赤面症のせいで、不倫浮気、色恋沙汰に巻き込まれた体験談

赤面症だと、本当に嫌な勘違いをされる。緊張しない人になりたいなんて高望みはしないけれど、緊張したときの症状が、赤面じゃなかったらな。

スポンサーリンク

赤面は、妙な勘違いを引き起こす

赤面症を克服するための方法を、下記にまとめた通り、私は長い間、赤面症と一緒に生きてきた。

振り返ると、赤面症のせいで、つくづく嫌な思いをたくさんしてきたな、と思う。

特定の異性に気があると勘違いされうわさされる

私は、相手に威圧感があったり、苦手なタイプだったりすると、緊張によって赤くなってしまう。

それが、異性だと、やっかいなことになる。

そして、赤面症のつらいところは、

  • 一度、赤面がパターン化すると、何度も繰り返す

ということ。

だから、Aさんに対して一度赤面すると、次にAさんと会ったときも、ほぼ100%赤面する。

それは、Aさんに対して気があるわけでもなんでもないのに、周囲から、

  • 「いつもAさんと話すとき、顔真っ赤だよね」
  • 「あれ、Aさんのこと好きなんじゃないんですか?いつも顔赤いからてっきりそうだと思ってました」

なんて言われるとき、本当にみじめで情けない気持ちになる(どちらも、私が実際に言われたフレーズ)。

本人も、私が顔が赤いと、「気がある」と感じるようで、それで本当に嫌な目に何度もあった。

違う。好きなんかじゃない。赤面症なだけなのに。

同時に、赤面のことを無邪気に指摘してきた人のことは、全員切る勢いで、大っ嫌いになって生きてきた。

  • 人のコンプレックスをからかって、デリカシーなさすぎじゃないか

と思うけれど、コンプレックスだということ自体、まったく気付かないほど、親に愛されて愛情いっぱいに育てられたんだろう。

相手の奧さんに勘違いされて嫌われる

とある、私が緊張して苦手な人の前で、真っ赤になっている場面を、その苦手な人の奧さんに見られたことがあった。

この奧さん、かなり情熱的な人だったようで、

  • 「あの子、真っ赤になっていたけれど、そういう話をしていたんでしょ」
  • 「不倫関係なんでしょ」

という夫婦げんかに発展したそうだ。

それを聞いたとき、それこそ、頭のてっぺんまで赤面したくらい、嫌で嫌で嫌で仕方なかった。

なんてハンディキャップのある体に生まれちゃったんだろう、と思った。

切なくてつらい、けど、この体と一緒に生きていくしかない

もっともっと、大変な体を持っている人がいることは重々わかるけれど、ここは個々人の話で、「比較」の話は、ちょっと置かせていただきたいと思う。

私は、自分がそうだったから、赤面症で悩んでいる人の気持ちが、死ぬほどわかる。わかりすぎる。

でも、そんな不器用な体と、これからも生きていくしかない。

赤面症の人は、自己肯定感がない

赤面症は、

  • 赤面症になりやすいメンタル
  • 赤面しやすい体質・肌質

の両方の条件がそろったときに、発症する。

赤面症の人は、育った環境などの影響で、自己肯定感がない。

自己肯定感がないから、赤面症をこじらせてしまうし、赤面する度に、自己肯定感がそがれていく。

だからこそ、

  • こんな自分、こんな体でも、受け入れる

という考え方に、何度も何度も何度も、擦り込ませるようにチャレンジしていく必要がある。

赤面症の人の闇って、かなり深いから、すぐには無理だけれど、何度も何度も何度も、諦めず繰り返すうちに、ちょっとずつ、肯定感は上がっていく。

いろんな対策を取りながら、自分に合う方法を模索しながら、今よりほんのちょっとでも楽になれますように。

「赤面したことで体験した異性関係の嫌な体験談」を書いていたのに、途中から、脱線してきてしまった。

……それは、嫌な体験談を思い出して書きながら、猛烈につらい気分になってきたから。

今も同じような経験をしている人、いるのだろうな。

あ〜あ。どんな赤面症でもパッと治る薬でも開発されれば良いのに。

スポンサーリンク
スポンサーリンク