キャベツやキムチを使う「発酵常備菜」レシピ(ザワークラウト&水キムチの作り方)

いま、「常備菜」がブームになっているけれど、常備菜より一足先にブームになった「発酵食」と組み合わせると、さらに美容効果が抜群に。

スポンサーリンク

一気にまとめて作り置きできる常備菜は忙しい女子の味方

週末に、5〜7品を一気にまとめて作り置きし、平日は手作り常備菜をおいしくいただくライフスタイルは、忙しい女子の味方。

やり繰りが大変な子育て中のママはもちろんのこと、美容と健康にこだわるヘルシー女子の中でも、大注目。

発酵食の常備食なら、さらに効果抜群!

常備菜にはいろいろな種類があるものの、美容効果を狙うなら、

  • 発酵食の美容食

が断然おすすめ。

菌活」という言葉が広く知られるようになったように、乳酸菌の豊富な発酵食を日常生活に取り入れることは、体の中からの美を求めているすべての人にとって、最適な方法。

発酵食のメリットって?

「常備菜」はよく知っていても、「発酵食」は、「何それ?」という人が多いかもしれない。

これ、できるようになると、いろいろはかどるおすすめな食べ物。メリットがたくさん。

作るのがカンタンかつ常備菜向き!

発酵食の代表である「ザワークラウト」は、切ってももむだけの手軽さ

しかも、菌の力で長持ちするものが多いので、常備菜として最適。

腸内環境を整えてくれる!

「腸内の様子は肌に出る」と言われるほど、美容と腸内環境の関係は密接。

発酵食は、おいしく食べるだけで、腸内環境を整えてくれる、魔法のような食べ物

風邪を引かなくなる!

ちょっと疲れただけですぐ寝込んでしまったり、何度も風邪を引いてしまったり……。

その原因は、「免疫力の低下」。

発酵食を常備して食べていると、自然と免疫力がアップするので、

  • 「気付いたら、何年も風邪を引いていない!」

というような、健康美が手に入る。

おすすめの発酵常備菜の作り方レシピ

ザワークラウト(発酵キャベツ)

なんと、冷蔵で半年〜1年も保存OKの、万能発酵常備菜。

<材料>
  • キャベツ:1玉
  • 塩:大さじ1
  • キャベツの外側の葉:1枚
<作り方>
  1. キャベツを千切りにし、塩と合わせて、よくもみ込む。
  2. 保存容器に移し、キャベツの外側の葉を上にかぶせて、ふたをする。
  3. 常温で数日置いたあと、冷蔵庫で保管する。

冷蔵庫の中で発酵熟成が進み、徐々に酸味が増していく。

サラダにトッピングしたり、スープに入れたり、さまざまな料理に使える。

水キムチ

水キムチは、辛くないキムチ。辛いキムチ以上に乳酸菌が含まれている、とても優秀な発酵食。

<材料>
  • ☆お米のとぎ汁:1リットル
  • ☆塩:小さじ2
  • ☆砂糖:小さじ2
  • 大根:1/2本
  • きゅうり:2本
  • 白菜:1/4個
  • りんご:1/2個
  • ショウガ:1かけ
  • 酢:小さじ2
<作り方>
  1. ☆印をすべて鍋にかけ、沸騰直前で火を止め、冷ましておく。
  2. 冷めたら、保存容器に入れ、スライスしたりんご・ショウガ・酢を加える。
  3. 大根・きゅうり・白菜を一口大に切り、塩(分量外)をもみ込んで15分程度、置いておく。
  4. ②に、水気を切った③を入れ、常温で1日置いたあと、冷蔵庫で保管する。

鍋、冷麺、中華丼、etc.いろいろな料理に重宝する水キムチ。

もちろん、そのまま食べてもおいしいから、冷蔵庫に常備しておくと◎。

スポンサーリンク