スタバでエクストラホイップ(増量)を乗せまくっても太らなかった

糖質制限を徹底的にやりすぎて、あるとき、食欲中枢がおかしなことになった。

それで、スターバックスのドリンクに、ホイップを乗せまくっていたが、振り返ると、よく太らなかったなと思う。

スポンサーリンク

乳製品は、食べれば食べるほど、食欲増進した

かなり徹底した糖質制限に長期間取り組んでいたとき、炭水化物を含む主食が取れない分、

  • チーズ
  • 生クリーム
  • バター

は無制限にしていた。すると、おかしなことに、乳製品って、食べれば食べるほど、

  • もっと、もっと、もっと!!

と、欲しくなってしまうのだ。

食欲増進はガゼインのせい?

本来、乳製品に含まれる、

  • タンパク質
  • ガゼイン
  • 脂質

などは、「食欲を抑制するもの」として語られることが多い。

ところが、逆にアレルギーなどを持っていると、腸の調子がおかしくなって、食欲が暴発することもあるらしい。

今思えば、何らかの乳製品の成分が、食欲のトリガーになっていたような気がする。

チーズや、ホイップ・生クリームを取り始めたら、止まらなくなった

  • チーズはいくら食べても太らない
  • 生クリームを100cc飲むと良い
  • バターを食べるとやせる

糖質制限の周辺には、こんな情報が多々あったので、人体実験だと思って試していた。

すると、チーズや生クリームの量が、どんどん増えてしまった。

もともと、チーズや生クリームの味が好きだったこともあるけれど、それにしても、振り返ると、「ギョッ」とする量。

チーズ1箱、生クリーム1パック、という単位で。

今思うと、恐ろしい量のホイップを摂取

なぜだかわからないけれど、一時、乳製品依存症のようになった私は、毎日、大量のチーズやら生クリームやらを取っていた。

外出先ではチーズを食べることはできないので、スターバックスがお気に入り。

ソイラテやアイスコーヒーに、ホイップ(+50円)を増量(+0円)した「エキストラホイップ」のカスタマイズで飲みまくっていた。

朝・昼・晩と、1日に3回、スタバに通っていたので、相当量のホイップを摂取していたことになる。

しかも、時々、ブラベにもしていた。

ブラベとは?
ベースのミルクを生クリームに変えるカスタマイズ。

しかし40キロ台前半の体重は増えず

で、肝心の、

  • 体重はどうなった?

という話。

普通の尺度で考えると、絶対にデブまっしぐらの食生活にもかかわらず、結果として、体重は40キロ台前半のまま。

これは、

  • かなり厳格な糖質制限と並行していたから

にほかならない。糖質制限なしで、あれだけの量を食べたら、太るどころか病気になるだろう(糖質制限していても、さすがに食べすぎだったとは思っている)。

今は時々食べても、食欲は暴発せず平和

それから程なくして、ホイップやチーズ生活から脱却し、今は程よく、楽しむ程度。

糖質制限を維持している限りは、生クリーム・チーズ・バターなどを食べても、早々太らない。

ただ、標準体重以下の人に注意して欲しいのは、

  • 太らないけれど、痩せもしない

ということ。

標準体重以上の人が、肉やチーズを食べまくりでも痩せるので、

  • 糖質制限は、ガンガンやせる!

とアピールされることが多いのだけれど、あくまでも「標準体重以上の人」の話。

標準体重以下の人が、糖質制限でやせるためには、カロリー制限も並行して必要だなと思う。

おすすめ記事

  • すべての〈糖質制限〉関連記事はこちらから
スポンサーリンク
スポンサーリンク