腸内フローラとは何か(善玉菌・悪玉菌・日和見菌のお花畑)

「腸内フローラ」だとか「腸内環境」だとか、頻出ワードだけれど、改めて「何なのか?」をまとめてみた。

スポンサーリンク

腸内環境とは、腸内フローラのこと

「腸内環境が大事」という話は、美容でも健康でもよく聞く。

では腸内環境とは何なのか?というと、それは「腸内フローラ」のことだ。

腸内フローラの良し悪しを指して、腸内環境の良し悪しを語っているわけだ。

腸内フローラとは何?

では、腸内フローラとは何か。

フローラ(flora)とは「花畑」という意味。つまり、

  • 腸内フローラ = 腸内花畑

これだけ聞くと「???」となってしまうが、腸内にはたくさんの細菌が群生していて、それがまるで花畑のように見えるそう。

その、腸内の細菌たちの様子を表した言葉が「腸内フローラ」。

善玉菌が多いとか悪玉菌が多いとか、腸内における細菌たちの生息状況を指しているのだ。

ちなみに、Googleの画像検索で[腸内フローラ 顕微鏡]と検索したら、腸内フローラの写真がたくさん出てくる(こちら)。

1000種類・500兆億個・1kgの腸内細菌

腸内に群生して花畑に見えるくらいだから、その数も桁違い。

なんと、

  • 細菌の種類は1000種類
  • 腸内に生息するのは500兆億個
  • その重さは1kgにもなる

という。1kgの細菌!どれだけいるんだ、という話。

善玉菌・悪玉菌ともうひとつ。日和見菌

腸内環境について語られるとき、

  • 善玉菌を増やして、悪玉菌を減らそう!

というのはよくいわれる。しかし実は、腸内細菌は善玉菌と悪玉菌だけではない。

もうひとつ、「日和見菌(ひよりみきん)」という、善でも悪でもない細菌が存在する。

「日和見(ひよりみ)」とは?
物事のなりゆきを見て、有利な方につこうとすること。大辞林

つまり、日和見菌とは、腸内で善玉菌が有利になれば善玉菌につくし、悪玉菌が有利になれば悪玉菌になる。

そして、日和見菌は、腸内で圧倒的多数だ。過半数が日和見菌なのだ。

「腸内環境を整える」とは、善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスを整えること

漠然と「腸内環境を整える」という言葉を使いがちだけれど、腸内環境を整えるということは具体的に、

  • 善玉菌・悪玉菌・日和見菌の数のバランスを整える

ということだ。

というのも、腸内に生息できる細菌の上限数は決まっている。悪玉菌や日和見菌の数はそのまま、善玉菌だけガンガン増やす、なんてことはできない。

善玉菌が増えれば、その分、悪玉菌・日和見菌が減る。逆もまた然り。限られたスペースの中で、善玉菌・悪玉菌・日和見菌が、陣取り合戦をしているようなものだ。

その陣取り合戦、理想的なバランスは、

  • 善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7

といわれている。図にするとこんな感じ。

20%の善玉菌をしっかり守っていくことが超重要になるのだ。

ではどうすれば善玉菌を増やせるのか?という点については、また次回改めて記事にしようと思う。

スポンサーリンク