小麦粉なし唐揚げ。「乾燥おから」で代用すると小麦粉よりもおいしい!糖質制限におすすめレシピ

糖質制限をしているときに生み出した、激ウマ&糖質オフの調理法。小麦アレルギーの人にも。

スポンサーリンク

小麦代用は、100円程度で購入できる、乾燥おからが超優秀

糖質制限をすると、

  • お肉
  • お魚

をたくさん食べるようになる。

一方で、お肉やお魚を“カリッ!”“パリッ!”と焼いたり揚げたりする「」として活躍する、

  • 小麦粉
  • パン粉
  • 片栗粉

は、NG食材となる。

そこで、小麦粉の代用として、超おすすめなのが、

  • 乾燥おから

なのだ。

サラサラタイプではなく、粗挽きタイプがおすすめ

選び方の注意点として、粒子が細かいサラサラタイプではなく、「粗挽きタイプ」のほうがおすすめ。

「超微粉」なんてアピールしているおからが、ネット上でよく売られているのだけれど、お肉の衣代わりなら、細かすぎないおからのほうが、むしろ良い

微粒子タイプのおからは、クッキーやおから餅を作るときには向いている。

お肉の衣として使うときには、粗挽きのほうが、カリッと焼き上がっておいしい(小麦粉とパン粉の中間みたいな役割をしてくれる)。

私がいつも愛用しているのは、さとの雪のおからパウダー

これさえあれば、お肉料理もお魚料理も、グーンとレベルアップ(おからパウダー

ざっくりしているところが、料理にはとても使いやすい。

使い方はカンタン、小麦粉代わりに使うだけ

使い方はとてもカンタンで、小麦粉代わりに使うだけ。

その中でも特にカンタンなのは、

  • ポリ袋に全部入れて、ブンブン振り回して焼く

というもの。

<材料>
  • 一口大に切ったお好きなお肉・お魚
  • おからパウダー
  • 好きな味付け(お好みで)
  • 塩・こしょう・その他(後述)
<作り方>
  1. 大きめのポリ袋に、おからパウダー、好きな味付け、肉・魚を入れる。
  2. ポリ袋に息を吹き込んで膨らませ、膨らんだ状態で、口をねじって持つ。
  3. 膨らんだポリ袋を「カシャカシャカシャ」と振って、肉・魚にまんべんなくおからパウダーと味付けが行き渡るようにする。
  4. フライパンに油を熱し、ポリ袋の中から取りだした肉・魚をこんがりと焼き上げる。片面強火1分、もう片面強火1分、酒を振り掛けてふたをして中火にし、4〜5分が目安。

これなら、作り方はカンタンでも、味付けとお肉(お魚)のパターンを変えるだけで、レシピは無限。

<作り方>④の工程では、次のようなものを加えるとおいしい。

乾いた粉状の味付け

  • コンソメ
  • かつおだし
  • ゴマ
  • にんにくパウダー
  • ハーブ
  • こしょう
  • 粉末ショウガ etc.

また、粉状ではなく、液体のものを味付けに使いたい場合は、先にその味付けにお肉を漬けておいて、焼く直前に、おからをまぶすようにすると良い。

液体を使う味付け

  • みりん
  • しょうゆ
  • ケチャップ
  • ウスターソース
  • オイスターソース
  • みじん切りした玉ねぎなどの野菜
  • にんにくのすり下ろし
  • ごま油
  • ラー油 etc.

私は糖質制限をやめたとしても、小麦粉よりもおからパウダーを使ったレシピのほうが、おいしくて好きだなと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク