糖質制限OK?化学調味料無添加?松田のマヨネーズ辛口・甘口の原材料と栄養素成分表

糖質制限中に大活躍する調味料が「マヨネーズ」。

食品の成分や原材料、栄養素にこだわりのある人の中で人気のマヨネーズに「松田のマヨネーズ」がある。

スポンサーリンク

原材料のこだわりがスゴい松田のマヨネーズ

「株式会社ななくさの郷」が発売元。

白砂糖不使用はもちろん、あらゆる原材料にこだわりつくして作られている。

  • 圧搾絞りなたね油(ヘキサン・リン酸・シリコン不使用)
  • 平飼いの有精卵(遺伝子組み換えの餌不使用)
  • りんご果汁100%のりんご酢(アルコール不使用)
  • 海の精(伊豆大島の海水から伝統的な製造法で作られた海塩)
  • 甘み蜂が集めたはちみつ100%
  • 香辛料からし菜の種粉末から作ったマスタード

これだけのこだわりなので、他のマヨネーズとはひと味違う。

同じ料理でも、松田のマヨネーズを使うと、料理のレベルがワンランクアップする感じ。

マヨネーズがお友達の糖質制限中は、ぜひともおいしいマヨネーズを使いたいもの。

そんなニーズにピタリと答えてくれる味を提供してくれる。

松田のマヨネーズの原材料と栄養成分表

松田のマヨネーズには、「甘口」「辛口」の2種類がある。

甘口が甘いという意味ではなく、辛口に比べて辛くないという意味とのこと。甘口の方がマスタードの量が少ないということらしい。

下記は、松田のマヨネーズを作った松田社長の言葉。

 「辛口と甘口の2種類があるのはお客さんの好みだから。

甘口と辛口の味の違いはマスタードの量が違うだけで、甘口っていったって甘いわけじゃないんですよ。辛くないだけです。

どちらかを選ぶ楽しみもあるし、自分でつくるからにはいい食べ物を食べてもらいたいっていうのがあるから、両方の味をつくるのがお客さんのためだと思った」
JAS法まで変えた「松田のマヨネーズ」の存在感

甘口と辛口、どちらが人気かというと「辛口」だそうだ。Amazonでも、甘口のレビュー数が17に対し、辛口のレビュー数が27(2017/01/29現在)。

では早速、辛口・甘口両方の栄養素をチェックしていこう。

辛口タイプ

 松田のマヨネーズ 辛口 300g

原材料   食用なたね油(遺伝子組換えでない)、卵、りんご酢、食塩、蜂蜜、香辛料(マスタード、コショウ)
栄養成分表
(100gあたり)
 エネルギー 714kcal
たんぱく質 1.8g
脂質 77.7g
炭水化物 1.4g
ナトリウム 461mg
トランス脂肪酸 1.48g

甘口タイプ

松田のマヨネーズ 甘口 300g

原材料  食用なたね油(遺伝子組換えでない)、卵、りんご酢、食塩、蜂蜜、香辛料(マスタード、コショウ)
栄養成分表
(100gあたり)
 エネルギー 700kcal
たんぱく質 1.9g
脂質 76.2g
炭水化物 1.5g
ナトリウム 461mg
トランス脂肪酸 1.5g

栄養成分は甘口でも辛口でもほぼ変わらない。

炭水化物は100g中、辛口が1.4g、甘口が1.5g。

キューピーのマヨネーズの糖質が100g中0.7g程度なので、それに比較すると倍になる。

とはいえ、糖質制限的には松田のマヨネーズでも充分適用範囲内。

一食で大さじ1杯(12g)の松田のマヨネーズを取ったら、
糖質量は辛口が0.16g、甘口が0.18g。

1日の糖質5g以下など、極端に厳密な制限をしている人でない限りはわずかな誤差の範囲だろう。

おいしくて糖質オフ、原材料も安全。

松田のマヨネーズは糖質制限のお供にぴったりだ。

松田のマヨネーズ辛口はこちら
松田のマヨネーズ甘口はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク