耳かきしすぎは危険。やりすぎでカビが生えたり鼓膜が破れることも。本来、耳掃除は必要ないらしい

「耳掃除が大好き」という人は、ちょっと注意した方が良い情報。

耳掃除をしすぎると、なんと鼓膜が破れたりカビが生えることまであるというのだ。

スポンサーリンク

耳掃除をしすぎると、どうなる?

今月号の『美的』では、5ページに渡って「耳はキレイの宝庫!」という、耳の特集が組まれている。

その中で気になったのが、「耳掃除のしすぎは危険」という話。以下引用。

【Q】大の耳掃除好きです。毎日キレイにしているのにジュクジュクします

【A】耳掃除のしすぎは危険。カビが生えることも!

「耳掃除は、行いすぎると痛みなどの感覚が麻痺しやすく、気持ち良くなってかきすぎてしまう人がたまにいます。

すると、耳の皮膚がはがれて浸出液が出てきたり、そこにカビが生えてしまうことも

もっと奥まで触ると鼓膜を破ってしまうこともあるので要注意」(有田先生)美的2017年6月号

なんと恐ろしい……。

私自身は、耳掃除が自分ではまったく上手にできないので(すぐ痛くなってしまう)、先日電動の耳かきを買ったところ。

しかし、耳かきが好きで、ずーっと耳かきしている人を、身近に知っている。

  • 耳掃除は、行いすぎると痛みなどの感覚が麻痺しやすく、気持ち良くなってかきすぎてしまう

という状況になっているなら、ちょっと怖い。

私は、自分は耳にちょっと触っただけで痛くなってオカシイと思っていた。

けれど、それってあまり耳かきを頻繁にしないで生きてきたから、正常ってことなのかも。

耳掃除は、本来しなくても、OK

  • 「じゃあ、耳掃除、どうやればいいの?」

と思うけれど、本来、しなくても問題ないそう。

【Q】耳掃除はしなくてもいいって本当?

【A】本当!

「耳アカは本来、寝ている間などにポロリと抜け落ちていくもの。

特にしなくてもいいというのは本当です。

ですが、耳アカがたまりすぎて耳が聞こえにくくなっている人もたまにいるので、様子を見て行って」(有田先生)
美的2017年6月号

耳アカがたまりすぎることなく、自然に落ちている人は、わざわざリスクを冒して耳掃除をする必要はない、というわけだ。

耳掃除をする場合は、「2週間に1回」で良いらしい。

【Q】正しい耳掃除の方法と頻度を教えて!

【A】2週に1回くらい、耳アカのタイプに合わせてケアを

「耳アカがウエットな人は綿棒、ドライな人は耳かきで行うと取れやすいです。

ドライな人が綿棒を使う場合は、お風呂上がりのふやけた状態で行うのがベター。

乾いた状態だと力をかけやすく耳のトラブルを招きがち。

また、耳にこびりついている場合は病院で取るのがおすすめ」(有田先生)美的2017年6月号

私は、先日、電動耳かき(というか耳アカ吸引器)を購入した。

買ってみた。雑誌でよく取れるとおすすめの「電動耳かき」感想レビュー(耳あか乾燥タイプ)
『MONOQLO 2017年5月号』で、「ゴッソリ取れて耳がスッキリ!」と、進化形耳かきとして紹介されているのを見て、衝動買いした結果。 ...

ということは、自然にはがれ落ちたものを、吸引器で時々吸引すれば、それで十分ということだ。

スポンサーリンク