歯の裏の黒いコーヒー着色や茶渋を今すぐ取りたい→自宅で5分で白くした方法

あるとき、何気なく鏡で歯の裏を見たら、真っ黒で驚愕。そのとき自宅にあった、2つのアイテムで、5分でキレイに真っ白になった方法。

スポンサーリンク

ある夏、アイスコーヒーをストローで飲みすぎたら…

ある夏のこと。そのシーズン、私はアイスコーヒーにハマりまくっていた。

しかし、歯に着色するのが嫌なので、必ずストローを使い、歯の表面に付かないように、ストローを口の奥にくわえ気味にして飲んでいた。

これが、もろに歯の裏に当たっていたらしく、あるとき、何気なく歯の裏を鏡で見たら、

  • まっくろ

で、心底、驚愕してしまった。

今すぐに歯医者に行ってクリーニングしたい気分だったけれど、とりあえず、家にあるものでなんとかしてみよう、と思い立った。

使ったものは、ハクサンシコーと綿棒

結論から書くと、

  • ハクサンシコーを綿棒に付けてこすったら、あっという間に真っ白になった

以上。

ハクサンシコーは、歯のクレンザー的なもので、600円程度。Amazonなどで購入できる。

ハクサンシコー

ちょっと見た目は昭和&怪しいけれど、昔からある定番のホワイトニングアイテム
ハクサンシコー

最初はハクサンシコーを説明書通りに歯ブラシに付けてこすったものの、微々たる程度しか、取れない。

そこで、

  • 綿棒

に付けてこすってみたら、綿棒に茶色が移るほど、落ちる、落ちる!

歯医者でクリーニングしてもらっても、完璧に落としてもらえるとは限らない。

自分でケアできる、とても良い方法を発見した。

ハクサンシコー以外にも、

  • 歯の消しゴム的なもの
  • クロスで磨くもの

など、着色汚れを落とすとうたっているものは、いくつか試したことがある。

しかし、ハクサンシコーほどの威力を持っているものには、いまだ出会ったことがない

補足:付属の歯ブラシは掃除用に…

ハクサンシコーには、白い歯ブラシが付属で付いてくるのだけれど、これでこすっても、あまり歯が白くならない(付けないほうが、良いのでは…と思うくらい)。

この歯ブラシは、家の掃除用になっていて、もっぱら、綿棒(あるいは、普段使っている歯ブラシ)で使用している。



スポンサーリンク