下剤乱用中の下腹部ぽっこりは、腸のむくみだった

おなかが少しでもふくらんでいることが嫌で、下剤を乱用していると、そのせいで、下腹部がポッコリしてしまうことがある。

スポンサーリンク

下剤乱用をやめてからわかった、下剤の恐ろしさ

私が過去に摂食障害から下剤乱用に陥っていたことについて、記事にしたことがある。

こちら

下剤乱用をやめてみると、いろいろな体の変化を感じることができた。

その中でも発見だったのは、

  • 下剤を飲んでいるせいで、おなかがポッコリと膨らむことがある

ということ。

全然食べていなくても、下腹部が膨らむ不思議

摂食障害に陥ると、食事量が少なくても、下腹部が膨らむことがある。

それは、私が当時得た知識によれば、

  • 飢餓によるもの

ということだった。

海外の貧困の子どものおなかが膨らんでいるのは「腹水」のせい

ニュースなどで、飢餓の状況にある、痛々しい子どもたちの様子が放映されることがある。

彼らのおなかは、食べ物を食べられないにも関わらず、ポッコリと腫れたように膨らんでいる。

あれは、

  • 腹水

がたまっているのが原因だ。

重度の栄養失調でタンパク質が不足すると、血管の中に水分をため込むアルブミンが不足するので、水分が血管外にしみ出てしまい、おなかなどがポッコリと膨らんでしまう。

でも、自分のポッコリは腹水ではないようだった

拒食症になれば、極度の栄養失調に陥る。だから、当然、腹水でおなかがポッコリしてしまう人は多い。

しかし、私の場合は、下剤を飲んで、腸の内容物を排出すれば、一時的にはおなかがペタンコに戻る。

腹水が原因だったら、排せつしたからといって、ペタンコにはならないだろう。

今思えば、腸がむくんでいたようだ

私は、とにかく脚を細くしたいので、

  • 下半身のむくみ

には、異常なくらいにこだわって、対処をしていた。

しかし、実は下剤乱用によって、

  • 腸のむくみ

を引き起こしていたようだ。これにより、とんでもない悪循環の中にいた気がする。

下剤を飲む
腸がむくむ
おなかポッコリが許せない
さらに下剤を飲む
さらに腸がむくむ
下剤乱用地獄から抜け出せない

「下剤」のせいでおなかがポッコリして、さらに下剤乱用にハマっていくという構図。

下剤をやめたら、おなかがペタンコになった

当時は、

  • 下剤をやめたら、ペタンコのおなかがキープできなくなってしまう

という恐怖に支配されていたけれど、思い切って下剤をやめたら、おなかがペタンコになった。

ちなみにもうひとつ、

  • 下剤をやめたら、太る(私がやせているのは、下剤で吸収させずに排出しているから)

という恐怖もあったのだけれど、意外なことに、下剤をやめても、太らなかった。というか、やせた。

それは、

  • 下剤をやめても、毎日排便できる方法を見つけた
  • 下剤をやめたことで、食欲が正常化して食べすぎなくなった

という理由によると思う。

下剤をやめても排便できたのは、昔からある整腸剤の「強力 わかもと」を飲むようになって、それが自分に合っていたから。

細かい話は、冒頭でも紹介した下記記事に記載してある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク