続・ぬか漬けダイエット。本格化するためにジップロック袋を卒業しタッパーを購入

袋状のジップロックでお手軽に始めたぬか漬け。本格的に続けるために、タッパーを購入。

スポンサーリンク

ぬか漬けダイエット、やせる♡

下記記事に書いたように、大好きなぬか漬けを毎日食べて、菌活&ダイエットを開始。

ジップロックと熟成済のぬか床で、超カンタンにぬか漬けダイエット開始
腸を整える「菌活」とダイエットのために、ぬか漬け生活をスタートした。 とはいえ、楽チンに失敗なく続けるために、ジップロックと熟成ぬか床を購...

袋状のジップロックを使って、お手軽&簡単をコンセプトに始めてみたら、これがイイ!

  • おいしい
  • 楽しい
  • やせる

の3拍子そろって、

  • 「これは長く続けられそうだ!」

という手応え抜群。

本格的にやるなら、ジップロック袋よりタッパーのほうが格段に効率的

できるだけ手軽に始めるために、ジップロックで開始したぬか漬け。

しかし、本格的に続けるのであれば、タッパーを使ったほうが、効率的。

タッパーを使ったほうが効率的な理由

かき混ぜやすい

ジップロック袋を使うメリットは、

  • 手でかき混ぜなくてOK(袋の上からモミモミすればOK)

ということ。

しかし、本格的にぬか漬けをやり出すと、しっかりかき混ぜたくなる。

しっかりかき混ぜるためには、ジップロック袋は不向き。

たっぷり一気に作りやすい

イージージッパーのジップロックLサイズに漬けられるのは、きゅうり3本が限度。

ガンガンぬか漬けを作って、どんどん食べようとすると、これでは足りなくなってくる。

タッパーを購入することに決定

以上の理由から、私はジップロック袋のぬか漬け作りを卒業し、新たにタッパーを購入することに決定した。

野田琺瑯を購入しなかった理由

ネットで検索すると、ぬか漬け用に、野田琺瑯の容器を使っている人が、本当に多い。

○メーカー型番:TK-32 ○サイズ:本体/幅25.5×奥行16×高さ12cm 水取器/5.5×4.7×5.5cm ○本体重量:1.19kg  ○本体:ホーロー 蓋:ポリエチレン(EVA樹脂) ○容量:3.2L

確かに、見た目がシンプルで美しいし、フォトジェニックだし、冷蔵庫に入っていたらテンション上がるんだろうな、と思った。

で、野田琺瑯の容器も検討したのだけれど、結果として私は購入しなかった。

野田琺瑯に感じたデメリット

かき混ぜにくい

何事も、継続するためには、

  • 継続しやすい環境づくり

が大切だと思う。そのためには、

  • 事前にネガティブ要素は排除しておくこと

が必要だ。

野田琺瑯は、

  • 角に丸みがないので奥までかき混ぜにくい

というレビューがあった。

重い

私は、キッチンで使用するものの「重さ」と、

  • 面倒くさいと感じる度

は比例すると思う。

「重い」というだけで、「なんとなくおっくう」という気持ちが発生して、それが積み重なると、「もう本当に面倒」という気分を醸成してしまう。

野田琺瑯は、当然、材質がホーローなので、重みがある。本体だけで、1.19kgだ。

さらに、2kg程度のぬかを入れて、野菜を入れるわけだから、軽く3kgは超えてしまう。

これでは、“面倒くささ”があっという間にMAXになってしまうリスクがある。

サイズが小さい

レビューを読んだ結果、

  • きゅうり3本を漬けるのにちょうど良い大きさ
  • きゅうりはサイズによっては切らないと入らない

ということがわかった。これでは、小さすぎる。

きゅうり3本しか入らないなら、ジップロック袋でも良いわけで。

やっぱり、きゅうり6本くらいは入って欲しい。

手を入れずにかき混ぜられる画期的なぬか漬け容器も検討

野田琺瑯を却下してから、いろいろなぬか漬け容器をチェックした。

候補として惹かれたのが、「ぬか床に手を入れずに、ハンドルをクルクル回すだけで、かき混ぜることができる画期的な容器」。

ハンドルを回すだけでぬか床全体をかき混ぜることができるという画期的な容器(ホーローぬか楽

■材質容器:ホーロー(ホーロー用鋼板) ■大きさ高さ:14.8cm幅:16.1cm奥行き:27.0cm■重さ1,140g(ぬか床を除く)適正ぬか床容量:1.2~1.4kg

かなり興味深かったものの、

  • これもホーロー製で重い
  • 漬けられる量が多くない
  • 天地を返すくらいしかかき混ぜられない(らしい)

という点で、こちらも残念ながら却下。

さらに、私の場合は、ハイペースで食べたい。毎日、野菜を取り出して食べたいのだ。

となると、どうしても、どうしても毎日ぬか床に手を突っ込むことになる(野菜を取り出すために)。

それであれば、手を汚さずにぬか床をかき混ぜられるメリットは、それほど感じられないだろうなと思った。

ただ、レビューを読んでいたら大絶賛の人もいたので、それぞれの使い方に合えば、とても良い商品だなと感じた。

結局、500円のタッパーを入手して、超快適

最終的に、

  • 3L以上入る大きなサイズ
  • 底が深すぎない形
  • 軽いプラスチック素材

を条件として探したところ、ひとつだけ、ピッタリ来るものを発見した。

●しっかり密閉・たっぷり収納! 「トンボ ジャンボシール」です ●大容量が嬉しい保存容器です

結論からいえば、この容器が、本当に超・ドンピシャ。

他のどの候補よりも安い値段でありながら、私のニーズにぴったりと答えてくれた。

  • 2kg分のぬかがピッタリ(かき混ぜるときにこぼれない)
  • 底までしっかりかき混ぜやすい
  • 平たいので野菜室の上のトレーにピッタリ入る
  • たくさんの野菜を一気に漬けられる
  • その割に、見た目が大きすぎない etc.

メリットはたくさん。

野菜の量は、「きゅうりだけなら6本」入る感じ(カットせずに丸々OK)。

とても使い勝手が良いので、幸い、毎日使っていても、面倒に感じない。

道具の選び方って、本当に重要だと思う。



スポンサーリンク