!

糖質制限をする上で、カロリー神話は信用していないけれど、どれくらい食べたのか計算してみることにした。

唐揚げのカロリーが1個70kcalだとすると、

  • 70kcal × 15個 = 1,050kcal

……あれっ。

今、計算してみて、びっくり。意外にカロリーが低いではないか。

仮にがんばって20個食べたとしても、1,400kcalだ。

こんなに高カロリーなのに、太らないんですよ」という話をしようと思ったのに。

これが、炭水化物のオンパレードなビュッフェなら、思いっきり食べたら、あっという間に3,000kcal、4,000kcalと超えてしまうところなのに、唐揚げは意外に低カロリーだった。

唐揚げ単体なら、唐揚げは痩せ食材

結論として、私自身の人体実験結果としても、「唐揚げダイエット」は成り立つと思う。

唐揚げ単体で食べるならば。

お酒を飲みたいときは、ビールはやめて、「ハイボール」にしておこう。