東レ浄水器トレビーノの本体、汚れがすごかった。掃除お手入れせず安いモデルを短期間買い替えがおすすめ

東レの浄水器を付けて、野菜を洗ったり、ゆで卵をむいたりするときに使っていたのだけれど、水漏れするなと思って中を見たら、真っ黒だった。焦った。

スポンサーリンク

うちのウォーター事情

我が家では、水は、

  • ウォーターサーバー
  • 2ℓペットボトルの箱買い
  • 東レ・トレビーノの浄水器

を併用して使っている。

ウォーターサーバーは、冷水/温水がすぐに出るので、冷たい水を飲みたいとき、お湯でお茶を作りたいとき、お酒を割りたいときに。

2ℓペットボトルは、やかんで沸かして使うとき、料理に大量に使うときに。

東レ・トレビーノの浄水器は、蛇口に付け、野菜を洗うとき、ゆで卵をむいたりするとき、ぬか漬けを洗うときなど、流水で直接口に入るものに。

という具合で使い分けている。

さらに、浄水器は、原水を「シャワーへの切り替え」できるので、食器や鍋を洗うときに重宝していた。

そんなわけで、東レの浄水器は、なくてはならないものだった。

水漏れが気になって、中を開けてみると、イヤーッ!

あるとき、ゆで卵を作って、東レの浄水器の浄水を流しっぱなしにしながら、殻をむいていた。

すると、ポタポタと、浄水の出口ではないところから、水漏れがしている。

  • 「どこか、緩んでいるのかな?」

と思い、一度、設置しているねじをゆるめて、中身を見てみた。

すると、蛇口部分が真っ黒で、ゴムパッキンもボロボロになっていた

この時点で、東レの浄水器を、3〜4年は使っていたと思う。

カートリッジの変更はしていたけれど、本体のお手入れは、していなかった。

ちなみに、それまで使っていたのは、「スーパースリム 702T」という、コンパクトタイプの浄水器だった。

即・買い替え決定。この機会にハイクラスモデルにしようと思ったけれど——

真っ黒(カビ?)と、ボロボロのゴムは、非常に気持ちが悪いので、すぐに買い替えることにした。

この機会に、ハイクラスモデルにしよう、とも思ったけれど、調べてみると、ハイクラスだからといって、浄水機能がアップするわけでもない。

浄水機能は、あくまでも「カートリッジ」に依存しているわけで。

さらに、ハイクラスになればなるほど、本体が大きくなるのも、イヤだった。

シンクでは、日々洗い物をする。

特に、鍋・フライパンなどの大物を洗うときは、蛇口部分に邪魔な浄水器が居座っていたら、強いストレスになるだろう。

スーパースリム702Tの後継であるSX703Tをリピート購入することに決定

そこで、今まで長年使ってきた「スーパースリム702T」をリピートしたいと思った。

スリムさと、白くてシンプルな見た目が気に入っていたからだ。

しかし、702Tはすでに廃番となっていたので、後継種である「トレビーノ スーパースリム703T(SX703T)」を購入することにした。

Amazonでもやけに高評価レビューが多い(東レ トレビーノ スーパースリム703T 蛇口直結型浄水器 SX703T

702Tより703Tに乗り換えて気付いたこと

デザインがスッキリ

703Tが届いて設置してみると、702T以上に、デザインがスッキリした印象。

できるだけ、キッチンをシンプルにしておきたい私にとっては、これはベストチョイスだったと感じた。

シャワーが改良

さらに、「シャワー」の出方も、水流は十分にありながら、水が飛びはねないやさしさを兼ね備えた感じ。

前は、ちょっと油断してお皿に無尽蔵にシャワーが当たると、

  • ビッシャーン

とあたりに、はねまくることがあった。

それがなくなって、今までよりも洗い物がしやすくなったのは、シャワー口に、何らかの改良が加えられているのだろう。

水流も十分

しかし、かと言って、水流が弱くなっているわけではなく、十分強さがある。

もちろん、水漏れもなくなった。総じて、買い替えて、本当に良かった。

安いモデルを頻繁に買い替えることにした

703T本体は、Amazonでは2,500円前後で販売されているが、楽天などでうまく探すと、1,500〜1,800円程度で売っていることもある(現在の楽天の最安値一覧表はこちら)。

本体には、1個カートリッジが付いているので、下手すると、カートリッジを買い替えるよりも本体ごと買い替えた方が安かったりする。

やはり、「水」はすべての基本となるもの。

清潔さと安全性は、優先して確保していこうと思う。



スポンサーリンク