かわいくて美容にもいい「ピンクの食材」のベタシアニン効果がすごい(ビーツ、ドラゴンフルーツetc.)

いま、ヘルシー志向の海外セレブの間で「ピンクの食材」人気。見た目にかわいくて、美容効果も抜群なそのヒミツとは?

スポンサーリンク

海外セレブの食事はピンク率が高い!

ピンクの食材は、日本ではあまりなじみがない。しかし、海外セレブの中では定番になっている。

例えば、『GOSSIPS 2017年4月号』にはこんな記事が。

ヘルシー志向なセレブの食事に高確率で入っている食材が、濃いピンク色が特徴のビーツやドラゴンフルーツ。

じつは、この2つに含まれるピンク色の色素「ベタシアニン」は、希少で強力な抗酸化成分。セレブが選ぶ食材は、可愛いうえに美容効果もバツグン!
GOSSIPS 2017年4月号

Instagramでも、海外の投稿には「ピンク」が多い。見た目にもかわいいし、おいしそう。

ピンクの色素、「ベタシアニン」とは?

ピンクの色素に含まれている「ベタシアニン」は、ポリフェノールの一種。

ベタシアニンの効果

ベタシアニンは、非常に強い抗酸化力がある。

抗酸化力があると何がいいの?

  • 老けない
  • 疲れない
  • 肌がキレイになる
  • 体のすべての機能が調子よくなる
  • 病気を予防する

などなど、とにかく美容と健康には良いことだらけ。

「抗酸化」というのは、老化物質である活性酸素を除去する力のこと。

老けることも、疲れることも、肌が汚くなることも、体調が悪くなることも、病気になることも、活性酸素が悪さをしているのだ。

活性酸素は生きてれば、誰しも必ず少しずつ発生する。だから、毎日のケアで、活性酸素を減らすことが、老化のスピードダウンにつながるというわけ。

ベタシアニンが含まれる食べ物とは?

代表的なのは、前述の記事内でも紹介されていたように、

  • ビーツ
  • ドラゴンフルーツ

のふたつ。

どちらも、普通のスーパーではなかなか見つからず、日常的に食べるのは難しいかもしれない。

ナチュラルフードのお店で外食したときに、ビーツのスムージーを頼んだり、南国へ旅行したときにドラゴンフルーツを積極的に食べたりするのが◎。

また、フレッシュさは劣ってしまうものの、ビーツの缶詰や、フリーズドライの粉末タイプのドラゴンフルーツなら、ネット通販などで入手しやすい。

スポンサーリンク